このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

切って混ぜるだけの簡単
ハワイアンアヒポキでリゾート飯

レシピ提供者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2018年5月 5日

「アヒ」はハワイ語でマグロ、ポケとはハワイ語で「切身」を意味する言葉。ハワイではもともと生の魚を食べる習慣があったが、19世紀に日本からの移民の影響で醤油やワサビなどを使った現在のようなかたちになった。日本の漬けとの最大の違いはごま油! つまみとしてそのまま食べるのも良し、ごはんの乗せれば丼にもなるのでぜひ試してみてほしい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
Step1

魚を切るときは包丁の使い方が重要

マグロを1-2cm角になるように切る。
魚を切るときの基本は引き切りで、包丁を引くように切る。こうすれば魚への包丁による圧力のダメージが少ないので、断面が美しく魚の食感をしっかりと感じることができる。また包丁の切れ味も重要で、切れない包丁で素材の繊維をつぶしてしまうと苦みが増加し、旨味が減少する。包丁の切れ味と切り方だけで見た目だけではなく味まで変わってしまう。「ただ切るだけ」なだけにこだわりたいポイントである。
Step2

味付けはしっかりつける

塩、しょうゆ、ごま油とマグロをよく混ぜ合わせる。その後、みじん切りにした玉ねぎ、刻みねぎ、白ごま、わさび、ニンニクを加えよく混ぜる。味をなじませるため15-30分ほど冷蔵庫で寝かせる。このとき、浸透圧の影響でマグロや玉ねぎなどの水分が出てくるのですこし味が薄まりやすいので、塩やしょうゆはしっかり目に味付けしておくとよい。
Step3

温度で味が変わる!

冷蔵庫から取り出し、すこし常温に戻し、ニンニクを取り除いてから器に盛りつける。
このとき、温度の状態により味の感じ方に大きな違いが出るので注意!冷たい状態の場合はマグロの食感を楽しむ食べ方。15℃くらいからマグロの油や甘味を存分に感じられるようになってくる。これはマグロが生息する海水温が15~28℃程度なので、マグロにとって一番自然な温度になるからである。

完成!

アヒ(マグロ)以外のポケもたくさあるので、ぜひ色々なもので試してみてほしい。
他の定番だと、カツオ、タコ、ムール貝などがある。また一緒に合わせる食材として、海藻(わかめ、おかひじき、おごのり、など)、山菜、キムチなどを刻んで合わせるものもある。ほかにも、マヨネーズやしょうがなど、味付けにアレンジを加えたものなど、食べ殻のバリエーションはかなり自由である。

材料 材料

4人分

  • マグロのさく200g
  • 玉ねぎ小1/2こ
  • 刻みネギ30g
  • 少々
  • しょうゆ大さじ1~
  • ごま油大さじ2
  • わさび小さじ1/2~
  • いりごま小さじ1
  • にんにく1片

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ