このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホッピーのカロリーは?糖質や脂質も併せて徹底比較してみた

ホッピーのカロリーは?糖質や脂質も併せて徹底比較してみた

投稿者:ライター 大貫翔子(おおぬきしょうこ)

2020年7月19日

外出自粛期間中は、運動不足になりやすいもの。いつもと同じように食べていたら太ってしまった!という人が多いようだ。中には、連日のオンライン飲み会で酒量が増えたという人もいるだろう。そんな「自粛太り」をリセットしたいなら、いつものビールをホッピーに変えよう。低カロリーで低糖質、まさにダイエットにうってつけのドリンクなのだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ホッピーは低カロリー!

老若男女問わず、居酒屋に行ったら「とりあえずビール」という人は多いだろう。独特の喉ごしが一日の疲れを癒してくれるが、気になるのはカロリーではないだろうか。「ビール腹」という言葉があるように、お酒の中でも太りやすい種類とされている。一方、ビールのような喉ごしと味わいを楽しめるビアテイストドリンク「ホッピー」は、低カロリーなことで知られている。ビールと比較すると4分の1程度のカロリーで他のお酒と比べてみても、その差は一目瞭然だ。

お酒100mlあたりのカロリー

ホッピー:11kcal
黒ホッピー:12kcal
ビール:40kcal
日本酒:108.9kcal
白ワイン:72.9kcal
焼酎:141.6kcal
ウイスキー:225.7kcal

お酒によって飲み方が異なり一度に飲む量も違うため、一杯あたりの比較もしておこう。

お酒1杯あたりのカロリー

ホッピー(100ml):11 kcal
ビール(1杯350ml)140 kcal
日本酒(1合180g):196 kcal
白ワイン(1杯80g):58 kcal
焼酎(1合180g):371 kcal
ウイスキー(シングル1杯30ml):69 kcal

2. 低カロリーなホッピーの成分も確認

ホッピーはカロリーも低いが糖質も低い。さらにプリン体はゼロという夢のような商品だ。それでは、現在販売されている2種類のホッピーの成分をそれぞれ見ていこう。

ホッピー(100mlあたり)

カロリー:11kcal
糖質:1.7g
脂質:0.1g未満
タンパク質:0.1g
プリン体:0g

黒ホッピー(100mlあたり)

カロリー:12kcal
糖質:1.9g
脂質:0.1g未満
タンパク質:0.1g
プリン体:0g

お分かりの通り、ホッピーも黒ホッピーも低カロリー、低糖質だ。ダイエット中の人にもぴったりといえるだろう。

3. 焼酎ホッピー割りのカロリー計算

それでは、ホッピーの王道の飲み方「焼酎ホッピー割り」のカロリーを計算してみよう。甲類焼酎は100mlあたり206kcal、ホッピー1本でジョッキ3杯分飲めると仮定する。

焼酎のホッピー割り 1杯分のカロリー

焼酎(20度)20ml:41.2kal
ホッピー110ml:12.1kcal
合計 53.3kcal

焼酎割以外の飲み方ではどうだろうか。ホッピーの公式サイトに掲載されているカクテルレシピのカロリーを調べてみた。

「ホッピー オン ザ スカイ」(ジンのホッピー割り)

ジン30ml:84.9kcal
ホッピー330ml:39.6kcal
合計 124.5kcal

「赤坂リバティ」(ホッピーブラックとラム)

ラム30ml:72kcal
ホッピー330ml:39.6
さくらんぼ:3.6kcal
合計 115.2kkcal

「くろうめP」(ホッピーと梅酒)

梅酒45ml:70.2kcal
ホッピー330ml:39.6
梅1粒:17kcal
合計 126.8kcal
焼酎割り以外のカクテルでは、カロリーは高くなることがわかる。「ホッピーはカロリーが低いので大丈夫」と思っていると想像以上にカロリーを摂取していることもあるので、注意しよう。

結論

ホッピーはそのままで飲むと言うよりは、焼酎割りに使うビアテイストのお酒だ。ビールに比べるとカロリーと糖質が低く、プリン体もゼロでありながら、ビールと似た風味も持つことからビールは好きだがカロリーが気になると言う人には嬉しいドリンクだ。焼酎で割れば1杯55kcal未満、ジンやラム・梅酒で割ってもビール1杯よりはカロリーが低くなるので、ダイエット中の人にも嬉しいお酒と言えるだろう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ