このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カルーアのカクテルのおすすめは?いろいろなレシピを紹介

カルーアのカクテルのおすすめは?いろいろなレシピを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年7月 9日

カルーアとは、メキシコで生まれたリキュールである。主原料にはコーヒーとサトウキビが使用されており、甘さと苦みのバランスがとれた味わいは、カクテルベースの定番として世界中で愛されている。本記事ではカルーアのカクテルの基本レシピからアレンジレシピまで、じっくりと紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 自宅で簡単!カルーアのカクテルレシピ

カルーアの人気ポイントのひとつは、自宅でも簡単にカクテルが楽しめることである。カクテルを作りたいけど材料を揃えるのが面倒、という人でも手軽に作れることが魅力だ。ここでは、カルーアを使用した代表的な簡単レシピを紹介しよう。

カルーア・ミルク

カルーアのカクテルと聞くと、一番にカルーア・ミルクが思い浮かぶ人は多いのではないだろうか。作り方は簡単で、氷を入れたグラスにカルーアと牛乳を1対3程度の割合で注ぎ、軽く混ぜれば完成だ。カフェオレのように甘い味わいは女性からも人気で、抹茶やキャラメルシロップをトッピングしても美味しく飲める。カクテル言葉は「臆病、いたずら好き」で、アルコール度数はおよそ5度である。飲みやすいので、ついつい飲み過ぎると酔っぱらってしまうカクテル界の小悪魔的存在ともいえるだろう。

ホワイト・ルシアン

ホワイト・ルシアンもカルーアのカクテルの定番レシピである。氷を入れたグラスにウォッカとカルーアを2対1で注ぎ、そこへ生クリームをゆっくりと浮かべれば完成。ウォッカの分量が多くカルーアのカクテルの中でもアルコール度数が30度ほどと高いので、飲み過ぎには注意したい。カクテル言葉は「誘惑」で、レディ・キラーの異名を持つカクテルである。ちなみに生クリームを加えずにウォッカとカルーアだけで作るカクテルはブラック・ルシアンと呼ばれる。

2. シェイクで本格的!カルーアのカクテル

バーで提供されるような本格カクテルの味わいを、自宅でも楽しみたい人におすすめなのが、シェイカーを使用したカルーアのカクテルだ。いくつかレシピを紹介しよう。

カルーア・ラテ

カルーア・ラテは、カルーアのカクテルのなかでも簡単にできるシェイカーを使用したレシピだ。カルーア・ミルクと同じ分量のカルーアと牛乳をしっかりシェイクして、氷を入れたグラスに注げば完成。牛乳の口当たりがさらにまろやかになり、お酒が得意でない人にもおすすめできる。

マッド・スライド

マッド・スライドは、なめらかな口当たりとウォッカの飲み応えの相性がよいカクテルである。ウォッカ、カルーア、クリームリキュールを同じ分量でシェイクして、氷を入れたグラスに注げば完成。甘口が好きな人には、シェイクの工程で生クリームを加えるのもおすすめだ。

エスプレッソ・マティーニ

カクテルの帝王とも称されるマティーニを、カルーアでアレンジしたものがエスプレッソ・マティーニだ。アルコール度数の高いマティーニらしく、こちらもパンチのきいたストロングな味わいが特徴である。ウォッカ、カルーア、エスプレッソ・コーヒーを同じ分量ずつシェイクしたら完成。マティーニグラスでじっくりと味わいたい。

3. ホットで温まるカルーアのカクテル

コーヒーリキュールであるカルーアは、アイスだけでなくホットでも美味しく楽しめる。寒い日は、カルーアのホットカクテルで温まろう。では、代表的なレシピを紹介する。

ホット・カルーア・ミルク

ホット・カルーア・ミルクの作り方は、カルーア・ミルク同様、カルーアと温めた牛乳を1対3の分量で割るだけと簡単だ。まろやかな味わいをゆっくりと楽しもう。仕上げにシナモンパウダーをトッピングするのもおすすめだ。

ティファナ・コーヒー

ティファナ・コーヒーは、カルーアをホットコーヒーで割ったものである。味のぶつかり合いはなくほのかな甘みがあり、コーヒーの香り豊かな大人のカクテルだ。カルーアとホットコーヒーの分量は1対3ほどでOK。仕上げに生クリームをトッピングして、軽く混ぜれば完成だ。

4. 度数に注意!カルーアのショットカクテル

ショットカクテルはシューターカクテルともいわれ、何種類かのお酒をショットグラスに注ぎ、一気に飲み干すというスタイルが一般的である。カルーアにもショットカクテルのレシピがあるが、普通のカクテルに比べアルコール度数が非常に高いため、飲む際は十分注意しよう。

B-52

アメリカ空軍の爆撃機がそのままカクテルの名前になったB-52は、3層に分かれた色合いがおもしろいショットカクテルだ。カルーア、クリームリキュール、オレンジリキュールの順にゆっくりとショットグラスに注いで層を作っていくのがポイント。飲む前に火をつけてカクテルを温める飲み方もあり、見た目にも美しいが、火事や事故の恐れもあるため、自宅で実践するのはおすすめできない。

カルーア・クレイジーショット

カルーア・クレイジーショットは、リキュールの女王とも称されるシャルトリューズ・ジョーヌを使用したショットカクテルだ。カルーア、シャルトリューズ・ジョーヌの順に静かにショットグラスに注いでいくと、美しい2層になる。そこへ生クリームを加えたら完成だ。

5. カルーアのカクテルにぴったりなおつまみレシピ

カルーアのカクテルは甘くて飲みやすいので、おつまみなしで飲み過ぎてしまうこともしばしば。カルーアのカクテルを飲む際は、ここで紹介するおつまみを片手にゆっくりと楽しんでほしい。

ビターチョコレート

カルーアは甘い味わいなので、苦みのあるビターチョコレートと相性がよい。ビターチョコレートがカルーアの甘みをさらに引き出してくれるので、じっくりと風味を味わいながらカルーアのカクテルが楽しめるだろう。また、ナッツの入ったチョコレートもおすすめだ。

ポテトチップス

お酒のおつまみの定番であるポテトチップスだが、ポテトチップスのほどよい塩味はカルーアとも相性がよい。カルーアのカクテルのおともにポテトチップスをひとつまみ、甘さとしょっぱさの絶妙なハーモニーを楽しもう。

結論

カルーアをベースにしたカクテルにはさまざまな種類があることがわかってもらえただろう。アイスでもホットでも、シーンに応じて楽しめるところもカルーアの魅力である。今までカルーア・ミルクしか飲んだことがないという人は、この機会にぜひ、いろいろなカルーアのカクテルレシピにトライしてもらいたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ