このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ウイスキーフロートはどんなカクテル?一杯で3つの味わいを楽しもう

ウイスキーフロートはどんなカクテル?一杯で3つの味わいを楽しもう

投稿者:ライター 森本泰斗(もりもとたいと)

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

2020年7月29日

ウイスキーと聞くとそのアルコール度数の高さから、飲むことをためらう人もいるかもしれない。しかし近年のハイボールブームもあり、ウイスキーは年代を問わずより親しみやすいお酒になったことも確かである。多くのバリエーションの飲み方があるウイスキーだが、本記事では味わいだけでなく目でも楽しめるウイスキーのカクテル、ウイスキーフロートについてじっくりと解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ウイスキーフロートとはどんな飲み物?

ウイスキーフロートのレシピなどを知る前に、まずウイスキーフロートについて知っておくことが大切だ。カクテルは材料にリキュール類が必要になることが多いが、なかなか揃えるのが困難な場合もある。しかしこのウイスキーフロートに使用する材料はウイスキーと水だけで、非常にシンプルなことが特徴だ。では一体ウイスキーフロートとはどのようなカクテルなのか、またウイスキーフロートのカクテル言葉や誕生酒についてなど、紹介していこう。

ウイスキーフロートとは?

ウイスキーフロートの「フロート」とは、直訳すると「浮かべる」という意味がある。喫茶店の人気メニューであるコーヒーフロートをイメージしてみよう。アイスコーヒーにアイスクリームが浮かんでいる様子がイメージできるはずだ。しかしこのウイスキーフロートはアイスクリームが浮かんだカクテルではなく、水にウイスキーが浮かんだカクテルだ。ウイスキーは水に比べ比重が軽いという特徴を生かし、ゆっくりと水にウイスキーを注いで2層になる色合いを楽しむカクテルなのである。

ウイスキーフロートのカクテル言葉

カクテルはそれぞれに意味を持っており、その意味をカクテル言葉ともいう。ウイスキーフロートが持つカクテル言葉は「楽しい関係」である。ウイスキーフロートは見た目には美しいが、材料はいたってシンプル。仲間たちと気兼ねなく乾杯したい、そんな意味合いを持つカクテルとなっているのだ。

誕生酒もチェックしよう

誕生石や誕生花という言葉は聞き覚えがあると思うが、誕生酒というものもあることを知っているだろうか。誕生酒を知って、友人や大切な人に振る舞ってあげるもよし、また自分へのささやかなプレゼントにするもよし、知っておいて損はないだろう。ウイスキーフロートは4月22日の誕生酒である。誕生酒が持つ意味は、「生きている事に幸せを感じる純粋な人」だ。1年365日、全ての日に誕生酒はあるので、チェックしてみると面白いだろう。

2. ウイスキーフロートの作り方とコツ

ウイスキーフロートで一番大事なポイントは、いかに美しくウイスキーと水を2層に分けることができるか、ということだ。材料がシンプルなだけに、基本的な作り方やコツはしっかりと押さえておこう。また、炭酸を使用したアレンジレシピも含めて紹介をする。

ウイスキーフロートの基本レシピ

ウイスキーフロートの基本的な作り方は、まずグラスに氷を入れ、そこへ約7分目まで水を注ぐ。グラスはロックグラスでもタンブラーでも、種類は問わない。水を注いだら、マドラーなどに沿わせながらゆっくりと静かにウイスキーを注ぐ。勢いよくウイスキーを注いでしまわないように注意をしよう。この作り方でウイスキーと水が混ざり合わず、美しく2層に分かれたらウイスキーフロートの完成だ。

炭酸水を使用してもOK

ウイスキーフロートは人気のハイボールでも楽しめる。まず炭酸水とウイスキーの分量が8対2ほどの少し薄めのハイボールを作っておき、そこへマドラーなどを使用して、通常のウイスキーフロートと同じようにゆっくりとウイスキーを注いでいく。こちらも美しく2層に分かれたら完成だ。ウイスキーのロックがあまり得意でないという人には、こちらをおすすめしたい。

3. ウイスキーフロートの飲み方

ウイスキーフロートははっきりとウイスキーの層と水の層に分かれているので、どのように飲んだらいいのか悩んでしまうかもしれない。ここではウイスキーフロートの基本的な飲み方を紹介しよう。

3通りの味の変化を楽しもう

見た目でも楽しめることが一番の特徴であるウイスキーフロートは、時間をかけてゆっくりと味わいたいカクテルだ。まずは美しく2層に分かれたウイスキーフロートを一口。まだ氷と混ざりきっていないストレートのパンチのある強い味わいをじっくりと楽しもう。次に口に含むときには氷が少しずつ溶け出し、オン・ザ・ロックスのまろやかな味わいに変化しているだろう。さらに飲み進めるうちに軽くグラスを揺らせば、すっきりとした味わいの水割りも楽しめるのだ。このようにウイスキーフロートは一杯で3通りの味わいが楽しめるカクテルであり、最初から混ぜ合わせてしまってはもったいない。味わいの変化こそが、ウイスキーフロートの醍醐味なのである。

4. ウイスキーフロートにおすすめウイスキー

ウイスキーフロートで使用するウイスキーは、基本的には自分の好みで選べばOKだ。もしお気に入りの銘柄があれば、それをウイスキーフロートにしてみよう。しかしこれからウイスキーを飲み始めるという人は、ウイスキー選びで悩んでしまうだろう。ここではウイスキーフロートに向いているウイスキーをいくつか紹介する。ウイスキー選びの参考にしてほしい。

スーパーニッカ

芳醇な香りとまろやかなコクのある味わいが特徴のスーパーニッカは、水と合わさっていくことで華やかな味わいの変化が楽しめる。ブレンデッドウイスキーの傑作とも称されるスーパーニッカでウイスキーフロートを楽しんでみてはいかがだろうか。
おすすめ商品

竹鶴ピュアモルト

フルーティな果実のような香りとほのかに甘い樽の香り、そして軽快な味わいの中に感じる確かな重厚感。竹鶴ピュアモルトは、1本のウイスキーにいくつもの香りや味わいが共存した、ブレンダーの技が生きた仕上がりが特徴だ。より味わいの変化がわかりやすいウイスキーなので、ぜひウイスキーフロートで楽しみたい。
おすすめ商品

バランタイン・ファイネスト

バランタイン・ファイネストは定番のスコッチ・ウイスキーの銘柄だ。豊かにふくらむ香りとなめらかな口当たりが特徴で、40種類ものモルト原酒をブレンドして作られている。飲むほどに味わい深いバランタイン・ファイネストは、ウイスキーフロートとの相性も抜群である。
おすすめ商品
  • 商品名:ブレンデッドスコッチウイスキー バランタイン ファイネスト40度 [ ウイスキー イギリス 700ml ]
  • Amazon商品ページはこちら

結論

ウイスキーフロートは見た目に美しく、その味わいも深いことからウイスキー通にも愛されているカクテルだ。ウイスキーと水さえあればどこでも手軽に作れるカクテルなので、パーティーなどのシーンでも喜ばれ、活躍するカクテルだろう。ウイスキーフロートのゆっくりと変化していく3つの味わいを、ぜひ一度楽しんでもらいたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ