このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
麦焼酎の飲み方のおすすめは?定番の飲み方からアレンジまで一挙紹介

麦焼酎の飲み方のおすすめは?定番の飲み方からアレンジまで一挙紹介

投稿者:ライター 森本泰斗(もりもとたいと)

2020年11月 1日

麦焼酎はクセがなくすっきりとした味わいなので、焼酎乙類の中でも飲みやすいことからファンが多い種類である。飲み方にもさまざまな方法があり、定番の飲み方はもちろんアレンジレシピも豊富である。本記事では麦焼酎の飲み方について一挙紹介しよう。ぜひ本記事を参考に、麦焼酎のお気に入りの飲み方を発見してもらいたい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 麦焼酎の美味しい飲み方は?

はじめに、麦焼酎の美味しい飲み方を定番のものからいくつか紹介しよう。芳醇な香りとすっきりとした口当たりのよさが麦焼酎の魅力なので、これから麦焼酎を飲みはじめるという人は、まずはシンプルな飲み方から試してもらいたい。

オン・ザ・ロック

オン・ザ・ロックはお酒が得意でない人にはアルコール感が強く、あまりおすすめできる飲み方ではないが、麦焼酎の香りと味わいが最も際立つ飲み方なので、お酒が得意な人はぜひ試してもらいたい。氷が溶け出すほどに繊細に変化する味わいも楽しみのひとつ、ゆっくりと時間をかけて飲んでみよう。

水割り

水割りは麦焼酎の飲み方の定番である。焼酎と水の分量を自分の好みで調整できるので、お酒が苦手な人でも安心して麦焼酎を楽しめるだろう。水割りにすることでさらにすっきりと飲めるので、気付かないうちにたくさん飲んでしまうことも。飲み過ぎには十分注意しよう。

お茶割り

お茶の持つ苦みは麦焼酎の味わいと相性がよく、お茶の種類を問わず人気の飲み方である。また食中酒としてもおすすめで、魚料理には緑茶を、こってりとした揚げ物料理や肉料理ならウーロン茶をと、料理によってお茶の種類を変えると味わいの変化もあっておもしろい。また、原料が同じ麦である麦茶で割れば、麦焼酎の芳醇な香りが引き立つのでこちらもおすすめしたい。

2. 麦焼酎の初心者や女性におすすめの飲み方

いくら麦焼酎は飲みやすい焼酎であるとはいえ、飲みはじめのうちはどうしても麦焼酎のアルコール感が苦手という人もいるだろう。そんな人におすすめの麦焼酎の飲み方をいくつか紹介しよう。麦焼酎初心者の人はもちろん、女性にもおすすめできるレシピだ。

焼酎ハイボール

麦焼酎をソーダで割ったら、焼酎ハイボールの完成だ。ハイボールと聞くとウイスキーをイメージする人は多いだろうが、近年のハイボールの流行もあって、焼酎をベースにハイボールを楽しむ人も多い。ソーダのさわやかなのどごしでアルコール感が気にならず、麦焼酎を飲みはじめの人でも楽しみやすいだろう。

ジュース割り

甘口のチューハイが好みの人なら、麦焼酎のジュース割りがおすすめだ。麦焼酎の水割りやソーダ割りに、果汁100%のフレッシュジュースを好みの分量加えれば完成。オレンジジュースやグレープフルーツジュースなど、とくに柑橘系と相性がよい。また、果汁を丸ごとしぼり入れる生搾りジュース割りも贅沢な楽しみ方だ。果汁感弾けるこちらの飲み方も、ぜひおすすめしたい。

コーヒー割り

麦焼酎をコーヒーで割るなど、ミスマッチな飲み方なのではと思う人は多いだろう。しかし意外にも麦焼酎とコーヒーは相性がよい。麦の香ばしさがコーヒーとマッチしてとても飲みやすく、食後のブレイクタイムにもおすすめだ。好みで生クリームやバニラアイスを加えてスイーツ感覚で楽しんでみてもよいだろう。

3. 麦焼酎をストレートで飲むときの飲み方

麦焼酎ファンなら、何も加えずストレートで麦焼酎本来の味わいをじっくりと楽しみたい人も多いのではないだろうか。しかし、ただいつものグラスに麦焼酎を注ぐという飲み方ではもったいない。いろいろなストレートの飲み方を知って、麦焼酎の新たな美味しさを見つけてみてはいかがだろうか。

ストレートのいろいろな飲み方

まず大事なポイントが、グラス選びである。せっかくストレートで麦焼酎を楽しむのであれば、香りが飛びにくいおちょこやショットグラスを使うのがおすすめだ。また、麦焼酎の温度も味を決める大事なポイントである。常温は麦焼酎の香りを一番感じられる温度とされているが、冷蔵庫で軽く冷やすと味わいが引き締まり、飲みやすさが増す。冷凍庫で一晩冷やせば、冷たくとろりとした新感覚の飲み口を楽しめる。このようにアルコール度数の高いお酒を冷凍庫でキンキンまで冷やして飲むスタイルは、パーシャルショットと呼ばれている。ストレートには紹介しただけでもこれだけの飲み方がある。自分に合った飲み方で楽しんでみよう。

4. 麦焼酎のおすすめの割り方は?

ここまでさまざまな麦焼酎の飲み方を紹介してきたが、もうひとつおすすめしたい定番の飲み方、お湯割りについて紹介しよう。お湯割りはどの焼酎とも相性がよい飲み方のひとつであり、もちろん麦焼酎とも相性バツグンである。では、こだわりのお湯割りの作り方を紹介する。

美味しいお湯割りの作り方

お湯割りは寒い冬場に定番の飲み方である。使用するお湯は、熱めの70度から80度あたりがおすすめ。まず耐熱グラスにお湯を注いだら、そこへ好みの分量だけ麦焼酎を注ぐだけでOK。湯気とともに立ち会がる麦焼酎の香りが何とも心地よいアロマを生み出し、まろやかな味わいをじっくりと楽しめる。やけどには十分気を付けて、一杯をゆっくりと味わってほしい。また、梅干しをひとつ沈めて少しずつ果肉をつぶしながら飲んでも美味しい。

5. 麦焼酎をカクテルとして飲む方法は?

麦焼酎は実はカクテルベースとしても相性がよい。シンプルな飲み方こそ麦焼酎の香りや味わいを楽しめるものだが、たまにはカクテルでオシャレに麦焼酎を楽しんでみてはいかがだろうか。自宅でも手軽に実践できるレシピをいくつか紹介する。

焼酎ジンジャーリッキー

焼酎ジンジャーリッキーとは、つまり焼酎のジンジャーエール割りのことである。麦焼酎のふわりと香る甘みとジンジャーエールの辛みが絶妙にマッチした味わいで、のどごしもすっきりと楽しめる。好みでライムジュースを加えたり、カットレモンなどを添えて酸味をプラスするのもおすすめ。自分の好みの飲み方で楽しもう。

焼酎トニック

焼酎トニックの作り方は、まずグラスにカットライムをしぼり入れ、氷を入れたら麦焼酎を注ぎ、よく氷となじませたらトニックウォーターを注いで完成。こちらも麦焼酎のさわやかさが引き立った、すっきりとした味わいが特徴だ。シンプルながら、洗練された飲み方といえるだろう。

オレンジ麦焼酎

最後に紹介するオレンジ麦焼酎は、少し材料にもこだわりたい。麦焼酎がベースであることは変わらないが、ただオレンジジュースと合わせるのではなく、アップルブランデーも少量加えて作る。基本レシピは麦焼酎30ml、アップルブランデー10ml、オレンジジュース50mlを順に氷を入れたグラスに注ぎ入れ、混ぜ合わせたら完成。さっぱりとフルーティーでありながら、ブランデーのまろやかな重厚感も楽しめる大人のカクテルだ。

結論

麦焼酎の飲み方は、紹介しただけでもこれだけバラエティーに富んだものであることをわかってもらえただろう。日頃、決まった麦焼酎の飲み方があるという人も、この機会にぜひ麦焼酎のさまざまな飲み方を試してみてはいかがだろうか。好みのスタイルで、麦焼酎をじっくりと味わってもらいたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ