このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
梅酒の人気銘柄はどれ?スーパーやコンビニでも購入できるお酒

梅酒の人気銘柄はどれ?スーパーやコンビニでも購入できるお酒

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

鉛筆アイコン 2021年6月11日

梅酒は女性にも人気のお酒で、さわやかな梅の風味は食事とも相性がよい。本記事では梅酒の人気の銘柄やコンビニでも購入できる銘柄を紹介する。最後に自宅で簡単にできる梅酒のアレンジレシピも紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. 梅酒の人気はどれ?

梅酒は優しい甘さとさわやかな香りが美味しく、女性にも人気のお酒のひとつだ。使用する梅の種類や熟成期間などによって異なった味わいになる梅酒は、各メーカーによって個性がある。ここでは梅酒初心者でも楽しめる梅酒の人気銘柄を紹介する。いずれもスーパーやネットショップなどで購入可能だ。

CHOYA「The CHOYA SINGLE YEAR」

南高梅を使用した華のある香りと酸味が楽しめる梅酒。食事との相性もよく、リーズナブルな価格で購入できる人気のお酒だ。

サントリー「山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽仕込梅酒」

ウイスキーの貯蔵に使用した樽を使って梅酒を熟成しているため個性的な香りが楽しめる。甘さは控えめで旨みの強い味わいは、ロックだけでなくソーダ割りも人気の飲み方だ。

サントリー「梅酒にしませんか」

お酒は飲みたいけれどカロリーが気になるという人に人気の梅酒。カロリーを30%抑えた梅酒はリーズナブルな価格で販売されている。

2. 梅酒の缶の人気は?

梅酒は瓶のタイプも種類が豊富だが、缶のタイプも手軽に購入できて人気がある。梅酒の缶はスーパーなどで購入可能で、少量から購入できるので価格もリーズナブルだ。ちょっとだけ飲みたい場合や、いくつかの銘柄を試して好みの梅酒を探したいときにもおすすめである。

CHOYA「The CHOYA 梅プレッソ」

果実感が楽しめると人気の本格梅酒。梅の酸味が強く甘さは控えめなさわやかな味わいは、飲み飽きせずに楽しめる。

サントリー「ほろよい梅酒ソーダ」

梅の甘さと酸味のバランスがよく、豊かな香りがしっかりと楽しめる梅酒ソーダ。アルコール度数が3度と控えめなので、強いお酒が苦手という人にも人気の梅酒だ。

3. コンビニで売ってる梅酒で人気なのは?

梅酒はコンビニでも気軽に購入できる銘柄がある。ここでは人気の梅酒を飲みたいがネットショップやスーパーで購入するのは面倒という人のために、コンビニでも取り扱いのある梅酒を紹介していく。なお店舗や時期によって品揃えは異なるので、あくまでひとつの参考として捉えてほしい。

中埜酒造「南高梅100%梅酒」

南高梅を100%使用し着色料や甘味料などを使用しない梅本来の味わいが楽しめる。ファミリーマートの限定販売となる人気の梅酒だ。

CHOYA「さらりとした梅酒」

梅本来の風味がしっかりと感じられる仕上がりで、さらりとした飲み心地が人気の梅酒。

4. 梅酒の人気レシピは?

梅酒はスーパーやコンビニなどでも気軽に購入できるお酒で、ロックやストレートで飲んでも美味しいがアレンジもおすすめだ。以下に梅酒の人気の飲み方を紹介するので、変化をつけたいときには試してみてほしい。

梅酒ソーダ

梅酒と炭酸水を同程度の割合で合わせる。梅酒のさわやかさに炭酸の爽快感が加わり飲みやすくなる。アルコール度数も抑えられるので、強いお酒が苦手な人にも人気がある梅酒の飲み方だ。

梅酒の牛乳割り

梅酒1に対して牛乳5程度の割合で混ぜる。牛乳のまろやかな口当たりが加わるので女性にも人気がある梅酒の飲み方。ホットにしても美味しい。

自作する場合には要注意

アルコール度数20度未満のお酒を使用する場合、飲む直前に混ぜて自分で嗜むことは酒税法(※)にて認められているが、酒類の製造/販売業免許を持たずに、貯蔵および販売することは酒税法にて禁止されている。そのため、お酒を割って作る場合には十分に留意してほしい。

結論

梅酒は各メーカーからさまざまな人気商品が販売されており、スーパーやコンビニでも気軽に購入することができるお酒だ。缶のタイプは少量からリーズナブルに購入ができるので、いくつか飲み比べて自分好みの銘柄を探してみてはいかがだろうか。
(参考文献)
※国税庁 【自家醸造】
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/qa/06/32.htm
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 公開日:

    2021年3月 6日

  • 更新日:

    2021年6月11日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ