このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ラムコークとキューバリブレは違う?ラムとコーラのカクテルを紹介

ラムコークとキューバリブレは違う?ラムとコーラのカクテルを紹介

投稿者:ライター 岡本 優美(おかもと ゆみ)

鉛筆アイコン 2020年12月 3日

ラムコークという名前を聞いたことはあるだろうか。名前の通り、コーラとラムで作られる簡単なカクテルだ。同じようなカクテルのキューバリブレの方が有名だが、どう違うのだろうか。ここではラムコークにまつわるトリビアやレシピを紹介する。

  

1. ラムコークとは?味わいや香りなどの基本的な特徴をご紹介

ラムコークとはどんなカクテルなのだろうか? まずはラムコークの基本情報について紹介しよう。

ラムコークとは

ラムコークは、その名の通りラム酒をコーラで割ったカクテルである。ライムやライムジュースを入れる場合もあれば入れない場合もあり、好みや店の趣向によるものが多い。基本的なレシピでは、ラム酒、氷、コーラだけを利用している。またコークはコカ・コーラの愛称なので、基本的にはラムコークにはコカ・コーラを使うのが一般的なようである。ドクターペッパーを使うとウィッチドクターという別の名前のカクテルになるので注意しよう。

ラムコークのカクテル言葉

ラムコークのカクテル言葉は「もっと貪欲にいこう」である。ラムコークの別名カクテルであるとされる「キューバリブレ」はキューバ独立のお祝いとして作られたカクテルであり、その背景も相まってラムコークには勝気なカクテル言葉がついているのかもしれない。

ラムコークの味わい

ラムコークはラムにこだわらない限りはコーラの味わいが強く、ほぼコーラである。ただ、ホワイトラムではなくスパイスの香りにこだわったラムを使えば、コーラとラムの香りが合わさってなんとも「大人」な味わいになる。そのためひと口にどんな味わいかは言い表しがたく、飲んでみるのが一番だろう。

2. ラムコークとキューバリブレはどう違う?それぞれの特徴も合わせて紹介

ラムコークとキューバリブレは似たカクテルである。ではキューバリブレとラムコークの違いはなんだろうか? ここでは双子カクテルの雑学について紹介しよう。

キューバリブレとは

キューバリブレは前項でも触れた通り、キューバ独立の際に作られたカクテルである。キューバはアメリカと協力してスペインから独立するが、その際に「Viva Cuba Libre!」と勝利を祝って叫んだのだとか。同じ頃にアメリカの将校がラムとコーラを混ぜて飲む飲み方を発見し、これがキューバリブレと呼ばれるようになったようである。

キューバリブレとラムコークの違いとは

ラムコークとキューバリブレの違いは、今までいくつか説が出ている。1つめはホワイトラムで作るのがキューバリブレで、ラムコークはどんなラムでもいいというもの。2つめはライムを入れるかどうかというもので、3つめはキューバ産のラムを使うかどうかというものである。とはいえ明確な区別がないのが現状のようだ。

キューバリブレとバカルディ・コーラ

キューバリブレは本来バカルディ社のラムで作ったのが始まりだとされている。バカルディ・コーラは1900年にキューバ独立を祝うカクテルとして作られたとされており、ここではラムとコーラを入れ、さらにカットライムをしぼっただけのシンプルなレシピとして紹介されている。

コークはコカ・コーラだけ?

ラムコークの「コーク」がコカ・コーラの愛称であることは前述したが、実際にコカ・コーラの愛称としてコーク(Coke)は商標登録されている。そのため厳密にいえばラムコークをコカ・コーラ以外で作ると「ラムコーラ」と呼ぶことになる。

3. ラムコークの美味しい飲み方は?具体的な割合も合わせて確認

ラムコークを飲む際、どんなアレンジ方法があるのだろうか? ラムコークの基本レシピからアレンジレシピ、またおつまみレシピも紹介しよう。

基本のラムコークの作り方

まずはラムコークの基本的な作り方を紹介しよう。ここではdely株式会社の公表するレシピを引用した。

材料
ラム(ホワイト) 30ml
コーラ 100ml
氷 100g

作り方
グラスに氷を入れる。そこにラム酒、コーラの順で注ぎ入れ、軽く混ぜれば完成である。

ラムコークのアレンジレシピ

では、次にラムコークのアレンジレシピを紹介しよう。まずはレモンラムコークだ。これは先ほどのラムコークに10mlのレモンジュースを足すだけである。またダイエットコーラで作るとカロリーを抑えることができる。ラム自体はカロリーが低いお酒なので、ダイエット中でも飲めるカクテルになるのだ。

ラムコークに合うおつまみとは

ラムコークには辛めのおつまみがいいだろう。バカルディの公式ホームページではラムコークに合わせるおつまみをいくつか紹介している。たとえば魚肉ソーセージを薄切りにしてブラックペッパーをふりかけ、600Wの電子レンジでカリカリになるまで焼いたギョニソーチップスや、ピザ用チーズと湖池屋「スティックカラムーチョ ホットチリ味」を混ぜ、フライパンで焼き目がつくまで焼くカリチームーチョなどを紹介している。とても簡単なのでぜひ作ってみよう。

4. ラムコークを作るのにおすすめのラムは?缶も美味しい?

ラムコークは期間限定で缶入り飲料になることもあるが、現在では発売されていないようで確認できなかった。そこでラムコークはぜひ家で作ってみよう。ラムとコーラさえあれば作ることのできる気軽さなので、ラムにこだわってみるのも面白い。ここではそんなラムコークにも使えるラムを3つ紹介する。

サンチャゴ・デ・クーバ アネホ 7年

7年熟成させた、キューバラムらしい味わいのラム。コーヒーのようだともいわれる芳醇な香りと熟成させることによるシェリー酒のような甘い味わいはキューバラムらしさを体現している。度数は38度程度なので、ぜひラムコークにしてコーラとの香りや味わいのマリアージュを楽しみたい。

キャプテンモルガン スパイストラム

スパイストの名前からもわかるように、このラムはスパイスの香りが特徴的だ。ラム酒本来のトロピカルな風味に加え、スパイシーさとバニラの香りを追加したことで独創的な味わいと香りである。ラムコークとの相性は抜群で、コーラがラム独自の香りを引き立ててくれるのである。

クラーケン ブラック スパイスド ラム

クラーケンという伝説的な巨大イカがラベルにあしらわれたこのラムは、イカ墨のような黒い色合いが特徴的だ。さらにボトルも洒落たデザインで、部屋に飾っておきたいほどの見た目である。中身のラム酒はクローブや胡椒、シナモン、バニラなどのスパイスやハーブの香りが特徴で、ラムコークとして飲むと飲みやすくなる。

結論

ラムコークとキューバリブレは似たもの同士のカクテルだ。ただラムコークというと厳密にはコカ・コーラを使うのが正しいため、ラムコークを飲むときはコーラにもこだわってみよう。また飲み方のアレンジも多く、カロリーが気になる人でも飲める方法もある。そんなラムコークはラムにもこだわることで新しい味わいが生まれる。家でも簡単なおつまみとともに試してみよう。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2020年12月 3日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング