このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
焼酎のコーラ割りについて徹底解説!意外な組み合わせを楽しもう

焼酎のコーラ割りについて徹底解説!意外な組み合わせを楽しもう

投稿者:ライター 森本泰斗

鉛筆アイコン 2021年10月28日

焼酎はストレートやオン・ザ・ロック、水割りなどの定番の飲み方をはじめ、さまざまな割りものと合わせても相性がよいお酒だが、コーラ割りを試したことがある人はいるだろうか。焼酎とコーラの組み合わせを意外に思う人は少なくないだろう。本記事では、焼酎のコーラ割りの基本的な解説から、飲むと太るのかということについて、またおすすめの飲み方やおすすめの銘柄まで詳しく紹介していこう。

  

1. 焼酎のコーラ割りとは?味や香りなどの基本的な特徴を紹介

はじめに、焼酎のコーラ割りとは一体どのような飲み方なのか、また味や香りなど基本的な特徴から解説していこう。実際に焼酎のコーラ割りを試してみる前に、基本を押さえておくことは大切だ。

焼酎のコーラ割りとは

焼酎のコーラ割りとは、その名前の通り焼酎をコーラで割り合わせるだけで完成のシンプルなカクテルだ。「焼酎ハイボールのコーラ味」という意味合いで、コークハイと呼ばれることもある。ベースとなる焼酎は基本的には甲類焼酎が使われることが多いが、芋焼酎や麦焼酎などの乙類焼酎をベースに作られることもあり、シンプルながら自由度が高いカクテルである。

焼酎のコーラ割りの味や香り

焼酎とコーラは和と洋の組み合わせだが、実は意外にも相性がよい。コーラの甘みが焼酎のアルコール感を消してくれるので、焼酎があまり得意でないという人にとっても飲みやすい、さわやかな味わいのカクテルに仕上がる。乙類焼酎をベースにした場合は、原料由来の香りもほのかに感じられるので、少し雰囲気を変えて焼酎のコーラ割りを楽しみたいときにおすすめだ。

2. 焼酎のコーラ割りは太る?

本項では、焼酎のコーラ割りを飲むと太るのかという疑問を、焼酎とコーラそれぞれのカロリーや糖質をもとに検証していこう。ダイエット中の人や糖質制限中の人は、よく確認しておいてほしい。

焼酎とコーラのカロリーを確認

コーラの100mlあたりのカロリーは45kcalであることに対して、焼酎の100mlあたりのカロリーは甲類焼酎で206kcal、乙類焼酎で146kcalと意外にも高い。焼酎はダイエット向きのお酒ともいわれるが、なぜコーラとこれだけのカロリーの差が出るのかというと、アルコールのカロリーが入っているためである。焼酎は平均して25度と高いアルコール度数のため、その分カロリーも高くなるのだ。しかし、このカロリーのほとんどは体内に栄養として蓄積されない「エンプティーカロリー」なので、焼酎のカロリーが直接的に太る原因になるとは考えられないのである。

焼酎とコーラの糖質とダイエットとの関係

次に糖質について解説するが、実はカロリーよりも糖質こそがダイエットと深い関わりがあるのだ。焼酎は甲類焼酎、乙類焼酎ともに糖質ゼロである。しかしコーラには100mlあたりで約11gの糖質が含まれているため、飲みすぎると多く糖質を摂取することになり、結果太る原因となるのである。ビールや日本酒を飲むと太りやすいといわれるのも、この糖質が原因なのだ。つまり、焼酎のコーラ割りは量を飲みすぎると太る可能性も考えられる。

焼酎のコーラ割りをヘルシーに楽しむ

ここまでの解説では、ダイエット中や糖質制限中の場合、焼酎のコーラ割りはおすすめできないということになるが、そんな人のためのアレンジ方法を紹介しよう。それは、使用するコーラをカロリーオフ、またはカロリーゼロタイプに変えるという方法である。まろやかな甘みとさわやかなのどごしはそのままに、焼酎のコーラ割りをより低カロリーで楽しめるのでおすすめだ。

3. 焼酎のコーラ割りのおすすめの飲み方は?

焼酎のコーラ割りのおすすめポイントとは、まず前述の通りベースになる焼酎の種類を自分好みに選べることや、コーラの種類もダイエット中の人はカロリーゼロタイプを選ぶなど、さまざまなアレンジができることだ。では、おすすめの飲み方とはどのようなものなのだろうか。本項では、焼酎のコーラ割りのおすすめの作り方に加え、仕上げのひと手間についても触れ、おすすめの飲み方を解説していこう。

焼酎のコーラ割りのおすすめの飲み方

焼酎のコーラ割りを作る際の焼酎とコーラの分量は、1:2あたりがおすすめだ。この分量を基本にして、自分の好みで分量を変えていけばよい。作り方のポイントは、まず氷を入れたグラスに焼酎を注ぎ、そこへコーラを注いでいくのだが、ここで氷に直接当たると炭酸が抜けてしまうので、グラスの内側に沿ってコーラを注ぐこと。もちろん混ぜすぎも炭酸が抜ける原因になるのでNG。グラスの氷を下からゆっくりと持ち上げるイメージで軽く混ぜ合わせるだけでよい。コーラと柑橘類は相性がよいので、仕上げにレモンやライムをしぼり入れるのもおすすめだ。よりさわやかな風味が楽しめる。手元に用意できなかった場合は、市販のボトル入りのレモン果汁でも代用可能。ぜひ実践してみよう。

4. 焼酎のコーラ割りにおすすめの銘柄は?

最後に、焼酎のコーラ割りにぜひおすすめしたい銘柄をふたつにしぼって紹介する。どちらも焼酎初心者の人にもおすすめできる銘柄なので、これから初めて焼酎のコーラ割りを飲む人は参考にしてほしい。

宮崎本店「亀甲宮焼酎」

亀甲宮焼酎は、宮崎本店が販売する甲類焼酎の銘柄である。「キンミヤ焼酎」の愛称で、古くから多くの居酒屋や飲食店の定番の焼酎として愛されてきた銘柄だ。とくに割りものと相性のよい甲類焼酎であり、コーラ割りにすることでまるでラムコークのような甘い風味も楽しめる。

三岳酒造「三岳」

三岳は、三岳酒造が販売する芋焼酎の銘柄である。原料には鹿児島産のコガネセンガンと地元屋久島の天然水が使用されており、クリアな飲み口と芋焼酎特有のクセのないすっきりとした味わいが特徴だ。コーラ割りとも相性がよく、これから初めて芋焼酎を飲むという人にもおすすめだ。

結論

焼酎のコーラ割りとはシンプルな飲み方ながら、さまざまなバリエーションの楽しみ方が存在するカクテルであることをわかってもらえただろう。焼酎ファンの人にはもちろん、普段焼酎を飲まない人や甘口のカクテルが好きという人にもおすすめできるので、まだ飲んだことがないという人は、ぜひ一度味わってみてもらいたい。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年10月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧