このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スワリングはウイスキーの香りを引き立たせる!ストレートで楽しもう

スワリングはウイスキーの香りを引き立たせる!ストレートで楽しもう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

2020年11月20日

ウイスキーのスワリングとは、グラスを軽く回し空気に触れさせることでより香りを引き立たせる飲み方だ。この記事では、ストレートでのウイスキーの飲み方やスワリングをして楽しみたいおすすめ銘柄、合わせたいおつまみなどを紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ウイスキーのスワリングとは?する理由は?

ウイスキーのスワリングとは、グラスを軽く回して香りを感じやすくする飲み方のことだ。基本的にはプロがテイスティングの際に行う手法で、体温が伝わらないように持ち、ゆっくりとまわすのがポイントである。ウイスキーはスワリングをすることで空気に多く触れて香りがより引き立つため、自宅で飲む際にも有効だ。

ワインのスワリング

スワリングはウイスキーだけでなく、ワインでも行われる。ワインも空気に触れることで香りが引き立ち、柔らかい味わいに変化していくのだ。ただし、スワリングは2,3回程度でよいとされているのでやりすぎには注意をしよう。

2. ウイスキーをストレートで飲むときのおすすめの飲み方は?スワリングは必要?

ウイスキーはストレート、ロック、トワイスアップなどさまざまな飲み方があるが、ウイスキー本来の風味を楽しみたいときはストレートがおすすめである。ストレートの飲み方ははじめにグラスに30ml程度のウイスキーを注ぐ。色や香りを楽しんだらスワリング前に一度そのまま飲んでみよう。一口飲んだあとは余韻を楽しみ、チェイサーでリフレッシュするのだ。チェイサーをしっかりと飲めばアルコール度数が高いものが苦手な人や女性にも楽しみやすい。次にいよいよスワリングだ。ゆっくりとグラスを回し味や香りの変化を楽しもう。

スワリングではなく加水も

ストレートでウイスキーを飲む際にはスワリングだけではなく、数滴の水を加える加水もおすすめである。少しだけ水を加えることでスワリング同様に香りが引き立ち、味の変化も楽しむことができるのだ。

3. スワリングをしてストレートで飲むのにおすすめなウイスキー銘柄は?

スワリングをしてストレートで楽しみたいおすすめのウイスキーの銘柄を紹介する。ウイスキー本来の味わいを強く感じたい人は、ぜひ購入してスワリングを試してみよう。

サントリー「響 JAPANESE HARMONY」

日本のウイスキーならではのバランスのとれたやわらかい味わいだ。スワリングによって特徴であるローズやライチなどの香りが広がり、穏やかな余韻を楽しむことができる。
おすすめ商品

サントリー「ザ・マッカラン  シェリーオーク12年」

徹底管理してつくられたシェリー樽で熟成された原酒だけを使用した贅沢なウイスキー。スワリングによって特徴であるバニラやほのかなジンジャーの香りが引き立つ。
おすすめ商品

サントリー「シングルモルトウイスキー ボウモア12年」

スコットランドのアイラ島で造られるモルトウイスキーで伝統製法を継承し海のシングルモルトとも呼ばれる。シングルモルトの豊かな個性が楽しめるスコッチウイスキーである。
おすすめ商品

4. ウイスキーをスワリングしてストレートで飲むときにおすすめの料理やつまみは?

ウイスキーをスワリングしてストレートで飲むときには、アルコール度数が高いので料理やおつまみと合わせて楽しみたいものだ。スワリングによってウイスキーの香りが引き立つため、ウイスキーに負けない豊かな香りをもった燻製系のおつまみやドライフルーツなどがおすすめだ。

定番以外の料理も美味しい

ウイスキーと相性のいいおつまみといえば、燻製やナッツなどといったイメージが強いが、じつは料理全般と合わせることができる。和食でも洋食でも、好みに合わせてスワリングしたウイスキーと一緒に楽しんでみよう。自分だけのお気に入りの合わせ方が見つかるかもしれない。

5. ウイスキーをストレートで飲むときはどんなグラスがおすすめ?

ウイスキーをスワリングしてストレートで飲む場合のグラスは、小さくて飲み口が薄めのものをおすすめする。ストレートで飲むときのウイスキーの量は30ml程度のため、大きすぎるグラスを使用すると蒸散によってアルコールがきつくなってしまうのだ。小さすぎてもスワリングがしにくく香りを引き立たせることができないので、200ml程度のグラスを選ぶと使いやすいだろう。

ステムがついたグラス

ステムと呼ばれる持ち手部分がついたウイスキーグラスを選ぶと、手の温度を伝えずに常温をキープすることができる。スワリングもしやすいので、これから購入するという場合にはステムつきも検討してみよう。

結論

グラスを軽く回すスワリングを行うことで、ウイスキーは香りをさらに引き立たせることができる。ストレートでウイスキーを飲むときはスワリングの前と後で風味が変化するので、どちらの味わいも楽しむことができる。ストレートで飲む場合のアルコール度数は高いが、チェイサーを用意すれば初心者でも十分に楽しめるので、一度試してみてはいかがだろうか。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ