このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ウンダーベルグは食後にのみたい薬草酒!カクテルも美味しい

ウンダーベルグは食後にのみたい薬草酒!カクテルも美味しい

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 水島知美

2021年1月14日

ウンダーベルグは1864年にドイツで販売がはじまった薬草酒だ。苦みと独特の香りが特徴で、世界各国で食後酒として愛されている。本記事ではウンダーベルグの基本的な特徴からおすすめの飲み方、さらには過去に製造されたグッズや購入方法を紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ウンダーベルグはドイツの薬草酒

ウンダーベルグは苦みが特徴の薬草酒で、1846年にドイツで販売が開始された。ウンダーベルグという名は創業者のフーベルトウンダーベルグからとられており、現在では世界各国で親しまれている。サイズは20mlのもののみで、少量を食後に飲むことが最適とされている。

ウンダーベルグのアルコール度数

ウンダーベルグのアルコール度数は44度と高めだ。しかし1本の容量は20mlと少量なので、強いアルコールが苦手な人でも気軽に飲むことができる。

2. ウンダーベルグの飲み方やカクテル

ウンダーベルグは基本的には食後にそのまま飲むことが多い。どうしてもアルコール度数が高いものが飲めないという人は、ソーダで割るとすっきりと飲みやすくなるので試してみよう。さらにアレンジしたい人はウンダーベルグの薬草の風味を活かしたカクテルも紹介するので、参考にしてみてほしい。

ウンダージンジャー

グラスに氷を入れ、ウンダーベルグ20mlとジンジャーエール100mlを注ぐ。軽く混ぜたら薬草の風味とジンジャーエールの甘さが美味しいカクテルのできあがりだ。

ウンダーベルクスプモーニ

ウンダーベルグ20ml、グレープフルーツジュース80ml、トニックウォーター80mlをグラスに注ぐ。本来はカンパリリキュールを使用してつくるスプモーニをアレンジしたカクテルだ。

3. ウンダーベルグのグッズ

ウンダーベルグはこれまでさまざまなキャンペーンが行われ、いくつもノベルティーグッズが製造されてきた。専用のウンダーベルグケースやウンダーベルググラス、ガンベルト、ペンなどバラエティに富んだグッズもファンを魅了してきたひとつの要因といえるだろう。

4. ウンダーベルグの販売店

薬草の風味が美味しいウンダーベルグは、オンラインショップでの購入をおすすめする。大手ECサイトや酒販店のオンラインショップなどで探してみよう。ウンダーベルグは20mlの容量のもののみの販売のため、3本セットでの販売が多い。リーズナブルな価格で購入できるので、ウンダーベルグを飲んだことがないという人はこれを機に試してみてはいかがだろうか。

結論

ウンダーベルグは20mlの容量で販売される、ドイツで生まれた薬草酒だ。印象的な緑色のパッケージは多くのグッズも製造され親しまれてきた。アルコール度数が44度高いので、ソーダなどで割って飲むなどのアレンジをしても美味しく飲むことができる。
  • 更新日:

    2021年1月14日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ