このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
コークハイの作り方は自由で簡単!美味しく作るコツを紹介

コークハイの作り方は自由で簡単!美味しく作るコツを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月 7日

コークハイはコーラとウイスキーがあれば自宅でも簡単に作ることができるお酒だ。ウイスキーの種類を変えてみたり、コーラとウイスキーの割合を変えて作ってみたりと自由に楽しむことができることも魅力のひとつだ。また、ウイスキーがないときに焼酎で代用する作り方も紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コークハイの基本の作り方

コークハイの材料はウイスキーとコーラだ。作り方はグラスに氷を入れ、ウイスキー1に対してコーラ3程度の割合で注ぐ。ウイスキーが底にたまらないよう、少しかき混ぜたら美味しいコークハイができあがる。作り方が簡単なため、自宅でも楽しみやすいお酒のひとつだ。

ウイスキーの選び方

コークハイは作り方が簡単なため、使用するウイスキーによって味が左右されやすい。ブラックニッカなどのウイスキーはスーパーでもリーズナブルに購入でき、クセが少ないためおすすめだ。アイリッシュウイスキーやスコッチウイスキーを使用すると違った味わいを楽しむことができる。

2. コークハイの作り方の割合は自由!

コークハイの作り方で重要なポイントが割合だ。基本的な割合はウイスキー1に対してコーラ3程度の割合である。コークハイは作り方が簡単なため、飲んでみてウイスキーが濃すぎる、薄すぎるなどと感じた場合はすぐに割合が変更できる点も嬉しい。

コークハイにレモンを加える

コークハイの作り方として試してみてほしいひと手間が、レモンを加えることだ。見た目はもちろん、酸味が加わりさわやかに楽しむことができる。

3. 焼酎を使ったコークハイの作り方

コークハイはウイスキーではなく焼酎を使った作り方もおすすめだ。ウイスキーとコーラの割合は1:3がおすすめだが、焼酎とコーラで作るときは1:2の割合がおすすめだ。焼酎はアルコール度数が20度程度となっており、ウイスキーの40度程度と比べて低いため、コーラに対する割合を増やした作り方でも強すぎるお酒にはならない。

焼酎で作るコークハイ?

コークハイの「ハイ」はウイスキーのソーダ割りが由来のため、本来は焼酎とコーラを使用した作り方でできあがるお酒はコークハイとは呼ばない点に注意しよう。

4. コークハイはコンビニで買える?

コークハイは作り方が簡単なため、自分で材料を用意して楽しみやすいお酒だが、コンビニやスーパーでも購入することができる。SUNTORY「トリスハイボール コーラハイ」は期間限定で全国で販売されている。見つけられなかった場合でも、コーラとウイスキーを購入して自由な作り方でコークハイを楽しんでみよう。

好みに合わせたコークハイを!

SUNTORY「トリスハイボール コーラハイ」はアルコール度数が6度だ。コンビニで簡単に購入できるが、よりお酒の味がしっかりとしたコークハイが好みの人は自分に合った作り方で楽しむことをおすすめする。

結論

コークハイはコーラとウイスキーという少ない材料で簡単に作ることができる。その分、ウイスキーの種類や割合を変えるなどして好みのコークハイを探すという楽しみがあるのだ。レモンを加えたアレンジや、ウイスキーを焼酎に変えたコークハイなどと作り方もさまざまである。ぜひ、好みの味を探求してみてほしい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ