このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
梅酒の水割りはやさしい口当たりと梅の香り!カロリーも抑えられる?

梅酒の水割りはやさしい口当たりと梅の香り!カロリーも抑えられる?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2021年6月11日

梅酒の水割りは梅の香りが引き立ち口あたりがまろやかになる飲み方だ。梅酒を購入して水を加えれば簡単に作ることができる。本記事では梅酒の水割りの美味しい作り方やカロリー、アルコール度数について紹介したのちに市販の缶の梅酒を紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 梅酒の水割りの美味しい作り方

梅酒はロックやソーダ割りといった飲み方のほか、水割りでも楽しむことができる。梅酒の水割りは梅酒に水を加えるだけなので手軽に作れる飲み方だ。一般的な梅酒の水割りは、梅酒と水を同量の割合で混ぜ合わせる。水割りにすることで梅酒のまろやかさや風味が引き立ち、飲みやすいお酒になる。

自作する場合には要注意

アルコール度数20度未満のお酒を使用する場合、飲む直前に混ぜて自分で嗜むことは酒税法(※)にて認められているが、酒類の製造/販売業免許を持たずに、貯蔵および販売することは酒税法にて禁止されている。梅酒に割りものを使う場合には十分に留意してほしい。

2. 梅酒の水割りの度数やカロリー

梅酒のアルコール度数は一般的に8度から15度程度のものが多く、そのまま飲むと意外とアルコール度数は高い。梅酒は水割りにすることでアルコール度数を半分程度の4度から7度程度まで下げることができるので、健康に気を使いたい人にもおすすめだ。

梅酒の水割りのカロリー

梅酒は実はカロリーが高めだ。100mlあたりのカロリーはビールの4倍程度となる約150kcal。そのため梅酒は飲みたいけどカロリーは抑えたいという人が水割りを試してみてほしい。

3. 市販の缶入り梅酒の水割り

市販の缶入りの梅酒もさまざまな商品が販売されている。水割りの商品は缶での販売がほとんどなく発泡性のものになるが、下記にいくつか紹介するので自宅で作るのが面倒という人は購入してみよう。

CHOYA「さらりとした梅酒スパークリング」

さらりとした飲み口と優しい発泡が楽しめる梅酒。アルコール度数が4度と控えめなのですっきりと飲むことができる。
おすすめ商品

CHOYA「The CHOYA ウメッシュ」

紀州産の梅を100%使用した濃厚タイプの本格梅酒ソーダ割り。香料などを使用しない本格梅酒のソーダ割りは、水割りで飲むときと同様に飲み飽きせず楽しめる。
おすすめ商品

サントリー「ほろよい梅酒ソーダ」

梅の甘酸っぱさと芳醇な風味が楽しめる梅酒のソーダ割り。水割りと同様にアルコール度数やカロリーが抑えられ、健康に気を使いたい人にもぴったりのお酒だ。
おすすめ商品

結論

梅酒の水割りは梅酒に水を加えるだけで作ることができ、優しい味わいと豊かな香りが楽しめる飲み方だ。アルコール度数やカロリーを抑えたい人にもおすすめの飲み方なので、いつもはロックで飲んでいるという人も試してみてほしい。
(参考文献)
国税庁 【自家醸造】
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/qa/06/32.html
20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 公開日:

    2021年6月 4日

  • 更新日:

    2021年6月11日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ