このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ウイスキーのロックを美味しく飲むには?作り方とおすすめの銘柄

ウイスキーのロックを美味しく飲むには?作り方とおすすめの銘柄

投稿者:ライター 大貫翔子(おおぬきしょうこ)

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

2020年7月14日

ウイスキーの飲み方はいろいろあるが、ウイスキーと氷だけで作るロックは中でも男前でクールな飲み方だ。氷を入れたグラスにウイスキーを注いで軽く混ぜるのが基本だが、氷の大きさなどによってさらに種類がある。自宅で飲む時には氷やグラスなどにこだわるとより楽しめるので、ぜひ試してみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ウイスキーの飲み方でロックとは

ウイスキーのロックとは、グラスに氷を入れてウイスキーを注ぐというシンプルな飲み方。バーカウンターで「カラン」と音を立てて飲むとかっこよく決まる、昔ながらの飲み方だ。

ストレートとの違い

よく、「ウイスキーはストレートで飲んでこそ」という声も耳にするが、ストレートだけがウイスキーの飲み方ではない。ストレートは常温のウイスキーをそのまま飲むのに対し、ロックはよく冷えたグラスに大きめの氷を入れて飲む。手から伝わる熱で氷が少しずつ溶け、グラスを傾ける度に味や香りが変化するのを楽しめる飲み方だ。

2. ウイスキーのロックにも種類があるって本当?

一言でウイスキーのロックといっても、実はさらにいくつかの種類がある。ここまで知っていると、ウイスキー通と言えるかもしれない。

オンザロック

最も一般的なのは「オンザロック」。ロックグラスに氷を入れ、ウイスキーを適量注いで軽く混ぜる。できればグラスを冷蔵庫で冷やしておき、氷は溶けにくい大きめの氷を使う。市販のロックアイスでもよい。

ハーフロック

「ハーフロック」は、氷とウイスキーを入れた後、ウイスキーと同じ量のミネラルウォーターを注いで作る。ロックだと香りがきついと感じるが、水割りだと物足りないと感じる人におすすめの飲み方だ。

ミスト

ロックアイスではなく、細かく砕いたクラッシュドアイスで作るのが「ミスト」。氷はグラスのふちいっぱいまで入れ、ウイスキーをゆっくりと注ぐ。仕上げにレモンピールを絞ると、より爽快に。氷の冷たさがグラス全体に伝わり、曇って見えることからミスト=霧と呼ばれる。

3. 自宅でウイスキーのロックを楽しむアイディア

ウイスキーのロックは氷とウイスキーさえあればできるので自宅でも手軽に楽しめるが、グラスや氷、おつまみにこだわるとより美味しく楽しむことができる。

グラス

まず、ウイスキーのロックでは氷が重要なため、大きめのロックアイスがまるごと入るロックグラスがおすすめだ。ただ、女性の場合は大ぶりのグラスだと手に余ることも。片手で自然に持てるサイズを選ぼう。また、ガラスは厚みのあるものよりも薄いものの方が、ウイスキー本来の味を楽しめる。

おつまみ

最後におつまみだ。ウイスキーのロックと合わせるなら、香りで負けない燻製がおすすめ。スモークサーモンやスモークチーズ、ローストしたナッツなど。わずかに塩気があると、よりウイスキーが進みそうだ。

4. ロックにあうウイスキーの銘柄 5選

自宅でウイスキーのロックを飲む時の、おすすめの銘柄5つを紹介しよう。ロックで飲むなら、シングルモルトのスコッチを中心に、ある程度個性があるものがおすすめだ。ただしミストの場合、バーボンやブレンデッドも合う。

ラフロイグ

強烈な香りで知られるアイラモルトの一つ。好き嫌いは分かれるが、世界中に根強いファンを持つ。海藻のような後味も特徴的だ。アルコール度数は43%。

カリラ

同じくアイラモルトの代表的な銘柄。最初は柑橘系のような爽やかな香りが感じられるが、飲んでみると後味がスモーキー。味の変化を楽しめるスコッチだ。アルコール度数は43%。

マッカラン

「シングルモルトのロールスロイス」という言葉で知られる有名な銘柄。シェリー樽を使用しているためぶどうのような華やかな香りが特徴で、味わいも柔らかい。初心者でも飲みやすいシングルモルトの一つ。アルコール度数は40%。

ジョニーウォーカー

ブレンデッドの中でもとくにスタンダードな銘柄。ラベルの色によって、「ジョニ黒」「ジョニ赤」「ジョニ青」などがあるが、最もよく見かけるのは「ジョニ黒」だ。スカイ島のタリスカーをキーモルトにしており、わずかにスモーキーな香りも感じられる。アルコール度数は40%。

サントリー 響

国産ウイスキーもロックでおすすめだ。中でも国産ブレンデッドの最高峰「響」は香りも味もまろやかで、とろりとした印象。気軽に手が出せる値段ではないが、特別な日に味わいたい。アルコール度数は43%。

結論

氷を入れたグラスにウイスキーを注いで飲むロックは、氷が溶けていくことによって味の変化を楽しめる飲み方。ロックの中にも、オンザロック、ハーフロック、ミストといった種類がある。自宅で飲むならグラスや氷にこだわるとより美味しく飲むことができる。銘柄としては、スコッチのシングルモルトを中心に、個性の強いウイスキーが合う。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ