このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

水分はトマトだけ!?
野菜の甘みが染み出すラタトゥイユ

レシピ提供者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2018年3月 3日

トマトの酸味と甘みが特徴的なラタトゥイユ。水分豊富な夏野菜がたっぷり使われているため、是非食べてもらい。食欲が落ちたり、冷たいものの取りすぎでお腹が冷える夏にはおすすめの一品だ。

  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
Step1

野菜はゴロッと感を残す

トマトはざく切りにし、他の野菜は3cm角に切る。切っている間にトマトの水分が逃げすぎないよう注意しておこう。ズッキーニと茄子はアク抜きのため塩(分量外)をふっておこう。にんにくは半分に切り芯を取る。
Step2

野菜をしっかりと炒めろ!

フライパンに、オリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかける。にんにくの香りがしてきたら玉ねぎを加え約3分じっくりと炒めよう。油がからまったらパプリカ・ピーマンを追加して炒め、ペーパーで水気をふいたズッキーニと茄子を入れて炒める。
Step3

汁気がなくなるまで煮詰めよう

トマト・ちぎったバジルの葉・塩・こしょうを加えたら蓋をし、中火で15分加熱する。15分後蓋をとったら、汁気がなくなるまで混ぜながら煮詰める。夏はトマトの水分が多いので、水やダシなど加えず、トマトの水分と野菜の甘みだけで作るのがポイントだ。

完成!

完成したラタトゥイユは、そのまま食べても良いし、パンなどにのせても良い。夏におすすめの作り方なので、そうめんにトッピングして洋風そうめんにしても美味しいだろう。食欲が落ちやすい夏の朝食にオムレツとして出させば、いつもよりちょっと贅沢な朝の時間を過ごせるかもしれない。

材料 材料

4人分

  • トマト2個 ※良く熟したものが良い
  • ズッキーニ 1本
  • 玉ねぎ1個
  • 茄子2本
  • パプリカ1個
  • ピーマン2片
  • にんにく大さじ2
  • オリーブオイル小さじ1/4
  • 少々
  • こしょう4枚
  • バジルの葉2個 

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ