このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビール

ビールの糖質は高い?ほかのお酒との比較や大手ビールを徹底解説!

投稿者:日本酒ナビゲーター 大京寺諄(だいきょうじしゅん)

鉛筆アイコン 2022年3月26日

糖質を気にして、ビールではなくウイスキーや焼酎を飲んでいるという人もいるだろう。しかしビールの糖質は100mlあたり3.1gと特別高いわけではない。ビールの量やおつまみに気を遣えば、ビールそのものの糖質は過剰に気にする必要はない。本記事ではビールのカロリーや糖質をほかのお酒や具体的な銘柄で解説していく。

  

1. ビールのカロリーと糖質をほかのお酒と徹底比較!ビールは太る原因とはホント?

ビール
ビールは食事との相性もよく、普段の晩酌に愛飲しているという人も多いお酒ではないだろうか。ここでは気になるビールのカロリーと糖質を解説する。

ビールの糖質

各お酒100mlあたりの糖質は以下の通り。ビールの糖質は特別高いというわけではないが、糖質を多く含むおつまみを食べる場合には注意が必要だ。
  • ビール: 3.1g
  • ワイン:2.0g
  • 梅酒:20.7g
  • 日本酒:4.9g
  • 焼酎:0g
  • ウイスキー:0g
  • ブランデー:0g

ビールのカロリー

各お酒100mlあたりのカロリーは以下の通り。カロリーはアルコール度数に比例して高くなるため、焼酎やウイスキーの方が高くなる。
  • ビール(4~5%): 40kcal
  • ワイン(10~11%):73kcal
  • 梅酒(13%):156kcal
  • 日本酒(15~16%):103kcal
  • 焼酎(25%):146kcal
  • ウイスキー(40%):237kcal
  • ブランデー(40%):237kcal

ビール1杯分の糖質

ビール1杯分の糖質は350mlで10.9g、500mlでは15.5gとなる。居酒屋などで提供される中ジョッキは、一般的に350mlから500ml程度となっているので、糖質制限をしている人は参考にしてほしい。

2. ビールの糖質とカロリーを大手4社で徹底比較!

ビール
ビールの糖質やカロリーは、銘柄によってやや違いがある。ここでは大手4社のビールを比較する。

ビールの糖質とカロリー|アサヒビール

アサヒビールの代表的な銘柄の糖質とカロリーをみていこう。

・アサヒスーパードライ

アサヒスーパードライ100mlあたりの糖質は3.0g、カロリーは42kcal。

・アサヒドライプレミアム豊醸

アサヒドライプレミアム豊醸100mlあたりの糖質は3.1g、カロリーは49kcal。

・アサヒ ザ・ダブル

アサヒ ザ・ダブル100mlあたりの糖質は2.3g、カロリーは39kcal。

ビールの糖質とカロリー|キリンビール

キリンビールの代表的な銘柄の糖質とカロリーをみていこう。

・キリン一番搾り生ビール

キリン一番搾り生ビール100mlあたりの糖質は2.6g、カロリーは40kcal。

・キリンラガービール

キリンラガービール100mlあたりの糖質は3.0g、カロリーは41kcal。

ビールの糖質とカロリー|サントリービール

サントリービールの代表的な銘柄の糖質とカロリーをみていこう。

・ザ・プレミアム・モルツ

ザ・プレミアム・モルツ100mlあたりの糖質は3.7g、カロリーは47kcal。

・~ザ・プレミアム・モルツ~ マスターズドリーム

~ザ・プレミアム・モルツ? マスターズドリーム100mlあたりの糖質は4.2g、カロリーは48kcal。

ビールの糖質とカロリー|サッポロビール

サッポロビールの代表的な銘柄の糖質とカロリーをみていこう。

・サッポロ生ビール黒ラベル

サッポロ生ビール黒ラベル100mlあたりの糖質は2.9g、カロリーは40kcal。

・ヱビスビール

ヱビスビール100mlあたりの糖質は3.0g、カロリーは42kcal。

・サッポロ クラシック

100mlあたりの糖質は2.8g、カロリーは40kcal。

3. ビールの糖質オフや糖質ゼロとは?

ビール
ビールの糖質を気にする人にとって、有力な選択肢となるのが糖質オフや糖質ゼロのビール。ここでは糖質オフや糖質ゼロのビールが、一般的なビールとどのような違いがあるのか解説していく。

ビールの糖質オフとは?

一般的なビールの糖質は100mlあたり3.1g程度であるが、糖質オフビールは糖質が2.5g以下か一般的なビールよりも25%以上糖質を減らしたもの。

ビールの糖質ゼロとは?

糖質ゼロのビールは100mlあたり糖質が0.5g以下のもの。商品によっては完全に0というわけではないので、注意しよう。

糖質ゼロのビールなら糖質制限中でも飲んでいいの?

糖質ゼロのビールであれば、糖質制限中でも楽しむことができる。しかし、ビールを飲むことで食欲が増すため、合わせるおつまみには注意が必要だ。

4. 糖質オフ&糖質ゼロビールのおすすめ5選を紹介!

乾杯
これまでビールの糖質について解説してきたが、最後に糖質オフや糖質ゼロのビールでおすすめの商品を紹介する。

キリンビール キリン淡麗グリーンラベル

糖質を70%カットしたビールで、雑味のない味わいが特徴。アルコール度数は4.5%で、さまざまな食事と合わせやすい。

キリンビール キリン一番搾り糖質ゼロ

一番搾り麦汁を贅沢に使用した糖質ゼロビール。雑味の少ない味わいでさまざまな食事と合わせやすい。

サッポロビール サッポロ極ゼロ

糖質ゼロだけでなく、プリン体、人工甘味料も含まないビール。アルコール度数は5%となっており、しっかりとした飲みごたえが楽しめる。

アサヒビール クリアアサヒ 贅沢ゼロ

糖質ゼロの新ジャンルビール。麦のうまさがしっかりと感じられる贅沢な風味。

サントリー 金麦糖質75%オフ

麦の美味しさがしっかりと感じられる糖質オフビール。人口甘味料や香料を使用していない自然な風味が楽しめる。

結論

ビールを飲むときに糖質が気になるという人も多いだろう。しかしビールの糖質は特別高いわけではないので、食事量をコントロールして美味しくビールを飲むことをおすすめしたい。糖質オフや糖質ゼロのビールも販売されているので、食事の糖質が高いときには活用するのも選択肢のひとつだ。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年3月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧