このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

夏が食べ時のワンランク上のモッツアレラチーズ!?「モッツァレラ・ブッファラ」

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2017年7月31日

もっちりとミルキーでクセがなく、日本でも愛されているモッツァレラチーズ。じつは、ワンランク上のモッツァレラが存在するのをご存知だろうか。本場イタリアでは、「水牛」の乳でつくられたものだけが、本物のモッツァレラなのだ。

1. 希少価値も値段も高い!ブッファラの魅力とは

風光明媚なアマルフィ海岸やカプリ島が位置するカンパニア州で、18世紀頃に誕生したモッツァレラ。「引きちぎる」という意味の名称は、餅のように伸びるチーズを引きちぎって成形することに由来する。

近年、イタリアでも飼育の難しい水牛が減少し、牛の乳で作られるモッツァレラが増えているという。が、カンパニア州の中でも特にサレルノでは、水牛の乳を原料とする生産が盛んで「モッツァレラの里」と呼ばれている。水牛のモッツァレラである「モッツァレラ・ブッファラ」は、中身がとろりとミルキーで濃厚な味わいが特徴だ。

本場でも高級品のブッファラだが、日本ではチーズ専門店や輸入食品店などで空輸されたものが購入できる。チーズにも旬があり、モッツァレラは夏が食べ時。ぜひ、本物のモッツァレラであるブッファラをもとめたい。

2. 本場の食べ方を再現!ひと味違うカプレーゼ

いまや日本でも定番となったカプレーゼ。ブッファラを入手したら、ぜひこのカプレーゼにして味わってほしい。「カプリ島のサラダ」という意味のインサラータ・カプレーゼ。モッツァレラの白、トマトの赤、フレッシュバジルの緑が奏でるイタリアを象徴する前菜にして、モッツァレラの美味しさを最も堪能できる食べ方なのだ。

モッツァレラ・ブッファラとトマトを1センチ程の薄切りにし、交互に円を描くように重ねて並べ、バジルを散らす。オリーブオイルと塩を回しかければ、本場のカプレーゼの出来上がり!フレッシュな白ワインやロゼ、よく冷やしたスパークリングワインを合わせれば、自宅でバカンス気分を味わえるだろう。

結論

この夏、ぜひ定番にしたい本場のカプレーゼ。決め手はもちろん、モッツァレラ・ブッファラである。少しばかり小遣いが圧迫されても、ここぞという時は「水牛」がものをいう。男の料理は、このようなさり気ないこだわりがあってこそ輝きを放つのだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ