このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ウイスキーは【天使の分け前】でおいしく!不思議な現象を解説

ウイスキーは【天使の分け前】でおいしく!不思議な現象を解説

投稿者:ライター 岡本優美(おかもとゆみ)

2020年8月10日

ウイスキー樽の中には天使が住んでいる、というと非科学的かもしれない。しかし、古くからウイスキー製造業者の間で「天使の分け前」という現象は知られている。現在でも発生する「天使の分け前」現象を解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 天使の分け前とは?何のお酒に使われる?仕組みや言葉の意味を確認しよう

天使の分け前はウイスキーを作るときに必ず発生する現象だ。ここでは、それがどんな現象なのか解説しよう。

天使の分け前とは

ウイスキーは醸造酒になったあと蒸留され、樽に入れて熟成されるが、このときにどうしても水分やアルコール分が蒸発してしまう。1年間に全体量の2%程度が蒸発によって減るといわれており、熟成が進むにつれて少しずつ原酒が少なくなっていく。この現象が「天使の分け前」と呼ばれ、英語では「エンジェルズシェア(angel's share)」という。天使の分け前が発生することで、ウイスキーはさらに香りが良くなるといわれている。

天使の分け前、その取り分は?

冷涼な気候で湿度の高いスコットランド産のアイラウイスキーの天使の分け前は、年間1〜2%程度だ。しかし寒暖差が激しく乾燥地帯にあるケンタッキー州のバーボンウイスキーでは年間10%以上の分け前が取られることもある。これは気候の違いによるもので、ウイスキーの風味にも影響する。たとえば、バーボンウイスキーの場合はアルコール分よりも水分が飛ぶ。そのため熟成前と後ではアルコール度数が変化し、熟成が進むとさらに味わい深いものに仕上がるのである。

天使の分け前が起こるお酒

天使の分け前はが発生する原因は樽だといわれている。樽は木でできていて気体を通すため、水蒸気や揮発アルコールが樽の中と外を行き来できるのだ。そのため、同じく木の樽で熟成させて香りをつけるブランデーや焼酎、ワインにも発生する現象である。

2. 悪魔の取り分とは?言葉の意味や天使の分け前との違いについて解説

天使の分け前は戻ってこないが、悪魔の取り分は奪い返せる。ここでは、「天使の分け前」とは対照的な「悪魔の取り分」について解説する。

悪魔の取り分とは

天使の分け前はお酒が減る代わりにいい香りをもたらすが、悪魔の取り分は何も残らない。というのも、悪魔の取り分とは樽に染み込んだ原酒のことだからである。木製の樽を使う以上はどうしても起こってしまう現象で、英語では「デビルズカット(devil's cut)」と呼ばれる。

悪魔の取り分を取り戻すには

悪魔の取り分は実は取り戻すことができる。悪魔の取り分が発生するのは新品の樽しか使わないバーボンウイスキーだ。空になったこの新品の樽に水を少し入れて振ると香りの良い原酒が樽から水に溶け出してくるのである。原酒が溶け出たこの水を使ったウイスキーもあるほど、香りの良さが特徴だ。

ジムビーム「デビルズカット」とは

ウイスキーの製造元のジムビームでは悪魔の取り分を取り出す手法で特許を取得している。独自工程で取り出された原酒がブレンドされたジムビームのウイスキー「デビルズカット」は、強い甘みとバーボン樽のバニラのような香りが特徴だ。店頭や通販でも販売されているため、バーボンウイスキー好きは一度試してみることをおすすめする。
商品情報

3. 天使の分け前について知ってより深くお酒を楽しもう

天使にウイスキーの一部を捧げると、ウイスキーはより一層おいしくなる。そこで、最後に天使の分け前と悪魔の取り分を比較しよう。

天使の分け前

これまで紹介したように、原酒の一部が蒸散することで香りがさらに強まる現象である。たとえばスコッチウイスキーは泥炭の香りでもあるピート香と磯の香りがするといわれるが、熟成が進むことでさらに樽の香りも染み込んでいく。バーボンウイスキーも、天使の分け前によってモルトの香りやバニラのような樽の香りがさらに強まる。このように、長く熟成させて天使の分け前が増えることでウイスキーはより引き締まり、華やかな香りが強くなるのだ。メカニズムははっきりしておらず、人工的に発生させることができないことも神秘的な魅力だといえる。

悪魔の取り分

悪魔の取り分は、天使の分け前とは違って取り返すことができる。樽から溶け出て濃くなった原酒は香りが強く、甘みも増すためまさに甘美な味わいというにふさわしいだろう。悪魔という名前にそぐわず、ウイスキー好きを誘惑する香りと味になるのだ。悪魔の取り分は天使の分け前とは違いメカニズムがシンプルだ。こちらもウイスキーを楽しむためには重要なエッセンスなのである。

結論

ウイスキーの製造元にとって悩みの種でもある天使の分け前は、差し出すことでウイスキーに深い味わいをもたらしてくれる。メカニズムがまだはっきりしていないという点も謎めいていて魅力的だ。一方で悪魔の取り分は紹介した方法で取り返すことでウイスキーを味わいをより深めてくれる。天使、悪魔という名前から、一見この2つの現象は相反するように見えるかもしれない。しかし、どちらもウイスキーをよりいっそう楽しむためには必要な要素なのである。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ