このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
サザンカンフォートはフルーツとハーブの個性的なリキュール

サザンカンフォートはフルーツとハーブの個性的なリキュール

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年1月27日

サザンカンフォートはカクテルに使用したいリキュールで、アメリカのバーテンダーによってその起源となるレシピがつくられたとされている。本記事ではサザンカンフォートの基本的な特徴からおすすめのカクテルレシピを紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. サザンカンフォートはリキュールの一種

サザンカンフォートは1874年にアメリカのバーテンダーであったマーチン・ウィルクス・ヘロンによって生み出された、フルーツとハーブを合わせたレシピを起源とするリキュールだ。サザンカンフォート(Southern Comfort)は「南部の安らぎ」といった意味があり、割り方で変化する風味が特徴だ。

ジャニス・ジョプリンが愛した酒

サザンカンフォートは、70年代に活躍した伝説のロック歌手、ジャニス・ジョプリンがステージで飲んでいたことで知られている。ジャニス・ジョプリンはプライベートでもサザンカンフォートを愛飲していたとされておりこのお酒を語るうえではずすことのできない人物だ。

2. サザンカンフォートの美味しいカクテル

割り方で風味が変化することが特徴であるサザンカンフォートはカクテルにぴったりだ。以下に自宅でもつくりやすい簡単なカクテルをいくつか紹介する。

サザンスパークル

サザンカンフォート30ml、パイナップルジュース45ml、レモンシロップ10mlをシェークし大きめのグラスに注ぐ。仕上げにジンジャーエールを適量加えて軽くかき混ぜる。さまざまなフルーツの味わいが同時に楽しめる楽しいカクテルだ。

サザン・オレンジ

グラスに氷を入れ、サザンカンフォート45mlを注ぐ。オレンジジュースでグラスを満たしたら軽く混ぜれば完成。オレンジジュースの酸味が際立つすっきりとした味わいが楽しめる。

3. サザンカンフォートの種類

サザンカンフォートにはふたつの種類がある。ひとつはアルコール度数が21度の定番のサザンカンフォートだ。果実やスパイスの風味が混ざりあった個性的な味が楽しめる。もうひとつはアルコール度数が40度と高めのサザンカンフォートブラックだ。サザンカンフォートと比較して力強い味わいでウイスキーの香りも合わせて楽しむことができる。どちらも酒販店やオンラインショップなどで購入可能なので、気になる人は飲み比べをしてみよう。

結論

サザンカンフォートはさまざまなフルーツとハーブを混ぜたリキュールで、割り方によってさまざまな表情が楽しめるバリエーション豊かなお酒だ。伝説の歌手が愛したことでも知られるサザンカンフォートを使ったカクテルで、音楽を聞きながらゆっくりとした時間を過ごしてみるのもよいだろう。
  • 更新日:

    2021年1月27日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ