このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チャミスルの種類をさまざまな角度から解説!飲み方やグラスも紹介

チャミスルの種類をさまざまな角度から解説!飲み方やグラスも紹介

投稿者:ライター 森本泰斗(もりもとたいと)

鉛筆アイコン 2021年9月29日

チャミスルとは、韓国で誕生したお酒の銘柄である。近年の韓流ドラマやK-POPの流行もあって、スーパーマーケットなどでも日常的に並ぶことが多くなったので、目にしたことがある人も多いのではないだろうか。本記事ではチャミスルの種類について、さまざまな角度から解説していこう。チャミスルとはどのような種類のお酒なのか、またフレーバーや割り方の種類、おすすめのグラスの種類まで、一挙紹介する。

  

1. チャミスルはどんなお酒の種類なの?

チャミスルという名前を聞いたことがあっても、一体どのような種類のお酒なのか知らないという人もいるだろう。まずはチャミスルの基礎知識から、しっかりと覚えておきたい。

チャミスルはどんな種類のお酒?

チャミスルはお酒の種類では、焼酎に分類される。同じ焼酎のJINROで幅広く名を知られるメーカー、眞露が販売している。日本の焼酎とは異なり、360mlの小瓶入りで販売されているので、焼酎と聞くと意外かもしれない。しかし韓国では、焼酎は360mlの小瓶入りが一般的であり、チャミスルをはじめさまざまな銘柄の焼酎が販売されている。一目ではお酒とは思えないような緑色の小瓶とシンプルなラベルデザインで、さまざまな種類のフレーバーもラインナップされていることから、女性にとっても抵抗感なく手にとりやすいお酒といえるだろう。ちなみに、焼酎は焼酎乙類(単式蒸留焼酎)や焼酎甲類(連続式蒸留焼酎)などの種類に分けられるが、チャミスルは焼酎の中でも焼酎甲類にあたる。竹炭を用いて、ろ過の工程を4回も行って造られるので、透明感のあるすっきりとした味わいに仕上がっていることが特徴だ。またチャミスル同様、韓国の焼酎はほとんどが焼酎甲類であることも頭に入れておこう。

2. チャミスルのフレーバーの種類

チャミスルの種類はひとつではなく、さまざまなバリエーションが用意されているので、自分の好みを見つけやすいことも人気のポイントである。本項では、お酒の得意でない人や女性にとっても飲みやすい、フレーバータイプのチャミスルをいくつか紹介していこう。またこれらの種類は「チャミスル・ハジメルシリーズ」とも呼ばれているので、初めてチャミスルを手にするという人にもおすすめだ。

チャミスル・グレープフルーツ

チャミスル・グレープフルーツは、フレーバータイプのチャミスルの定番商品である。グレープフルーツの酸味と甘みのバランスがよくとれており、すっきりとした飲み口が楽しめる。アルコール度数は13度となっている。

チャミスル・マスカット

チャミスル・マスカットもまた、チャミスルの定番フレーバーとして高い人気を誇っている。口に含むと鼻に抜けるマスカットのさわやかな香りと、やわらかな飲み口が特徴だ。アルコール度数は13度となっている。

チャミスル・すもも

チャミスル・すももは、まろやかな甘みとほどよい酸味のある味わいと、やさしく香るすももの上品な香りが特徴だ。普段はあまり見かけない、すもものフレーバーのような種類が用意されていることも、チャミスルならではである。アルコール度数は13度となっている。

3. チャミスルの割り方の種類

チャミスルをはじめ、韓国での焼酎の飲み方は、瓶ごと冷蔵庫でキンキンに冷やし、グラスに注いでグイッとストレートで飲むのが最もポピュラーだ。辛みが強く、味の濃い種類の韓国料理との相性がバツグンの飲み方であり、口の中をすっきりとリセットしてくれる効果もある。しかしストレートではアルコール感が気になり、どうしても飲みづらいという人もいるだろう。そこで本項では、おすすめしたいチャミスルの割り方の種類について解説する。お気に入りの種類の割り方で、チャミスルを自由に楽しんでほしい。

オン・ザ・ロック

オン・ザ・ロックは、とくにフレーバータイプのチャミスルと相性がよい。華やかな果実の香りを、よりひんやりとさわやかに楽しめる。ノーマルタイプのチャミスルの場合は、氷が少し溶け出したタイミングが飲み頃。ストレートでは飲みにくいという人でも、すっきりと飲みやすい。カットレモンを添えるのもおすすめだ。

水割り

水割りは、一般的な焼酎の水割り感覚で、手軽にチャミスルを楽しめる割り方である。チャミスルのクセのない透き通った味わいを、すっきりと楽しめる。仕上げにレモンをしぼり入れれば、食中酒としてもぴったりだ。

炭酸割り

炭酸割りは、焼酎ハイボールが好みの人をはじめ、フレーバータイプであればチューハイ感覚で飲めるので、女性にもぴったりの割り方である。暑い日にすっきりとお酒を楽しみたいシーンなどに、ぜひおすすめしたい。

4. チャミスルに合うグラスの種類

せっかくチャミスルを飲むのであれば、使用するグラスも本場流のものを選びたいところである。本項では、チャミスルに合うグラスの種類について解説していこう。とくに特別な種類のグラスではないので、近場でもすぐに揃えられることがポイントだ。

チャミスルに合うグラスの種類とは

韓国でチャミスルを飲む場合は、ガラス製のおちょこやショットグラスを使用することが一般的だ。韓国では焼酎は基本的にストレートで飲まれることが多いので、韓国のレストランでも、チャミスルと一緒にこれらが提供されることは普通である。ただしオン・ザ・ロックで飲む場合や、炭酸割りで飲む場合などは、自分好みの種類のグラスを使用しても問題ない。お気に入りのロックグラスやロンググラスを用意して楽しもう。

結論

チャミスルは焼酎に分類されるお酒であり、さまざまなフレーバーの種類が選べ、また割り方にもバリエーションがあることなどを解説した。チャミスルは韓国の国民酒とされるほど人気の焼酎なので、まだ飲んだことがないという人は、この機会にぜひ一度手にとってみてはいかがだろうか。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年9月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング