このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ご飯にもお酒にも合う!
簡単な牡蠣の佃煮

レシピ提供者:
シェフ キムラカズヒロ (きむらかずひろ)

2018年12月29日

生ガキ、焼きガキ、蒸しガキ、鍋やパスタなど、牡蠣を使った料理はいろいろあるが、ちょっと贅沢な牡蠣の佃煮も実は簡単にできてしまう。普段の食事のプラス1品にも、酒の肴にも、ごはんのお供にも万能選手の牡蠣の佃煮を作ってみよう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
Step1

牡蠣を洗う

牡蠣をザルにあけ、たっぷりの塩をかけ、和えるように混ぜ合わせる。
全体がなじんだら、水を溜めたボウル中ですすぐように洗う。
3回ほど繰り返し、よく水を切っておく。
Step2

煮汁を作る

鍋に酒を入れ火にかけ沸騰させ、アルコールを飛ばす。しょうゆ、砂糖、水を加えひと煮立ちさせたら牡蠣を加え、さらにもうひと煮立ちさせる。あくを取り除き、しょうがを加え煮込む。火は中火で、ふつふつと沸騰している状態をキープ。火が強いと香りが飛んでしまい、弱いと生臭みが残るので、火加減に注意。
Step3

水分がなくなるまで煮込む

水分がなくなるまで煮込んだら、味見をして、塩、しょうゆ、砂糖などで味を調える。
器に盛り付け、カイワレを乗せて完成。

完成!

できたてのあつあつもおいしいが、一晩寝かせて味がじっくり染み込んだ佃煮もまたたまらなく美味しい。冷蔵庫で4-5日は保存できるので、多めに作って保存しておけば、ごはんにも、お茶漬けにも、お酒の肴にもなる。

材料 材料

4人分

  • 牡蠣800g
  • 100cc
  • 砂糖20g
  • 50cc
  • しょうが小さじ2~
  • カイワレ少々
  • 適量

レシピ提供者プロフィール

シェフ/food arranger
キムラ カズヒロ

ケータリングや料理教室、レシピ開発、プロデュース、フードスタイリングなど食に関する様々な分野で活躍。テレビラジオなどメディア出演も多数。著書『「使い切る」ための4つのアイデアと50のレシピ』

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ