このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
アップルジャックはりんごの蒸留酒!歴史や地域ごとの呼び方は?

アップルジャックはりんごの蒸留酒!歴史や地域ごとの呼び方は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年2月19日

アップルジャックはアップルブランデーのひとつで、りんごの醸造酒であるシードルを蒸留したものだ。国によっては異なる呼び方があるアップルジャックについて、本記事では歴史や地域差について解説する。また、アレンジの方法としてアップルジャックを使ったカクテルレシピも紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. お酒のアップルジャックの意味とは?

アップルジャックはお酒の種類のひとつで、アップルブランデーと中性スピリッツを混ぜ合わせたものを表す。国や地域によってはアップルブランデーのことをアップルジャックと呼ぶこともあるが、アップルブランデーがベースとなっている蒸留酒であると理解しよう。

アップルジャックの歴史

アップルジャックは、かつて凍結濃縮法とよばれる原始的な方法でつくられていた。凍結濃縮法は冬に寒い場所にお酒を置いておくことで水分が凍結する。水分が取り除かれることでアルコール度数が上がり濃厚な甘みを生み出す手法だ。現在では先述のとおり、アップルブランデーと中性スピリッツを混ぜることでつくられている。

2. アップルジャックとアップルブランデーは同じもの?

アップルジャックは広い意味ではアップルブランデーといえる。アップルブランデーのようなフルーツを原料としたブランデーは、果汁を抽出して発酵させることで醸造酒をつくることから始まる。その後果汁からできた醸造酒を蒸留することでブランデーとなる。

アップルブランデーの呼び方

アップルブランデーの代表的なものにフランスでつくられるカルヴァドスがある。アメリカではカルヴァドスをアップルジャック、イギリスではアップルブランデーの中でも等級が低いものをアップルジャックと呼んでいたりと地域によって混同されている。

3. アップルジャックを使ったカクテルの作り方

アップルジャックはそのままでも美味しく飲むことができるが、アレンジをしたカクテルレシピを紹介する。ひと味違った味わいを楽しみたいときには挑戦してみてはいかがだろうか。

ジャックローズ

アップルブランデー(アップルジャック)30ml、ライムジュース15ml、グレナデンシロップ15mlをシェイクしカクテルグラスに注ぐ。ライムジュースはレモンジュースでも代用可能。ほどよい甘みが特徴的な味だけでなく、赤く美しい見た目も楽しめるカクテルだ。

アップルカー

アップルブランデー(アップルジャック)30ml、ホワイトキュラソー20ml、レモンジュース20mlをシェイクしてカクテルグラスに注ぐ。やや辛口ながらもアップルジャックの甘みが感じられるコクのあるカクテルだ。

結論

アップルジャックはりんごの醸造酒を蒸留することでつくられるお酒だ。歴史的には凍結濃縮法が採用されていたが、現在では行われていない。アップルジャックはカクテルにも使用することができるのでさまざまな飲み方で楽しんでみよう。
  • 更新日:

    2021年2月19日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ