このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オレンジリキュールを徹底解説!飲み方やおすすめの銘柄などを紹介

オレンジリキュールを徹底解説!飲み方やおすすめの銘柄などを紹介

投稿者:ライター 森本泰斗

鉛筆アイコン 2021年10月12日

オレンジリキュールとは、名前の通りオレンジを原料に作られているリキュールである。幅広い用途で使用できることが特徴で、お酒として楽しむことのほかに、お菓子の風味付けとしても好まれている。本記事ではオレンジリキュールについて詳しく解説する。味や香りなどの基本的な特徴から、種類やカクテルレシピ、またおすすめの銘柄などを紹介していこう。

  

1. オレンジリキュールとは?味や香りなどの基本的な特徴を紹介

はじめに、オレンジリキュールとは一体どのようなリキュールなのか、またその味や香りはどのようなものなのか、基本的な特徴から解説していこう。

オレンジリキュールとは

オレンジリキュールとは、主にスピリッツやブランデーをベースに、オレンジの果皮や糖類などを加えて作られるリキュールである。口に含むと豊かに広がるオレンジの風味が特徴で、数多くのカクテルにも使用されるなど、フルーツ系リキュールを代表する種類として認知されている。

オレンジリキュールの歴史

オレンジリキュールはオランダで誕生したリキュールである。その歴史は古く、17世紀末ごろまでさかのぼる。オレンジリキュールは総称して「キュラソー」と呼ばれるのが一般的だが、当時オレンジリキュールの原料に使用されていたのが、オランダ領キュラソー島のビターオレンジであったことが名前の起源とされている。オランダ人がキュラソー島で育っていたオレンジを持ち帰り、リキュールの材料にしたことがオレンジリキュール誕生のはじまりだったのである。ちなみにキュラソー島は現在、カリブ海に浮かぶ人気のリゾート地としても知られている。

2. オレンジリキュールにはどんな種類がある?

オレンジリキュールの種類は、ひとつだけではない。オレンジリキュールの中から、さらに色合いや熟成方法などにより細かく異なるリキュールに分類されるのである。本項では、そんなオレンジリキュールの種類について解説していこう。

オレンジリキュールの種類

ここでは混同しないよう、一般的な呼称であるキュラソーという言葉も用いて、オレンジリキュールの種類について解説する。まず、オレンジリキュールを代表する種類である「ホワイトキュラソー」は、無色透明のリキュールだ。軽やかな甘みと、やさしく香るオレンジの風味が特徴である。対して、ブランデーをベースに樽熟成を加えた「オレンジキュラソー」は、濃いオレンジ色のリキュールとなっており、濃厚な風味と重厚感のある味わいが特徴である。次に覚えておきたいのが、ホワイトキュラソーに着色を加えた「カラーキュラソー」だ。カクテルの定番である「ブルーキュラソー」をはじめ、「レッドキュラソー」や「グリーンキュラソー」など、色とりどりの種類がある。オレンジリキュールには、これだけの種類があるということは頭に入れておこう。

3. オレンジリキュールのおすすめの飲み方は?合うお菓子も合わせて紹介

本項では、オレンジリキュールのおすすめの飲み方に加え、オレンジリキュールの風味と相性のよいお菓子についても解説する。お酒が飲めないという人でも、オレンジリキュールを楽しもう。

オレンジリキュールのおすすめの飲み方

オレンジリキュールの飲み方は、ストレートやロックというよりは、ソーダやトニックウォーターなどの割りものを加えて飲んだり、カクテルで飲むことをおすすめしたい。また、コーヒーのトッピングとして少量加えて飲むのも伝統的な楽しみ方である。

オレンジリキュールに合うお菓子

オレンジリキュールに合うお菓子には、さまざまな種類がある。ケーキなどの焼き菓子と相性がよいことはもちろん、生クリームやチョコレート、ゼリーなどに合わせても美味しく楽しめる。よく家庭でお菓子作りをするという人は、ぜひ一度香りのアクセントに、オレンジリキュールも使用してみてはいかがだろうか。自宅で本格スイーツの味わいを楽しんでみよう。

4. オレンジリキュールがベースのおすすめカクテルは?

オレンジリキュールを使用したカクテルには非常に多くのバリエーションがある。本項では、中でもとくに人気が高い定番の種類から、おすすめしたいオレンジリキュールのカクテルを紹介していこう。自宅で本格カクテルを楽しんでみてほしい。

チャイナブルー

チャイナブルーは、オレンジリキュールの中でもブルーキュラソーを使用したカクテルだ。ライチリキュール30ml、ブルーキュラソー10ml、グレープフルーツジュース90mlをグラスに注ぎ、軽く混ぜ合わせるだけで完成。青い色合いが涼しげな、女性からも人気の飲みやすいカクテルである。

サイドカー

サイドカーは、オレンジリキュールの中でもホワイトキュラソーを使用したカクテルだ。コニャックブランデー30ml、ホワイトキュラソー15ml、レモンジュース15mlをシェイクして、カクテルグラスに注いだら完成。ブランデーのコク深い味わいとホワイトキュラソーの酸味がマッチしたカクテルである。

レッドライオン

レッドライオンは、オレンジリキュールの中でもオレンジキュラソーを使用したカクテルだ。ヨーロッパの紋章のシンボル、赤いライオンから取って名付けられたという。ジン20ml、オレンジキュラソー20ml、オレンジジュース10ml、レモンジュース10mlをシェイクして、カクテルグラスに注いだら完成。柑橘系のさわやかな風味が弾けるカクテルである。

5. オレンジリキュールのおすすめ銘柄は?

最後に、オレンジリキュールのおすすめの銘柄をいくつか紹介していこう。本項で紹介する銘柄はどれも流通量が多いので、手に入りやすいことも特徴だ。ぜひ好みのオレンジリキュールを手にしてみてほしい。

コアントロー

コアントローは、ホワイトキュラソーを代表する銘柄である。無色透明のリキュールでありながら、しっかりとしたオレンジの風味があることが特徴だ。クセがなく、さまざまなカクテルとも合わせやすいので、これから初めてオレンジリキュールを手にするという人にもぜひおすすめしたい。

ボルス・ブルー

ボルス・ブルーは、ブルーキュラソーの中でもとくに流通量の多い銘柄である。その鮮やかな青色は、さまざまなカクテルを美しく演出してくれるだろう。また、ボルス・ブルーはただカクテルを色付けするだけではなく、力強いオレンジの風味も加えてくれる。カクテル作りが好きな人は、ぜひ持っておきたい銘柄だ。

グランマルニエ

グランマルニエは、「オレンジリキュールの最高峰」とも称される、オレンジキュラソーの銘柄である。気品あふれる濃厚な風味と、フルーティーな味わいが特徴だ。カクテルに使用されるのはもちろん、その濃厚な風味からお菓子作りにも広く利用されており、全国のパティシエからも高い評価を受けている銘柄だ。

結論

オレンジリキュールとは歴史の古いリキュールであり、種類にもさまざまなものがあるということを理解してもらえただろうか。カクテル作りをはじめ、お菓子作りでも利用できる万能リキュールなので、お酒が得意な人でもそうでない人でも、好みのスタイルでオレンジリキュールを楽しんでほしい。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年10月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧