このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

丸ごと1個使うカブとアンチョビのスパゲッティ

レシピ提供者:
シェフ キムラカズヒロ (きむらかずひろ)

2019年5月30日

寒い季節にとれるカブは甘味が強く濃厚になってくる。そんなカブを皮から茎・葉っぱまで余すことなく使い切るカブを丸ごと使ったパスタを紹介。イタリアンのはずなのに、なぜか和を感じる大人から子どもまで大満足な一品を作ってみよう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
Step1

カブをすりおろす

カブのへたを切り落としよく洗う。カブはおろし金で皮ごとすりおろす。
葉と茎は刻んでよく洗い、軽く塩もみをしておく。へたの部分には泥や土が付着していることが多いので、洗う際によく気を付けて洗うようする。
Step2

ソースをつくる

フライパンにアンチョビをオイルごと入れ、弱火にかける。
アンチョビをほぐすようにゆっくりと火にかける。火が強いとアンチョビがはじけ、焦げやすいので注意する。
全体がほぐれ、香ばしい香りが出てきたらすりおろしたカブとカブの汁を加え、沸騰させる。水分が少ないようであればひたひた程度に水を加え軽く煮込む。
Step3

オイルをしっかり入れて乳化させる

鍋にお湯を沸かし、3Lに対して30g(1%)の塩を入れ、スパゲッティを表示時間より2分早くゆでる。茹で上がったらフライパンに移し、よく混ぜ合わせ、刻んだ茎と葉っぱ、EXバージンオイルを加え、しっかり乳化させる。目安はソースがキラキラと輝いた状態。塩コショウで味を調え、皿に盛りつける。

完成!

茎や葉っぱも活用することで、少ない食材でも彩りと食感がプラスされる。さらに、カブの根は淡色野菜で葉は緑黄色野菜なので、根には入っていなかったり特に葉のほうに多く含まれるβカロテン・ビタミン・鉄分・食物繊維なども摂取できる。また、スパゲッティ以外にも、オレキエッテやファルファレなど、普段使わない少し変わったパスタで挑戦してみるのも面白いのでチャレンジしてほしい。

材料 材料

4人分

  • カブ(大)2こ(小さければ4こ)
  • スパゲッティ400g
  • アンチョビ1缶
  • EXバージンオイル大さじ2~
  • 適量
  • こしょう適量

レシピ提供者プロフィール

シェフ/food arranger
キムラ カズヒロ

ケータリングや料理教室、レシピ開発、プロデュース、フードスタイリングなど食に関する様々な分野で活躍。テレビラジオなどメディア出演も多数。著書『「使い切る」ための4つのアイデアと50のレシピ』

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ