このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
レッド・バードはトマトジュースを活かした飲みやすいカクテル!

レッド・バードはトマトジュースを活かした飲みやすいカクテル!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年8月17日

レッド・バードはトマトとビールの風味が楽しめるウォッカベースのカクテルだ。トマトの酸味や味の濃さが緩和されて飲みやすくトマトの栄養分が摂取できるとあって、健康に気を遣っている人にも嬉しい。彩りも豊かでテーブルに華を添えてくれるレッド・バードは自宅でも簡単に作ることができるので、挑戦してみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. レッドバードとは?味わいや香りなどの基本的な特徴を解説

レッド・バードはトマトジュースとビール、ウォッカを使用して作るお酒で、トマトの独特の酸味や味の濃さが苦手な人でも飲みやすいカクテルだ。レッド・バードのカクテル言葉は「義理人情に厚く正義感あるニューヒーロー」。ウォッカベースのレッド・バードはキリッとした味わいもありつつ、トマトとビールのしっかりとした風味で飽きずに楽しむことができる。

2. レッドバードのレシピや作り方は?材料も合わせて確認

レッド・バードは、スーパーなどで入手しやすい材料で作ることができるお手軽なカクテルだ。材料の配分を変えるといったアレンジをしても美味しく楽しむことができるので、自分好みのレッド・バードを探してみよう。

レッド・バードの材料

トマトジュース 60ml
ビール 適量
ウォッカ 30ml

レッド・バードの作り方

  • 氷を入れたグラスにウォッカ30mlを注ぐ
  • トマトジュース60mlを注ぎ軽く混ぜる
  • ビールを適量注ぎ、再び軽く混ぜる

3. レッドバードに似たカクテルは?材料やレシピも合わせて紹介

レッド・バードと同じようにトマトジュースを使用したカクテルを紹介する。味わいが似ているものが多いため、レッド・バードが好きという人の好みに合うのではないだろうか。味に少し変化をつけたいときなどに試してみてほしい。

レッドアイ

しっかりと冷やしたトマトジュース1に対してビール1の割合でグラスに注ぎ、軽くかき混ぜる。アルコール度数は2〜3%程度で、レッド・バードよりも飲みやすくアルコール分を調整しやすいカクテルだ。また、ソルティドッグのようにグラスの縁に塩をつけてるアレンジも味が変わって美味しい。

ブラッディメアリー

グラスに氷を入れ、トマトジュース2に対してウォッカ1程度の割合でグラスに注ぐ。先ほど紹介したレッドアイと同じように、塩を加えてアレンジしても楽しめる。
商品情報

4. レッドバードの作り方を知ってより深くカクテルを味わおう

レッド・バードは、ウォッカをベースにトマトジュースやビールのしっかりとした風味を楽しめる。レッド・バードの材料はスーパーなどでも入手しやすいため、自宅で気軽に作ることができる点も嬉しい。また、レッド・バードの作り方を知ることで、レッドアイやブラッディメアリーなどほかのカクテルの作り方にも簡単に応用することができ、カクテルの知識とバリエーションの幅が広がる。まずは材料を入手してレッド・バードから挑戦してみてはいかがだろうか。

結論

レッド・バードはトマトの風味が楽しめる彩り豊かなカクテルだ。材料はトマトジュース、ビール、ウォッカと入手しやすいものばかりなので、自宅でも簡単に作ることができる。アルコール度数を抑えたい人はウォッカの割合を減らしたり、ウォッカを使用せずにレッドアイにしたりと自由にアレンジして楽しめるので試してみよう。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ