このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オレンジのカクテルを徹底解説!さまざまなバリエーションを楽しもう

オレンジのカクテルを徹底解説!さまざまなバリエーションを楽しもう

投稿者:ライター 森本泰斗(もりもとたいと)

鉛筆アイコン 2021年6月23日

カクテルにはさまざまなフルーツが使用されることが多いが、中でも高い人気を誇る、オレンジを使用したカクテルを飲んだことがあるだろうか。本記事では、オレンジのカクテルについて詳しく解説する。オレンジのカクテルの基本をはじめ、カクテルの種類や飲み方、またオレンジのカクテルに合うおすすめの銘柄についても紹介していこう。

  

1. オレンジのカクテルとは?味や香りなどの基本的な特徴を紹介

はじめに、オレンジのカクテルとは一体どのようなカクテルを指すのか、味や香りについても含めて基本的な特徴から解説していこう。実際にオレンジのカクテルを飲む前に、基本を知っておきたい。

オレンジのカクテルとは

オレンジのカクテルとは、オレンジやオレンジ果汁を使ったカクテルのことを指す。カクテルと合わせる柑橘類といえばレモンやライムが頭に浮かぶだろうが、実はオレンジもカクテルと相性バツグンの柑橘類であり、多くの種類のオレンジのカクテルが作られているのだ。

オレンジのカクテルの味や香り

オレンジのカクテルは、全体的にまろやかでフルーティーな味わいの、甘口のカクテルになることが特徴だ。レモンのように風味付けやアクセントとして使われることもあるが、オレンジのカクテルの多くはオレンジの味わいや香りがしっかりと活きたものとなっている。お酒があまり得意でないという人や、女性にとっても飲みやすい種類のカクテルが多いことも、オレンジのカクテルならではの特徴である。

2. オレンジのカクテルの種類にはどんなものがある?

本項では、多く種類が存在するオレンジのカクテルの中から、とくに簡単な作り方で楽しめるカクテルにしぼっていくつか紹介していこう。シンプルながらオレンジのカクテルを代表する種類がそろっているので、カクテル通の人はもちろん、カクテル初心者の人もぜひ自宅で作ってみてはいかがだろうか。

カシスオレンジ

カシスオレンジはオレンジのカクテルの定番で、「カシオレ」の愛称でもおなじみだ。居酒屋でも女性を中心に高い人気を誇っている。作り方は簡単で、30〜45mlのカシスリキュールをベースに、オレンジジュースで割り合わせたら完成だ。カシスとオレンジのフルーティーな風味が弾ける味わいに仕上がる。

ファジーネーブル

ファジーネーブルは、アメリカで爆発的なヒットを記録したオレンジのカクテルである。45mlのピーチリキュールをベースに、オレンジジュースで割り合わせたら完成だ。桃のやさしい甘みと、フレッシュなオレンジの風味がベストマッチした味わいに仕上がる。

スクリュードライバー

スクリュードライバーは、油田で働く労働者たちが、ねじ回しをマドラー代わりにウォッカとオレンジジュースを混ぜて飲んだという、ユニークなエピソードから名付けられたオレンジのカクテルである。45mlのウォッカをベースに、オレンジジュースで割り合わせたら完成だ。口当たりがよく、アルコール度数の高さを感じないほど飲みやすい味わいに仕上がるため、ついつい飲みすぎないよう注意しよう。

テキーラサンライズ

テキーラサンライズは、燃える朝焼けのような情熱的なカクテルカラーが特徴のオレンジのカクテルだ。ローリングストーンズのボーカル、ミック・ジャガーがこよなく愛したカクテルであり、イーグルスが同名の曲を作ったことでも有名。ロックとも深い関係があるカクテルなのである。1:2の分量でテキーラとオレンジジュースを割り合わせ、上からグレナデンシロップをゆっくりと注いだら完成だ。テキーラのシャープな味わいに、オレンジとグレナデンの香りがマッチした味わいに仕上がる。

3. オレンジのカクテルのおすすめの飲み方は?

前項ではさまざまな種類のオレンジのカクテルを紹介したが、本項ではオレンジのカクテルがより楽しめるおすすめの飲み方について解説していこう。基本的にはレシピ通りで美味しいカクテルができあがるが、せっかくオレンジのカクテルを楽しむのであれば、使用する材料にはしっかりこだわりたい。

オレンジはフレッシュなものがおすすめ

前項で紹介したカクテルは、すべてカクテルシェイカーなどを使わないシンプルなカクテルである。ベースのお酒をオレンジジュースで割るだけでOKの種類がほとんどのため、ここでは使用するオレンジジュースにこだわってみよう。オレンジジュースは、果汁100%のフレッシュなものを使いたい。果汁の含有量が少ないオレンジジュースでは、フルーティーさに欠けるのでおすすめできない。ジュースの代わりに、オレンジを丸ごとしぼったものを使うのもおすすめ。ぜいたくな生しぼりカクテルを楽しんでみよう。

4. オレンジのカクテルを作るのにおすすめの銘柄は?

最後に、オレンジのカクテルと相性のよい銘柄を紹介しよう。自宅でオレンジのカクテル作りにトライするときの、銘柄選びの参考にしてほしい。

サントリー「ルジェ・カシス」

ルジェ・カシスは、フランスを代表するカシスリキュールの銘柄である。1841年に近代的な製法としては初めてカシスリキュールとして販売された、カシスリキュールの元祖として知られている。甘くフルーティーな味わいは誰にとっても飲みやすく、カクテルだけでなくスイーツの風味付けにもぴったりだ。自宅でカシスオレンジを作る際は、ぜひルジェ・カシスから試してみてほしい。
おすすめ商品

キリンビール「スミノフ・レッド」

スミノフ・レッドは、1864年にロシアで生まれたウォッカの銘柄である。原料の質にこだわって作られており、一切の雑味がないクリアな味わいが特徴だ。その品質はロシア皇帝からも認められる正統派である。スクリュードライバーのベースには、ぜひスミノフ・レッドをおすすめしたい。
おすすめ商品

結論

オレンジのカクテルには多くのバリエーションがあり、誰にとっても飲みやすい味わいに仕上がることから、お酒の苦手な人や女性にもおすすめできるカクテルであることを知ってもらえただろう。まだオレンジのカクテルを飲んだことがないという人は、まずは本記事で紹介した簡単な作り方のカクテルから味わってみてほしい。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年6月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング