このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ウイスキーの正しい保存方法を知って、美味しく楽しもう!

ウイスキーの正しい保存方法を知って、美味しく楽しもう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年6月12日

ウイスキーを自宅で飲む際、気になるのがボトルの保存方法だろう。ウイスキーには賞味期限はないが、できるだけ品質を落とさず美味しく飲める状態をキープするためには、温度や湿度を調整し、光や匂い移りを防ぐことが大切だ。保存状態がよければ長期間品質を保てるので、正しい保存方法を知っておこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ウイスキーがおいしく保存できる期間はどのくらい?

ウイスキーはアルコール度数が高く、基本的には腐ったり傷んだりしないため賞味期限は設けられていない。ワインやビールと異なり一度に飲み切るものではないので、自宅用に購入した場合、正しい保存状態なら長期間品質を保ち、少しずつ楽しむことができる。

とはいえ、未開封の状態と開封後では保存期間が異なる。未開封の場合なら、購入時期に関わらず半永久的に品質を保つことができるが、一度でも開栓したウイスキーは、空気に触れて少しずつ酸化が進行する。アルコール分が飛び、風味も変わってしまう。保存状態によっても異なるが、開封したウイスキーは基本的に数ヶ月で飲み切るようにしたい。

また、コルク栓の場合は未開封・開封後にかかわらず注意が必要だ。時間とともにコルクが収縮して瓶とコルクの間に隙間ができ、中身が蒸発したり風味が変化したりすることがある。コルク栓のウイスキーはできるだけ早めに飲むことをおすすめしたい。

2. ウイスキーの保存に適した環境とは

ウイスキーの保存に重要なのは温度と湿度だ。最も適している温度は10℃~15℃前後。室温だとやや涼しいくらいの温度だ。冬場やエアコンの効いた夏場なら、クローゼットや食器棚の奥が保存に適している。ただし、空気があまり動かない押し入れの奥やシンク下の収納は湿気がたまりやすく、カビ臭くなってしまうこともある。防虫剤や石鹸など匂いの強いものとも同じ場所に置かないよう注意しよう。湿度は60%~70%が適切だ。

低温を保つため冷蔵庫で保存しているという人もいるが、冷蔵庫だと温度が低すぎて香り成分がなくなってしまうため、適しているとはいえない。さらに、開閉する際やモーターによる振動を受け続け、ウイスキーの酒質に影響する。

ちなみに、ウイスキーを冷凍庫でキンキンに冷やして飲むという飲み方もあるが、これはあくまでも飲み方の一つだ。品質を保って長期保存するなら、あくまでも冷暗所に保存することをおすすめしよう。
これらの条件を満たす冷暗所が室内にない場合は、温度をコントロールできるワインセラーでウイスキーを保存するのが最適だ。高級なものでなくても、一般的な家庭用ワインセラーで十分である。開封後のウイスキーならとくに、温度と湿度には注意を払って保存したい。

3. ウイスキーの保存時のポイントをご紹介

ウイスキーの品質を保ちながら保存するためには、まず酸化を防ぐことが重要だ。開封後は少しずつ酸化が進んでしまうので、できるだけ空気に触れさせず、飲むときもキャップやコルクを開けっ放しにせず、すぐに閉める習慣をつけよう。また残りが半分以下になったら、ウイスキーを清潔な小瓶に移し替え、空気接触を減らすのも有効だ。

直射日光も厳禁。とくに紫外線にあたるとウイスキーの成分が変わってしまう。箱付きで購入した場合は箱を保存しておき、飲むたびに箱にしまうと紫外線による劣化を防ぐことができる。適した大きさの箱がなければ、アルミホイルや新聞紙などで瓶を包むといいだろう。

匂い移りを防ぐためには、匂いが強い食べ物や石鹸、防虫剤などとは同じ場所で保存しないことが重要だ。とくに食べ物からの匂いは移りやすい。冷蔵庫保管がNGな理由の一つだ。

結論

ウイスキーには基本的に賞味期限はないが、空気に触れると酸化してしまう。未開封の場合は半永久に保存できるが、直射日光や匂いには注意が必要だ。温度、湿度ともに最適なのはワインセラーで保存することである。いずれにしても品質を保って美味しく飲むため、開封後は数ヶ月で飲み切るようにしたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >