このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
デュワーズはハイボールの起源?さわやかな風味を楽しもう!

デュワーズはハイボールの起源?さわやかな風味を楽しもう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

鉛筆アイコン 2020年12月13日

デュワーズはハイボールの起源といわれ、世界中で愛されるウイスキーブランドだ。ストレートやロックで飲むのはもちろんハイボールにしても美味しく、発泡による爽快感と豊かな風味が楽しめる。本記事ではデュワーズの起源から種類、ハイボールの作り方までを紹介する。

  

1. デュワーズはハイボールの起源?基本的な特徴も解説

デュワーズハイボールとはデュワーズブランドのウイスキーを使用したハイボールで、スコッチウイスキーの華やかな香りを楽しむことができる。デュワーズハイボールのアルコール度数は8度程度と飲みやすく、強いお酒が苦手な人でも楽しみやすい。

デュワーズはハイボールの起源?

デュワーズの創設者であるトミーデュワーが店でウイスキーを飲んだ際にグラスが小さかったため、もっとhigh(背の高い)グラスにしてくれたら、have a ball(楽しめる)と発言したことが語源といわれている。ハイボールの語源については諸説ある。

2. デュワーズのハイボールにはどんな種類がある?それぞれの特徴や違いも確認

デュワーズを使用したハイボールは、さまざまな種類で作ることができる。デュワーズ12年ホワイトラベルはハイボール用の定番ウイスキーで、クリアな飲み口と華やかな香りが楽しめる。デュワーズ15年や18年を使用してハイボールを作れば、より濃厚で贅沢な味わいになるのでは飲み比べをしてみてもよいだろう。

デュワーズハイボールの樽詰

飲食店などをターゲットに、デュワーズウイスキーと炭酸水が混ざったハイボールの状態で樽詰されている10Lのパッケージも発売されている。ハイボール人気に伴って今後も新たな商品に期待したい。

3. デュワーズはハイボールで作るには?おすすめの作り方をご紹介

最後に、デュワーズハイボールのおすすめの作り方を紹介する。デュワーズはスーパーやネットショップなどで簡単に購入できる。ハイボールを作る際はデュワーズに加えて炭酸水も用意しておこう。好みでハイボールにレモンを加えても美味しく味わうことができる。

デュワーズハイボールの作り方

1.グラスに氷を入れる
2.デュワーズウイスキー1、炭酸水4の割合で注ぐ(ウイスキーの割合はお好みで調整)
3.軽く混ぜる

結論

デュワーズハイボールはスコッチウイスキーの華やかな香りが楽しめ、強いお酒が苦手な人でも楽しみやすい。デュワーズにもいくつかの種類があるので、しっかりとした香りが好みの人は熟成期間の長いものを選ぶなど飲み比べをしてみてはいかがだろうか。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2020年12月13日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング