このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ウイスキーの個性あふれる香りはピートが影響している!?

ウイスキーの個性あふれる香りはピートが影響している!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

鉛筆アイコン 2022年2月11日

ウイスキー独有の香りを特徴づけるピートは、苔・ワタスゲ・藁・ヒースなどが約1,000年かけて堆積した腐植土だ。ピートの煙で麦芽を乾燥させ、いぶした香りが麦芽につくことでウイスキーならではのスモーキーな香りが生まれるという。ウイスキーを飲んだ人の感想に耳を傾けてみると「実にスモーキー」「ピート香がきいて美味しい」といった声があるが、実際はどういった風味なのだろうか。

  

1. ウイスキーの香りを特徴づけるピートとは?

ウイスキー独有の香りを特徴づけるピートの採掘方法は手作業で行う方法と機械を使用する方法があるが、手作業のほうがピートに湿り気がありスモーキーな風味が強くなるという。また掘り出したときは粘土状だが、乾かすと硬くなり燃焼性が増すのが特徴のひとつだ。このピートを焚いて大麦を乾燥させると香りが大麦麦芽に移る。これこそがウイスキー独特の香りであるスモーキーフレーバーとなり、ウイスキーの個性に影響を与える。

ピートをたくさん焚いて生まれるウイスキーの風味をピーティと表現するが、スモーキーとピーティの違いは何なのだろうか。世界のウイスキーブレンダーはスモーキーという香りを、ピーティ・メディシナル・ハーシュの3つに分類している。ピーティはスモーキーの中でとくに燻製のように香ばしいよい香りだ。メディシナルはピートに含まれる成分に由来した薬品のような香りのことで、ハーシュはあまり感じのよくない香りを指すという。

2. ピートのスモーキーさを感じられるウイスキー【タリスカー10年・アランマクリームーア】

次にピートのスモーキーさを感じられるウイスキーを紹介しよう。ひとつめはスコットランドのスカイ島で唯一の蒸留所で生み出される金色の蒸留酒のタリスカーだ。ピートをはじめ海潮の力強い香りやスモーキーな甘さがあり、男性的なモルトウイスキーでもある。味はフルーティーな香りの中にペッパーな風味があり、スモーキーかつスパイシーだ。ハイボールで飲むなら粗挽きこしょうをひとふりし、スパイシーさを楽しむのもありだろう。

次に紹介するピートのスモーキーさを感じられるウイスキーは、アラン島産の少量生産のウイスキーであるアランマクリームーアだ。アランらしいやわらかなボディに潮とピートが共演しており、普段のアランでは堪能できないピーテッドアランモルトの魅力を楽しめるという。香りはパイナップル・桃・ココナッツで、苺とのマリアージュも絶品らしい。

3. ピートのスモーキーさを感じられるウイスキー【ラガヴーリン・カネマラ】

次に紹介するピートのスモーキーさを感じられるウイスキーは、ラガヴーリンだ。特徴は蒸留所がアイラ島のラガヴーリン湾に面した場所にあり、ピートの香ばしさのみならず潮の香りがほのかに香る仕上がりになっている。とくにウイスキーの愛好家からアイラモルトの決定版と賞賛されているという。ラガヴーリンの熟成期間は16年以上で平均的ではあるが、海藻のようで草っぽいスモーキーさが魅力のひとつだ。

最後に紹介するピートのスモーキーさを感じられるウイスキーは、カネマラだ。カネマラとはアイルランドの西にある大西洋に面したカネマラ国立公園がある地名である。海のみならず湖にも囲まれており、アイルランドの原風景が残る地だという。そんなアイルランドのウイスキーは発芽していない大麦と麦芽が原料で、蒸留は3回行われている。初心者でも飲みやすく軽やかで少し甘みがあるのが特徴だ。しかしカネマラはピートを用いて麦芽を乾燥してから2回の蒸留を行っており、ピート香が漂うウイスキーに仕上がっている。

結論

ウイスキーにはフルーティーで飲みやすいものから、ピートのスモーキーさを感じられるものまで味や香りのバリエーションが実に豊かだ。いろいろなウイスキーを味わい続けるうちに奥深いスモーキーなウイスキーにたどり着く人もいるだろう。よりスモーキーなフレーバーを堪能したいなら風味を深く味わえるグラス選びも大切だ。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年2月11日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧