このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【カシスウーロン】ってどんなカクテル?居酒屋の定番カクテルの基本を知ろう!

【カシスウーロン】ってどんなカクテル?居酒屋の定番カクテルの基本を知ろう!

投稿者:ライター 小林優太(こばやしゆうた)

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

2020年7月14日

居酒屋でとりあえず一杯となった時、何を飲むだろうか?ビールもその代表だが、カクテルで一杯となった時は、カシスウーロンを選ぶ人が多いのではないだろうか。今回の記事ではそんな親しみのあるカシスウーロンがどういったお酒であるかを解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カシスウーロンはどんなお酒?

カシスウーロンとは、カシスリキュールをウーロン茶で割って作る名前通りのカクテルである。補足説明としてカシスリキュールというのは、カシスを原料として蒸留酒と砂糖を加えて作られる混成酒のことを指す。

カシスウーロンは、女性に人気の高いカクテルである。風味としてはカシスの甘酸っぱさとウーロン茶の渋さが混ざり合い、一言でまとめれば甘くもサッパリし飲みやすいといった感じだ。アルコール度数も高くないので、女性やお酒に強くない男性も楽しむことのできるカクテルであり、誰でも楽しめる点が人気の秘訣だ。

しかし一方でカシスの甘酸っぱさとウーロン茶の苦さの組み合わせ自体が、まずいという意見もあり、好みは分かれるようだ。

2. カシスウーロンの度数は

前の項目ではカシスウーロンが飲みやすい風味のカクテルであると解説したが、飲みやすさも関わってくるアルコール度数はいったいどの程度だろうか。ほかの酒類やカクテルと比較していく。

まずカシスウーロンのアルコール度数は4%前後である。また、カシス系のほかのカクテルのアルコール度数も同じ位である。一方で居酒屋で見ることの多いカルーアミルクのアルコール度数は7~8度だ。ほかにも例をあげるならハイボールは7~9度、ジントニックは12度程度。そしてビールのアルコール度数は5度だ。

このことからもカシスウーロンはアルコール度数が低いカクテルであり、女性やお酒に弱い人からも人気であるのが頷ける。ちなみに余談ではあるがカシスウーロンよりアルコール度数の低いカクテルとしては、シャンディガフ、レッドアイなどがある。

3. カシスウーロンは太らないって本当?

カシスウーロンは材料の印象から太りにくいカクテルというイメージがあるかと思われる。作り方などによって多少異なるが、カシスウーロンのカロリーは26kcal程度である。一見かなり低く感じるが実際はどうなのだろうか。ほかの酒やカクテルのカロリーと比較をしてみよう。

ビールやワインといった醸造酒のカロリーは?

居酒屋で飲む酒といえばとりあえずビールであるが、そのカロリーは中ジョッキで130kcal程度だ。ちなみにご飯一杯分を200gとすると240kcalとなるため、ビールはご飯一杯分の半分のカロリーがあることが分かる。次に赤ワインや白ワインは110kcal、日本酒に関しては250kcal程度だ。全般的に醸造酒は高カロリーであることが分かる。

他のカクテルのカロリーは?

カクテル類のカロリーをまとめてみる。ジントニックは110kcal程度、ハイボールは70kcal位であり、この辺りはビールよりも低いカロリーであることが分かる。一方で同じ居酒屋定番のカクテルであるカルーアミルクは208kcal程度であり、日本酒に迫るほどの高カロリーある。そしてカシス系のカクテルであるカシスソーダは50kcal、カシスオレンジは90kcal程度であった。つまりカシスウーロンは、ほかの酒類やカクテルのカロリーよりも圧倒的に低カロリーだといえる。甘い風味のカクテルは飲みたいが太りたくないという人には、カシスウーロンはおすすめできるカクテルだろう。

4. おうちで簡単にできるカシスウーロンの作り方

さてここまでカシスウーロンの魅力について解説したが、この項目ではカシスウーロンの作り方について説明していく。
材料はカシスリキュールとウーロン茶、そして氷だ。カシスリキュールとウーロン茶の比率は3:1の分量で作るとよい。

作り方はグラスに氷を入れてカシスリキュールを加える。そしてウーロン茶を注ぎ、マドラーで混ぜる。このとき下から上にリキュールをすくい上げるように混ぜるのがポイントだ。これでカシスウーロンのでき上がりだ。

とても簡単にできるカクテルなのでぜひ自宅でも作ってみよう。またリキュールとウーロン茶の割合を変えてみる、自分好みのカシスリキュールとウーロン茶を用意するといった具合に独自のアレンジをする楽しみ方もある。

結論

カシスウーロンはカシスリキュールをウーロン茶で割って作られるカクテルだ。甘酸っぱくアルコール度数も少ないため、女性でもお酒に強くない男性でも楽しめる人気の一杯だ。また甘口のカクテルではあるがカロリーは低いので、体重を気にする人にもおすすめだ。作り方も簡単なので、ぜひ自宅で自分好みに作って楽しんでみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >