このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
日本酒を割って飲むのはアリ!?いつもと違う日本酒の楽しみ方を紹介

日本酒を割って飲むのはアリ!?いつもと違う日本酒の楽しみ方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

2020年7月14日

日本酒を割ると美味しく飲むことができる。せっかくの日本酒を割るなんてもったいないという人も必見の日本酒で割るお酒について紹介する。お茶や炭酸水で作るさっぱりタイプから、ジュースで割る甘いタイプまでさまざまな楽しみ方を解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 日本酒を割ると美味しいって本当?

日本酒は割ると美味しい。日本酒はそのまま飲むのが一番という人もいるが、実は蔵元も日本酒を何かで割るアレンジレシピを提案しているのだ。製造過程でアルコール度数や味を調整するために水を加えていることを考えれば不自然なことではない。

また、市販の日本酒のアルコール度数は14度から15度程度のものが多い。少しアルコールを控えたいという人や、カロリーを抑えたいという人も何かで日本酒を割るということはとてもメリットがある。好みに合わせてどんどん日本酒をアレンジしてみよう。

2. さっぱり派が日本酒を割るならお茶や炭酸水

日本酒を割るものは好みによって分かれる。さっぱりタイプが好きなら、まずは氷や炭酸水で割ることをおすすめする。日本酒を炭酸水で割ると飲みやすくさわやかさを楽しむことができる。居酒屋やバーなどでも、吟醸酒のハイボールが実際に提供されているので安心だ。

次のおすすめはお茶で日本酒を割ることだ。とくに緑茶は人気が高く、料理とも相性抜群で気軽に試すことができる。さらに、ブラックコーヒーで日本酒を割るという人もいる。コーヒー焼酎の人気を考えれば、日本酒とコーヒーを一緒に楽しむことは納得がいくだろう。

薬味を加えても美味しい

日本酒にすりおろしたわさびを好みの量で加えれば大人な味になる。さらに日本酒の熱燗にすりおろした生姜を加えれば、体を温める生姜酒ができあがる。日本酒にはもともと体を温める効果があるのだが、生の生姜にも末端の血流を改善する働きがある。これらを組み合わせることでダブルで体を温めることができる。

3. 日本酒を甘いジュースで割るのも美味しい

甘いタイプが好きな人には、日本酒を甘いジュースなどで割ることをおすすめする。カルピスなどの乳酸菌飲料で日本酒を割るレシピはSNSなどでも話題となった。日本酒を原液のカルピスで割ると濃厚な味わいになる。少し甘すぎるという人はカルピスソーダで割るとさわやかさも楽しめるだろう。オレンジジュースなどの柑橘系のジュースで日本酒を割ったり、果実酒と日本酒を割るという飲み方もある。

割ると美味しい意外な組み合わせとしては日本酒を牛乳で割ることだ。1:1で日本酒を牛乳で割るとヨーグルトのような風味を楽しむことができる。ぜひ試してみてほしい。

4. 日本酒はカクテルのベースにも!

次に日本酒ベースのカクテルを紹介する。下記に挙げるものは一例のため、日本酒を何で割るか考えながらオリジナルのレシピを考えてみるのもおすすめだ。

日本酒とトマトジュース

日本酒をトマトジュースで割る。ビールとトマトジュースの組み合わせはレッドアイとしてよく知られているが、日本酒でも美味しい。もちろん味も美味しいが、健康的で食卓に彩りを加えることができるというのも嬉しいポイントだ。

日本酒とジンジャーエール

日本酒をジンジャーエールで割る。甘口のジンジャーエールでも辛口のジンジャーエールでも美味しい。さわやかな喉越しを楽しむことができる。

日本酒とヨーグルト

日本酒90mlにヨーグルトをスプーン1杯程度加えるカクテル。日本酒のにおいが緩和されるので、日本酒初心者の人にもおすすめする。

日本酒とコーラ

コーラで日本酒を割る。コーラのさわやかさや甘さに日本酒の旨みが加わる。日本酒の味が強すぎない方が好きという人にはとくにおすすめだ。

結論

日本酒はさまざまなもので割ることができる。水や炭酸水だけではなくお茶やジュース、牛乳やヨーグルトなど、気分に合わせて幅広いレシピを楽しむことができる。日本酒を割るというイメージがなかった人もまずは簡単なものから挑戦してみてはいかがだろう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >