このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ホワイトホース】の特徴や、ハイボールの美味しい作り方を紹介!

【ホワイトホース】の特徴や、ハイボールの美味しい作り方を紹介!

投稿者:日本酒ナビゲーター 大京寺諄(だいきょうじしゅん)

鉛筆アイコン 2021年11月23日

ホワイトホースはスコッチウイスキーの人気銘柄。モルトウイスキーとグレーンウイスキーがブレンドされており、スモーキーな香りが楽しめる。本記事でホワイトホースの基本的な特徴や銘柄の種類、美味しい飲み方を紹介する。

  

1. ホワイトホースとは?

ウイスキー
ホワイトホースとはスコッチウイスキーを代表する銘柄。モルトウイスキーとグレーンウイスキーがブレンドされている。

ホワイトホースの味わい

ホワイトホースの味わいはスコッチウイスキーらしいスモーキーな風味。まろやかな甘みも感じられ飲みやすい。

スコッチウイスキー

スコッチウイスキーはアイリッシュ、アメリカン、カナディアン、ジャパニーズと並んで世界5大ウイスキーのひとつ。このうちスコッチウイスキーは販売シェア43%(出典:IWSR2021)を誇る人気ぶりだ。スコッチウイスキーと名乗るにはスコットランド内で糖化、発酵、蒸留を行い、3年以上熟成されたものでアルコール度数40%以上という定義がある。厳格な定義によってその品質が守られているウイスキーだ。

ホワイトホースの発祥

ホワイトホースの始まりは1889年。ピーター・マッキーが叔父から蒸留所を引き継ぎ「ホワイトホース・セラー」という名前でブランドを展開した。その後いち早くスクリューキャップのボトル栓を採用するなどし、売り上げを拡大していった。

2. ホワイトホースの種類

ウイスキーの樽
ホワイトホースにはいくつか種類がありそれぞれ異なった特徴をもつ。

ホワイトホース ファインオールド

ホワイトホースの定番銘柄で、華やかでフレッシュな香りが特徴。まろやかでバランスのとれた味わいはハイボールにもおすすめ。

ホワイトホース 12年

ホワイトホースの12年熟成。日本限定で開発された銘柄で和食にも合わせやすい味わいが特徴。ストレートで飲めば、その深いまろやかさを強く感じられる。

ホワイトホース ゴールドエディション

2013年に限定で発売されたホワイトホース。スモーキーな香りが強く、バニラやカカオのようなニュアンスも感じられる。

3. ホワイトホースの美味しい飲み方

ハイボール
ホワイトホースはその豊かな香りを活かして、ハイボールで飲むのが気軽に挑戦しやすくおすすめだ。ジョッキを用意し氷をたっぷり入れたらホワイトホースとソーダを好みの分量で注ごう。目安はホワイトホース1に対してソーダ4程度だ。ホワイトホース12年を飲むときには、熟成された風味をそのまま楽しみたい人も多いだろう。普段はハイボールを飲むという人も、ストレートやトワイスアップ、ロックなど風味が強く感じられる飲み方で楽しんでみてほしい。

結論

ホワイトホースはスコッチウイスキーの人気銘柄のひとつ。モルトとグレーンがブレンドされたウイスキーで、世界中で愛されている。スモーキーな香りが特徴で和食にも合わせやすいので、晩酌用のウイスキーとして購入してみてはいかがだろうか。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年11月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧