このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カクテル

ホワイトレディーとはどんなカクテル?レシピや味の特徴を紹介!

投稿者:ワインエキスパート 白川茜

鉛筆アイコン 2021年12月25日

ホワイトレディーは、その名前の通り白い見た目が美しいジンベースのショートカクテルだ。アルコール度数は高めのやや辛口カクテルで、ほのかな甘みと酸味がありとても飲みやすい。この記事ではホワイトレディーがどういったカクテルか、ホワイトレディーの作り方やベース違いのカクテル、ジンを使った美味しいカクテルについて紹介する。

  

1. ホワイトレディーとはどんなカクテル?

カクテル
まずはホワイトレディーの歴史や味わいなど基本的な特徴についてみていこう。

ホワイトレディーの歴史

ホワイトレディーは今から100年以上前、ロンドンのシローズ・クラブで働くハリー・マッケンホルンというバーテンダーによって生み出された。当時はペパーミントリキュールをベースにしたカクテルだったそうだ。ハリー氏がパリに移動したあとジンベースのホワイトレディーを考案したところ、人気に火が付き世界中で愛飲されるカクテルのひとつとなった。

ホワイトレディーの味わい

ホワイトレディーはレモンジュースとホワイトキュラソーの清涼感と甘酸っぱさが感じられる、口当たりがよい味わいだ。アルコール度数が高めのショートカクテルの中では飲みやすいタイプといえるだろう。

ホワイトレディーのアルコール度数

ホワイトレディーのベースとして使われるジンは、種類にもよるがアルコール度数40度以上のものが一般的だ。副材料のホワイトキュラソーも40度前後とアルコール度数が高い。ホワイトレディーのアルコール度数は30度前後になるため、口当たりがよいからと飲みすぎないようにしたい。

ホワイトレディーのカクテル言葉

有名なカクテルはカクテル言葉を持っており、ホワイトレディーのカクテル言葉は「純心」だ。ピュアを象徴する白い色と甘酸っぱい味わいが、澄んだ心を思わせるのかもしれない。

2. ホワイトレディーのレシピと美味しい作り方

カクテルシェイカー
ホワイトレディーはシェークして作るカクテルのため専用のシェーカーが必要になる。シェーカーがあるとホワイトレディーの材料+ちょっとした副材料で作れるカクテルも広がるので、自宅にひとつ用意してみてはいかがだろうか。次はホワイトレディーの材料と作り方、作り方のポイントを紹介する。

材料

  • ジン 30ml
  • ホワイトキュラソー 15ml
  • レモンジュース 15ml

作り方

全ての材料と氷をシェーカーに入れ、20回ほどシェークする。冷やしておいたショートカクテル用のグラスに注ぎ入れれば完成だ。好みでレモンピールやオレンジピールを飾ればより香りも見た目も華やかに仕上がる。

ワンポイントアドバイス

ホワイトレディーのアルコール感や辛さが気になるという人におすすめのアレンジ方法がいくつかある。甘みを強くしたい場合は、使用するジンを減らしてその分ホワイトキュラソーを増やしてみよう。アルコール度数を下げたい場合は、レモンジュースの量を増やしたり、完成したホワイトレディーを炭酸水で割ってもよい。

卵白入りホワイトレディー

海外では基本のホワイトレディーのレシピに卵白も加えて作ることも多い。まろやかさが加わり、クリーミーな味わいが楽しめる。卵白を加えて作る場合はしっかりと混ざるようにシェークの回数を多めにしよう。

3. ホワイトレディーのベース違いカクテル

カクテル
ホワイトレディーのレシピは、ベースのお酒を変えるだけでほかの有名なカクテルに様変わりする。ベースのお酒以外はホワイトレディーと同じのため、ぜひここで紹介するカクテルも作ってみてほしい。

サイドカー

ホワイトレディーに使うジンをブランデーに変えると、サイドカーというカクテルになる。ブランデーの高貴な風味が楽しめる大人な味わいだ。また、ブランデーではなくウイスキーを使うとサイレントサードというカクテルになる。

バラライカ

ジンの代わりにウォッカを使えばバラライカというスッキリしたカクテルになる。ウォッカといえばロシアが本場であり、その代表的な弦楽器であるバラライカがカクテル名としてつけられた。

XYZ

少し変わったネーミングのカクテルで、アルファベットが表す通り「最後のカクテル」、つまりこれ以上はない最高のカクテルという意味を持つといわれている。ホワイトレディーに使うジンの代わりにホワイトラムを使った、高アルコールながら優しい味わいのカクテルだ。

4. ジンベースの美味しいカクテル5選

カクテル
ホワイトレディーのベースであるジンは、さまざまなカクテルに使われる万能なお酒だ。最後にホワイトレディー以外のジンを使った美味しいカクテルを5種類みていこう。

マティーニ

マティーニはカクテルの王とも呼ばれる、カクテルの逸品だ。ジンとドライベルモットを3:1でステアしてからグラスに注ぎ、最後にグリーンオリーブを飾る。ホワイトレディーよりも辛口のカクテルが飲みたいときに作ってみてほしい。とげのある美しさというカクテル言葉を持ち、シンプルながら完成された味わいを感じさせる。

ジントニック

さわやかでキレのあるカクテルの代表格といえるのがジントニックだ。氷を入れたグラスにライムを絞り、ジンを注いでトニックでグラスを満たす。強い意志、いつも希望を捨てない貴方へというカクテル言葉を持つので、重大な決断をするときや厳しい状況を乗り越えたいときに飲んでみてはいかがだろうか。

ジンバック

ジンバックはジンにレモンジュースを加え、ジンジャエールで割ったカクテルだ。ジンジャエールの甘みとほのかな生姜の辛み、炭酸が感じられとても飲みやすい。ジンバックは正しき心というカクテル言葉を持ち、隠しごとなく話せるような友人と飲んでほしいカクテルだ。

ジンリッキー

ジンリッキーは氷を入れたグラスにライム1/2個を絞り、ジンを加えて炭酸水で割ったカクテルだ。甘みがほとんどなく、フレッシュな爽快さが感じられる。素直な心という、素材の味わいが楽しめるピュアな味わいにぴったりなカクテル言葉を持つ。

ジンフィズ

ジン、レモンジュースと砂糖をシェークしてから炭酸水で割ったカクテルだ。カクテル名のフィズは、スピリッツと砂糖、レモンジュースをシェークして炭酸で割るカクテルにつけられることが多い。ジンフィズはあるがままにというカクテル言葉を持ち、はじける炭酸とさわやかな味わいによく合っている。

結論

ホワイトレディーは可憐で美しい見た目とあっさりした飲み口で多くの人から愛されるカクテルだ。ちょっとしたアレンジでほかのカクテルも作れてしまうのが嬉しい。また、ベースであるジンを使ったカクテルには飲みやすくアルコールの低めなものがたくさんあるので、ぜひ自宅で楽しんでみてほしい。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年12月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧