このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チャミスルのマスカット味を飲もう!おすすめの割り方などを紹介

チャミスルのマスカット味を飲もう!おすすめの割り方などを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年1月26日

チャミスルとは、JINROで名を知られる眞露が販売している、焼酎の銘柄である。韓国の国民酒とも称されるほど高いシェアを誇る銘柄であり、韓流ブームなどもあって日本でも広く流通しているので、目にする機会も多いだろう。チャミスルはノーマルタイプに加え、フレーバーが添加された種類も販売されているが、本記事ではそんなフレーバータイプの中からマスカット味に着目して、さまざまなポイントを詳しく解説していこう。

  

1. チャミスルのマスカット味が美味しい

マスカット
チャミスルのマスカット味は、フレーバータイプの中でも高い人気を誇る、定番の種類である。フレーバータイプのチャミスルは総称して「チャミスル・ハジメルシリーズ」ともいわれており、お酒が得意でない人をはじめ、女性でも親しみやすい味わいに仕上がっていることが特徴だ。では、美味しいと評判のチャミスルのマスカット味とは、一体どのような味わいなのだろうか。

チャミスルのマスカット味とはどんな味?

チャミスルの特徴とは、竹炭ろ過で磨き上げた、ピュアですっきりとした味わいがあることだ。口当たりがやさしく風味にクセがないため、本場韓国では食中酒の定番としても親しまれている。チャミスルのマスカット味は、そんなチャミスルならではの特徴はそのままに、マスカットのさわやかな香りとやさしい甘みが際立った、飲みやすい味わいとなっている。ノーマルタイプのチャミスルの場合、アルコール度数は20.1度だが、チャミスルのマスカット味をはじめ、フレーバータイプのチャミスルのアルコール度数は、すべて13度と低めであることも覚えておこう。
おすすめ商品

眞露 チャミスル・マスカット [焼酎 360ml]

2. チャミスルのマスカット味のカロリー

体重計
お酒を飲む際に、気になってしまうのがカロリーではないだろうか。とくにダイエット中や糖質制限中の人であれば、お酒選びは悩んでしまうところだろう。チャミスルは焼酎の中でも希釈式焼酎という種類で、これは焼酎甲類(連続式蒸留焼酎)のことを指す。焼酎には基本的に糖質が含まれていないため、チャミスルもノーマルタイプであれば糖質は気にせず飲めるといえるだろう。また、ノーマルタイプのチャミスルの100mlあたりのカロリーは約136kcalとなっている。では、チャミスルのマスカット味の場合、カロリーや糖質はどのように変わるのだろうか。

チャミスルのマスカット味のカロリーについて

チャミスルのマスカット味のカロリーや糖質に関しては、メーカーから公表されていないため細かいデータは不明であるものの、ノーマルタイプのチャミスルに比べてカロリー、糖質ともに高くなることは事実と考えられる。飲みやすいからと、ついつい飲み進めてしまうと、カロリーや糖質を過剰摂取してしまう原因にもなるので、チャミスルのマスカット味のようなフレーバータイプを飲む際は、適量を守って飲むよう心がけたい。
おすすめ商品

眞露 チャミスル・クラシック [焼酎 360ml]

3. チャミスルのマスカット味の割り方

グラスに入った炭酸
本項では、チャミスルのマスカット味の美味しい割り方を紹介していこう。また、本場韓国でのチャミスルの楽しみ方も含めて、詳しく解説する。自分好みの飲み方で自由に味わってほしい。

チャミスルの定番の飲み方とは

本場韓国でのチャミスルの楽しみ方は、ボトルごと冷蔵庫でよく冷やし、ガラス製のおちょこなどに注いでストレートで飲むのが定番だ。実際に韓国の料理店で焼酎をオーダーすると、ショットグラスも一緒に付いてくることは珍しくない。これはノーマルタイプのチャミスルだけでなく、チャミスルのマスカット味など、フレーバータイプでも好まれる飲み方なので、チャミスルを手にしたならまずはストレートから飲んでみることをおすすめしたい。

チャミスルのマスカット味の割り方とは

チャミスルのマスカット味の美味しい割り方は、まずはオン・ザ・ロックだ。ただ氷を入れるだけのシンプルな割り方ながら、マスカットのさわやかな香りがより引き立ち、清涼感がアップする。また、氷が溶け出すことでアルコール感も弱くなるので、ストレートでは飲みづらいという人もぜひ試してもらいたい。チューハイ感覚で楽しみたい人であれば、炭酸割りもおすすめだ。マスカットの香りがほどよく残り、さっぱりと飲めるので、食中酒にもぴったりである。また、これらの飲み方はチャミスルのマスカット味だけでなく、ほかのフレーバータイプのチャミスルすべてにも共通する美味しい割り方なので、覚えておこう。

4. チャミスルのマスカット味以外もおすすめ

焼酎
ここまでチャミスルのマスカット味について解説してきたが、マスカット味以外のフレーバーにはどのような種類があるのかという点も、気になるところだろう。最後に、チャミスルのマスカット味以外のフレーバータイプを一挙紹介していこう。

チャミスル・グレープフルーツ

チャミスルのグレープフルーツ味は、マスカット味とならんでチャミスルの定番のフレーバーだ。グレープフルーツの酸味とほのかな甘みのバランスが絶妙にとれた味わいで、根強い人気を誇っている。
おすすめ商品

眞露 チャミスル・グレープフルーツ [焼酎 360ml]

チャミスル・すもも

チャミスルのすもも味は、まろやかな酸味のある味わいと、上品なすももの香りが楽しめるフレーバーだ。日本のチューハイなどではあまり見かけない珍しいフレーバーが選べることも、チャミスルならではの特徴である。
おすすめ商品

眞露 チャミスル・すもも [焼酎 360ml]

チャミスル・ストロベリー

チャミスルのストロベリー味は、口に含むと広がるストロベリーの果実感と、甘酸っぱい風味が楽しめるフレーバーだ。フレーバータイプのチャミスルの中では、最も新しい種類である。
おすすめ商品

眞露 チャミスル・ストロベリー [焼酎 360ml]

結論

チャミスルのマスカット味は、フレーバータイプのチャミスルの中でも人気の種類であり、アルコール度数が抑えられていることから、誰にとっても飲みやすく仕上がっていることを知ってもらえただろう。まだチャミスルを飲んだことがないという人は、まずチャミスルのマスカット味から試してみてはいかがだろうか。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年1月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧