このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
第三のビールは身体に悪い?気になる添加物やおすすめの銘柄

第三のビールは身体に悪い?気になる添加物やおすすめの銘柄

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2021年10月21日

第三のビールは安価でビールの代わりに飲めるお酒として人気だが、身体に悪い添加物が含まれているものもある。本記事では注意したい第三のビールについて紹介し、健康的にビールを楽しむためのポイントやおすすめの銘柄を紹介していく。

  

1. 第三のビールは身体に悪い?理由や原因を解説

ビール類のお酒には通常のビール、発泡酒、第三のビールがある。この中でも第三のビールは身体に悪いという印象を持っている人もいるだろう。第三のビールは通常のビールのように多くの麦芽を使用していない。そのなかでビールのような味わいや飲みごたえを再現するため、多くの添加物を使用している場合がある。この添加物の中には人工甘味料やカラメル色素があり身体に悪いという主張がある。身体に悪いのではないかと思いながらお酒を飲むのはおすすめできないので、気になる人は成分表示を確認して購入するようにしよう。

2. 第三のビール以外に身体に悪い種類は?

第三のビールは身体に悪いのではないかと気になる人は、通常のビールか発泡酒を購入することになる。ところが発泡酒を選ぶときにも注意が必要だ。発泡酒にも第三のビールと同様に身体に悪いという主張がある添加物が多く含まれているものがあるからだ。

プリン体は身体に悪い?

第三のビールをはじめ発泡酒、通常のビールにも含まれるプリン体。プリン体ゼロの銘柄も販売されているが一概に身体に悪いというわけではない。

3. 第三のビールを安全に飲むにはどうしたら良い?

第三のビールを飲むときは成分表示をみて、身体に悪いとされている人工甘味料やカラメル色素が含まれていないか確認しよう。また個人の体質や健康状態によっては糖質やプリン体、カロリーが抑えられている第三のビールを選ぶのもよいだろう。

身体に悪い飲み方に注意

添加物などを確認しても飲みすぎてしまっては身体に悪い。第三のビールもアルコールが含まれているので適量を守って飲むようにしよう。

4. 第三のビールやそれ以外の身体に良い銘柄は?

第三のビールに含まれる添加物は身体に悪いという主張もあることを紹介してきた。ここでは身体に悪い銘柄を除いたおすすめを商品を紹介する。

キリンビール「淡麗グリーンラベル」

ビールの風味がしっかりと再現された糖質70%オフの発泡酒。身体に悪いとされる人工甘味料やカラメル色素不使用の安全な発泡酒。

サントリー「金麦<糖質75%オフ>」

人工甘味料、カラメル色素不使用の第三のビール。糖質を75%抑えたタイプで身体に悪い成分を取らずに糖質も抑えたいという人におすすめだ。

サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」

華やかな香りとコクが楽しめる上質な味わい。第三のビールや発泡酒ではなく本物のビールのため、もちろん人工甘味料やカラメル色素は不使用の安心のビールだ。

結論

第三のビールにはカラメル色素や人工甘味料といった身体に悪いとされる添加物が含まれているものがある。健康に気を遣う人は糖質オフやプリン体オフといった表示だけでなく、成分表示をチェックして添加物を確認してから購入してみよう。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年10月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧