このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

アレルギーでも食べれるグルテンフリー
ペンネのアマトリチャーナ

レシピ提供者:
シェフ キムラカズヒロ (きむらかずひろ)

2018年9月15日

小麦アレルギーでも食べられるし、近年ではパスタの生まれたイタリアでもグルテンフリーがひとつのジャンルとして確立してきている。主な原材料としては、とうもろこし粉や米粉が使われていることが多い。体への負担が軽いといわれているグルテンフリーのパスタを使ってアマトリチャーナ、ベーコンと玉ねぎをトマトで煮込んだソースを作ってみよう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
Step1

ベーコンはしっかり炒める

フライパンにオリーブオイル油を大さじ1をしき、棒状に切ったベーコンを入れ弱火でじっくり加熱する。
ベーコンを弱火でじっくり炒めることで、水分を飛ばし、旨味をしっかり凝縮させている。
逆にあっさりしたほうが良い場合は、ベーコンは軽く炒める程度でよい。
Step2

トマトと一緒に煮込む

ベーコンの表面が濃い茶色になるまでしっかり炒めたら、くし切りを半分したたまねぎを加え、さらに良く炒める。玉ねぎがうすく透き通ってきたら、トマト缶を加える。
玉ねぎも同様、水分を飛ばし旨味を凝縮させるイメージで炒めていく。
Step3

仕上げはしっかり乳化

鍋にお湯を沸かし、沸騰したら塩を入れペンネを表示時間から2分引いた時間ゆでる。塩の量は3Lの水に塩大さじ2杯(30g)が目安。
茹で上がったらしっかり湯切りし、ソースのフライパンに入れよくかき混ぜる。
軽く煮込むように加熱し、味を調え、表面に光沢が出る程度にオリーブオイルを加え、皿に盛りつける。

完成!

グルテンフリーは小麦アレルギーへの対応だけでなく、様々な症状に対して効果があるといわれている。小麦アレルギーの有無にかかわらず、健康のために少し試してみるのもよいかもしれない。今回使ったパスタはトウモロコシ粉と米粉を使ったなので、歯切れが良い食感である。

材料 材料

4人分

  • グルテンフリーペンネ250g
  •   
  • たまねぎ1個
  • ブロックベーコン200g
  • トマト缶詰1缶
  •   
  • 適量
  • こしょう適量
  • バージンオリーブオイル適量

レシピ提供者プロフィール

シェフ/food arranger
キムラ カズヒロ

ケータリングや料理教室、レシピ開発、プロデュース、フードスタイリングなど食に関する様々な分野で活躍。テレビラジオなどメディア出演も多数。著書『「使い切る」ための4つのアイデアと50のレシピ』

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ