このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
デュワーズ12年は世界で愛される香り豊かなスコッチウイスキー!

デュワーズ12年は世界で愛される香り豊かなスコッチウイスキー!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

鉛筆アイコン 2020年12月21日

デュワーズ12年は、12年以上の熟成期間を経たブレンデッドスコッチウイスキーで、なめらかな味わいと豊かな香りを楽しむことができる。その本格的な風味ながらリーズナブルな価格帯で購入できるおすすめのウイスキーだ。本記事ではデュワーズ12年の基本的な特徴に加え、おすすめの飲み方や銘柄などについても詳しく解説する。

  

1. デュワーズ12年とは?味わいや香りなどの基本的な特徴を解説

デュワーズ12年とはウイスキーの銘柄のひとつで、40種類以上の原酒がブレンドされたスコッチウイスキーだ。12年以上の熟成期間を経たデュワーズ12年は、豊かな香りと柔らかい口当たりが楽しめるとウイスキー好きからの評価も高い。

デュワーズの歴史

デュワーズ12年などの世界で愛されるウイスキーを造るデュワーズ社は、1846年にジョンデュワーによって創業された。その後2人の息子によってさらなる躍進を遂げ、世界中で知られるようになったのである。

2. デュワーズ12年以外にどんな種類がある?

デュワーズ社はデュワーズ12年以外にもいくつかの種類のウイスキーを発売している。それぞれの銘柄で味わいが異なるので、飲み比べをしてみるのもおすすめだ。ここではデュワーズ12年ホワイトラベルとデュワーズ15年の特徴を紹介しよう。熟成年数によって18年、25年といった銘柄も存在する。

デュワーズ12年 ホワイトラベル

グリーンな味わいと華やかな香りが楽しめるスコッチウイスキー。ハイボール用としてとくにおすすめしたい定番の銘柄だ。

デュワーズ15年

ウイスキーのブレンダーであるステファニーマクラウドによって生み出され、複雑でリッチな味わいが楽しめる。15年以上熟成されたデュワーズ15年は、デュワーズ12年よりも深みのあるラグジュアリーな味わいだ。

3. デュワーズ12年のおすすめの飲み方は?

デュワーズ12年はさまざまな飲み方で味わうことができる。ストレートやロックで飲めば長期熟成による豊かな風味が強く感じられる。アルコール度数が強いお酒が苦手な人は、デュワーズ12年と炭酸水を合わせてハイボールにすれば、さわやかな発泡と香りを楽しむことができるだろう。またカクテルのベースウイスキーにデュワーズ12年を使用すれば、深みのある贅沢なカクテルにランクアップさせることができる。

4. デュワーズ12年はどこで手に入る?

デュワーズ12年はスーパーや酒販店はもちろん、ネットショップでの購入も可能だ。ウイスキーの価格は熟成期間に応じて高くなることが一般的だが、デュワーズ12年は初心者でも購入しやすい価格帯で販売されている。デュワーズ12年以外のデュワーズ15年や25年も比較的手に入りやすいので、興味がある人は挑戦してみよう。

結論

デュワーズ12年はデュワーズブランドの中でも本格的な味わいでありながら購入しやすい価格であり、コストパフォーマンスの高い銘柄である。ハイボールにするのがおすすめだが、飲み方はそれだけではなく、ストレートやロックなどで飲んでみると、その豊かな風味を感じられることだろう。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2020年12月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング