このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

30分でできる超簡単
かぼちゃコロッケ

レシピ提供者:
シェフ キムラカズヒロ (きむらかずひろ)

2018年10月22日

コロッケといえば、じゃがいものコロッケやカニクリームコロッケがスタンダード。しかし、ほかの食材でもコロッケは簡単に作れてしまう。秋冬のかぼちゃが美味しくなってくる時期はもちろん、冷凍かぼちゃを使えば一年中楽しむこともできる。成形やパン粉付けなどは家族で楽しく作ってみよう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
Step1

簡単だけど大切な下処理

冷凍かぼちゃを耐熱皿に入れ、レンジで柔らかくなるまで加熱する。600wで5分が目安だが、ご家庭の使用しているレンジの環境によるので2分ずつ加熱するなど、様子を見ながら調整する。
フライパンに油をしき、みじん切りにした玉ねぎ入れ、表面がうっすら透明になるまで炒める。ひき肉を加え、2つまみ程度塩コショウで下味をつける。
かぼちゃが柔らかくなったら全体に塩を振り、木べらでほぐすように混ぜる。
大きな塊がなくなったら炒めた玉ねぎとひき肉を加えよく混ぜる。
粗熱が取れるまで冷ます。
Step2

成形は優しく包み込むように

粗熱が取れたら、8こに分割し、俵型に成形する。
左手の親指以外の4本をくっつけ、棒を握るようなイメージで包みながらコロッケを成形していく。卵はよく溶き、薄力粉と水を大さじ1ずつ加えよく混ぜておく。
成形したコロッケに、薄力粉、卵液、パン粉の順で衣付けする。
Step3

揚げるのは色づける程度

揚げ鍋に油いれ、180℃になるまで加熱する。
コロッケをいれたら、3-5分揚げる。中身は火が入っているので、表面がしっかり色づく程度で問題ない。
コロッケが揚がったら、油切りのために一度ザルの上にあげ1-2分待ってからお皿に盛りつける。

完成!

冷凍かぼちゃは一年中手に入り、皮ごと簡単に使えるので実はとても便利な食材の一つである。
生のかぼちゃを使う場合は、手順は同じだが、皮が分厚い場合には取り除いてもよいかもしれない。
衣付けしていない状態でも美味しく食べられるので、お弁当おかずや翌日に食べてもよい。

材料 材料

4人分

  • 冷凍かぼちゃ500g
  • 豚ひき肉150g
  • 玉ねぎ1/2個
  • 薄力粉適量
  • 1こ
  • パン粉適量
  • 適量
  • こしょう適量
  • 揚げ油適量

レシピ提供者プロフィール

シェフ/food arranger
キムラ カズヒロ

ケータリングや料理教室、レシピ開発、プロデュース、フードスタイリングなど食に関する様々な分野で活躍。テレビラジオなどメディア出演も多数。著書『「使い切る」ための4つのアイデアと50のレシピ』

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ