このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【もち麦】は美味しくて栄養価も抜群!血糖値の上昇も抑える?

【もち麦】は美味しくて栄養価も抜群!血糖値の上昇も抑える?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2019年12月22日

偏った食生活や暴飲暴食などにより、糖尿病の発症が若年化しているといわれている。血糖値の上昇が気になり始めた‥‥そんな人に朗報!白米に「もち麦」を混ぜて食べるだけで、血糖値の上昇が抑えられるというのだ。そのメカニズムと食べ方を紹介しよう。

  

1. もち麦の機能と効果

もち麦は、大麦の一種でもち性の穀物。食物繊維の含有量が白米の25倍、玄米の4倍、ごぼうの2倍もある。もち麦の大きな特徴としては、β-グルカンという水溶性食物繊維を豊富に含むこと。このβ-グルカンは、善玉菌のエサになるため整腸作用があり、腸でゼリー状になるため糖の吸収を抑え、食後の血糖値上昇を抑える働きをする。また、強い粘性を持っているので、コレステロールを吸着し排出する手助けもしてくれる。長い目で見ると便秘解消やダイエットにも役立ちそうだ。

2. 調理の方法と食べるタイミング

もち麦を炊く分量は、白米1合に対して、もち麦50gの割合がオススメだ。1.5合分のもち麦ご飯が炊きあがる。

(1)白米1合を洗い、通常の炊飯器の目盛りの1合に合わせて水を入れる。
(2)もち麦50gは洗わずに、そのまま加える。
(3)軽くかき混ぜてから通常通り炊飯器で炊く。

玄米などの独特の食感が苦手という意見もよく聞くが、もち麦ご飯はもちもちして甘みがあると味の評判も良い。
もち麦自体を好みの硬さに茹で、サラダにプラスしてもよい。
もち麦の血糖値上昇抑制効果は、次の食事まで続くという。外食の場合、カロリーや糖質が高い食事になりがちなので、ランチがいつも外食という人は、朝食にもち麦入りのご飯を食べる習慣を取り入れてはいかがだろう。

結論

食物繊維が豊富で健康にもよい「もち麦」の栄養価と摂取の仕方について解説してきたがいかがだっただろうか?ぜひ日々の日常に積極的に取り入れてみてほしい!
  • 公開日:

    2017年6月18日

  • 更新日:

    2019年12月22日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧