このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

旬の春を詰め込んだアサリと春野菜のスパゲッティ

レシピ提供者:
シェフ キムラカズヒロ (きむらかずひろ)

2019年5月30日

海では春の産卵を控えた時期のアサリは身が肥えとてもおいしくなる。また野菜は緑の香りや柔らかく甘いものが増えてくる。そんな春らしい食材を一皿に詰め込んだスパゲッティを作ってみよう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
Step1

アサリは軽く炒める

フライパンにみじん切りにした玉ねぎとスライスしたカブ、バターを入れ火にかけ炒める。野菜がうっすら透明になるまで炒めたら、アサリとプチトマトを加え強火で炒める。ぱちぱちと音がしてきたら、水を入れアサリの口が開くまで煮る。
Step2

緑の野菜は加熱しすぎない

エンドウ豆は筋を取り、いんげん豆は細く切り、カブの葉は3cmくらいにカットする。
フライパンの中のアサリの口が開いたら、火を止め緑の野菜を加えよく混ぜる。
緑の野菜は加熱しすぎると色が変わってしまうので、火を入れすぎないように途中から入れる。
Step3

仕上げは手早く

パスタは、大き目のなべにお湯を沸かし、お湯2Lに対して20g(1%)の塩を加えゆでる。
表示時間より2分早く取り出し、フライパンに移し強火にかける。
水分を煮絡めながら、exバージンオイルを加え、良くかき混ぜ乳化させていく。
最後にハーブを少し加え、お皿に盛り付ける。

完成!

市販のアサリは砂抜きされていることが多いが、潮干狩りでとってきたアサリは砂抜きが必要になる。水500ccに対して15g(3%)の塩水を作り、その中にアサリを入れ、アルミホイルをかぶせ静かな場所に置く。30分から1時間ほどで取り出し、流水でアサリの殻をこすり合わせるようによく洗い流すと、アサリの下処理は完成。

材料 材料

2人分

  • バター20g
  • たまねぎ1/4こ
  • あさり200g
  • エンドウ6つ
  • インゲン4本
  • プチトマト10こ
  • パスタ200g
  • exバージンオイル大さじ2~
  • バジル1枚
  • ミント1枚
  • 適量
  • こしょう適量

レシピ提供者プロフィール

シェフ/food arranger
キムラ カズヒロ

ケータリングや料理教室、レシピ開発、プロデュース、フードスタイリングなど食に関する様々な分野で活躍。テレビラジオなどメディア出演も多数。著書『「使い切る」ための4つのアイデアと50のレシピ』

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ