このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
家飲みのおつまみは何がおすすめ?美味しく手軽なおつまみを紹介

家飲みのおつまみは何がおすすめ?美味しく手軽なおつまみを紹介

投稿者:ライター 岡本優実(おかもとゆみ)

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

2021年5月16日

家飲みをする際、おつまみはどのようなものを合わせるとよいのだろうか。お酒によっても変わるおつまみは、なるべく手軽に、しかししっかりと美味しくお酒の引き立て役になってほしいものである。本記事ではお酒のおつまみにフォーカスを向け、お酒別の美味しいおつまみの選び方や家でも楽しめるおつまみの選び方を紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 家飲みでおすすめのおつまみは?

家飲みといえばどのようなお酒を飲むだろうか。ここでは家飲みでの定番のお酒3種類と、一緒に食べたいおつまみを紹介する。

甘いカクテルと合わせたいおつまみ

まず定番のお酒の中に、甘いカクテルがあるだろう。カクテルといえばバーで飲むだけでなく、最近では缶入りのものが増えている。また、家で作る人もいるだろう。このように、甘いお酒を家飲みする場合は一般的に塩味のおつまみがおすすめである。プレッツェルやフィッシュアンドチップス、また厚切りのポテトチップスなどスナック菓子としても楽しめるおつまみがとくにおすすめだ。

ハイボールに合うおつまみ

ハイボールは、日本ではとくにウイスキーのソーダ割りを指すことが多い。低カロリーなハイボールは男女問わず人気があるお酒で、家飲みにもぴったりな手軽さも魅力である。そんなハイボールの家飲みにはベーコンやチーズ、ソーセージなどの定番のおつまみだけでなく、チョコレートも相性がよい。チョコレートはビターからミルクまで幅広く好相性なので、ぜひ試してみよう。

ビールに合うおつまみ

ビールは家飲み、外飲み問わず人気のあるお酒だ。そんなビールだが、クラフトビールや黒ビールなどさまざまな種類がある。とくにクラフトビールはプレゼントでもらうこともあるだろう。クラフトビールを家飲みする場合は生ハムやビーフジャーキーなどの肉のおつまみだけでなく、塩味の豆あられなどと合わせても美味しい。また、ビーフジャーキーもできればしょうゆ味など、馴染みのある味わいにすると食べやすい。

2. 家飲みでおすすめの宅配やテイクアウトできるおつまみは?

おうち時間を充実させたい場合、宅配や通販、テイクアウトなどで手に入るおつまみがおすすめだ。本項では宅配やテイクアウトに向いている、家飲みのおつまみを紹介しよう。

おつまみオードブル

最近では、おつまみのオードブルを販売している宅配も多い。例をあげれば、くるめし「おつまみオードブル」では餃子や枝豆などの定番のおつまみから、肉団子とうずら卵の串など少し変わったものまで含まれている。これらのおつまみは基本的に作りたてを家で食べることができるので、揚げ物などの調理の手間が省け手軽に楽しめる。

通販でおつまみを

冷蔵保存や冷凍保存されたおつまみであれば、通販で購入することもできる。その中でもとくにおすすめなのが詰め合わせだ。さまざまなおつまみが少量ずつ含まれているので、食べ比べができるし、同じものばかりで食べ飽きることが少ない。また、新しいおつまみに冒険することもできる。家飲みで家族の誰かと分け合って食べる際にも適したおつまみだ。

テイクアウトでおつまみを

最近では居酒屋などでもおつまみのテイクアウトができるようになった。お酒とともにぴったりのおつまみをテイクアウトできるお店もある。その場合は日本酒などに合わせた好相性のおつまみを一緒に購入できるので、家飲みの際にあれこれとおつまみを考えなくてもいいのが嬉しい。

3. 家飲みでおすすめのスーパーやコンビニで買える簡単なおつまみは?

では、次にコンビニやスーパーで買える、家飲みにおすすめのおつまみを紹介する。

スーパーで買えるおつまみ素材

スーパーではそのまま食べることができるおつまみだけでなく、ひと手間かけて好みの味わいにできる素材も販売されている。例えば玉こんにゃくは、麺つゆで煮込むだけで低カロリーで美味しいおつまみに早変わりする。また、冷凍の小籠包などもおつまみに適している。これらの材料は夕飯のおかずにもなるので、家飲みのおつまみとしてだけでなく楽しめるのが利点だ。

コンビニで買えるおつまみ

コンビニでは多種多様なおつまみが販売されているが、ほかにも餃子の皮などを取り扱っている場合もある。そのため、そのままおつまみとして食べても美味しいポテトサラダなどを餃子の皮で包んで揚げる手間をかければ、スナック感覚で食べられるおつまみになるのだ。家飲みだからこそ、少し手間をかけたい人にはうってつけだろう。またコンビニでは甘い食べ物も豊富に販売されているので、お酒とともに購入すれば居酒屋に負けないおつまみの種類になる。さらに、やげん軟骨など居酒屋で提供されるもののスーパーなどではあまり販売されていないおつまみが揃うのもコンビニの長所だ。量は少なめだが、その分いろいろな味を楽しめるのが家飲み用のおつまみをコンビニで購入する利点といえる。

4. 家飲みで女性におすすめのおつまみは?

では、最後に女性が好きな家飲みおつまみを紹介しよう。

枝豆類

枝豆は低カロリーでタンパク質が豊富なおつまみの代表格である。しかも味付けがあっさりしているので、いろいろなお酒との相性もよい。さらに、家飲みする際にも手軽に食べることができる。男女問わず人気が高い定番なので、枝豆を家飲みの際のおつまみとして用意をしておくと安心だ。

チーズ類

チーズ類は女性人気が高いおつまみだ。そのまま食べるだけでなく、海苔を巻いたり麺つゆやしらす、長ネギと合わせて和風なおつまみにするなど、アレンジが簡単なのに幅広い楽しみ方がある。家飲みの際には同じおつまみだと飽きてしまうが、材料を多く用意するのも面倒である。そのため、手軽で味付けを変えて楽しめるチーズはおすすめなのだ。

フルーツで作るおつまみ

フルーツや豆腐で作るおつまみは、ヘルシーな印象もあり女性からの人気も高い。そこで、最後に簡単にできる家飲みおつまみ、「豆腐といちごのあえもの」を紹介しよう。

材料
いちご 5~6粒
豆腐 好みの量
砂糖 少々
塩 少々

作り方
豆腐は水気を切っておく。ボウルに水気を切った豆腐、半分に切ったいちごを混ぜて砂糖と塩で好みの味に調整したらできあがり。

結論

家飲みのおつまみは組み合わせなど悩むこともあるが、実際は外食して食べるよりも自由度が高く、好きなものを好きなだけ食べられるという満足感がある。美味しいおつまみを用意して家でのんびりとあ酒を味わうのは、外でわいわいと騒ぐ飲み方とはまた違った大人のお酒の楽しみ方だ。ぜひ好きなおつまみとともにお酒をじっくり楽しんでみよう。
20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年5月16日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ