このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ウイスキーの水割りは奥深い!美味しく作るコツとおすすめの銘柄は?

ウイスキーの水割りは奥深い!美味しく作るコツとおすすめの銘柄は?

投稿者:ライター 大貫翔子(おおぬきしょうこ)

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

2020年7月14日

ウイスキーの飲み方にはいろいろあるが、水割りはストレートほどきつくなく、香りと味をゆっくりと楽しめる飲み方だ。「ウイスキーはストレートで飲むべき」という人もいるが、正しく作れば水割りも十分美味しく飲める。自宅で飲む場合の美味しい作り方や水割りに合うおつまみはどのようなものか紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 水割りウイスキーの魅力とは

ウイスキーの水割りは、氷入りのグラスにウイスキーを注ぎ、適量の水で割る飲み方だ。ウイスキーのアルコール度数は40~45度と高いため、お酒が強くない人やゆっくり飲みたい人は水割りで飲むことをおすすめする。また、ウイスキーは独特の香りを楽しむお酒だが、場合によってはきついと感じることも。ウイスキーの水割りは氷と水によって口当たりや香りがまろやかになり飲みやすくなるので、ウイスキー初心者にも人気がある飲み方だ。

アルコール度数が高い分、ウイスキーはカロリーも高い。シングル(30ml)で約67kcalあり、同量のビールと比べると4倍近くにもなる。ビールと同量飲むことはないにしても、飲みすぎるとカロリー過多になることは間違いない。そこで水割りにして飲むと、アルコール度数が半分~1/3程度になり、その分カロリーも抑えることができる。ダイエット中の人にもおすすめだ。

2. 自分好みの水割りウイスキーを作ろう

ウイスキーの水割りは自宅でも気軽に作ることができる。まずは基本の作り方からマスターしよう。


(1)グラスの上まで氷を入れ、軽く回してグラスを冷やす。
(2)ウイスキーを注ぐ。シングルは30ml、ダブルなら60ml。
(3)一度マドラーなどで混ぜ、ウイスキーを冷やす。
(4)溶けて少なくなった分、氷を追加する。
(5)ウイスキー1に対して2~2.5の比率で水を注ぐ。
(6)再びマドラーで混ぜてなじませたら完成。

ウイスキーの水割りを美味しく作るためにはいくつかコツがある。細かいところまでこだわって、自分好みの水割りを楽しんでいる人も多い。

(1)グラス

たっぷりと氷を入れられるように口の広いもの、すぐに冷えるようにガラスは薄めのものがおすすめ。

(2)氷

市販のロックアイスを使う。できるだけ大き目のかち割り氷を選ぶとよい。

(3)水

水道水ではなく天然水、ミネラルウォーターをよく冷やして使う。

3. 水割りにおすすめのウイスキーとは

ウイスキーの銘柄は数えきれないほどあるが、中でも水割りにすると美味しい銘柄を紹介しよう。

(1)サントリー 角

言わずと知れたジャパニーズウイスキーの代名詞。ロックでも水割りでも美味しく飲め、比較的リーズナブルで家庭でも好まれている。サントリーの誇る2大蒸留所、山崎蒸留所と白秋蒸留所の原酒をブランドしたブレンデッドウイスキーで、バーボン樽による甘さと華やかな香りが特徴。

(2)メーカーズマーク

小麦やトウモロコシなどを原料として作られたバーボンウイスキー。スモーキーな香りがなく、丸みのあるまろやかな香りと味が人気。ボトルのキャップは赤い封蝋で、一つ一つ手作業で閉じられている。

(3)グレンフィディック

ウイスキーの歴史を変えたともいわれる、世界初のシングルモルトウイスキー。スコッチの代表格だがアイラモルトのようなピーティーさはなく、香りは比較的甘め。水割りにすると飲んだ後に口の中にフローラルな香りがほんのりと残る。

4. 水割りのウイスキーにぴったりのつまみとは

ウイスキーの水割りを飲むときは、合わせるおつまみにもこだわりたい。基本的には少し塩味のある食べ物がウイスキーには合う。コンビニなどで手軽に買えるものから、自宅で作れる手作りおつまみまで、その日の気分に合わせて選んでみよう。

(1)缶詰

燻製にしたホタテの貝柱などをオイル漬けにした贅沢缶つま。ほんのりとスモーキーな香りがウイスキーの水割りにマッチする。サイズが小さいので一人でも食べきれる。

(2)チーズ

チーズ類はウイスキーだけでなく、ワインやジンなど洋酒全般に合うおつまみとしておなじみだ。とくにスモークチーズは香り豊かで、水割りウイスキーにも負けない個性と存在感がある。コンビニで売っているものでも十分美味しい。

(3)アスパラガスのチーズ生ハム巻

1~2分ゆでたアスパラガスにクリームチーズを塗り、3本まとめて生ハムで巻いただけの簡単なおつまみ。クリームチーズが硬ければ電子レンジで30秒ほど温める。本数は生ハムの大きさやアスパラガスの太さによって調整してもよい。

(4)チキンハム

鶏むね肉にレモン汁と塩を振って一晩寝かせる。味が十分にしみ込んだら、コショウとローズマリーとともに保存袋に入れて沸騰したお湯へ。袋の端にストローを差し込んでおくと、自然に空気が抜けて真空状態になる。5分ほど煮立てたらそのまま30分ほど置いて完成。そのままでも食べられるが、レモンやオリーブオイルをかけても美味しい。

結論

ウイスキーの水割りは、ウイスキーの高いアルコール度数を和らげるとともに、口当たりや香りもまろやかにするため、お酒が強くない人や初心者にもおすすめの飲み方だ。アルコール度数が下がる分、カロリーも抑えられる。自宅で作る場合は氷やグラスにもこだわるとより美味しく作れるだろう。おつまみには少し塩気のあるものがおすすめだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >