このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
「黒胡椒」と「白胡椒」。色や辛味が違うのはなぜ?使い分けは?

「黒胡椒」と「白胡椒」。色や辛味が違うのはなぜ?使い分けは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年2月27日

実は、黒胡椒(くろこしょう・ブラックペッパー)と白胡椒(しろこしょう・ホワイトペッパー)の原料は同じ。どちらもインド原産のコショウ科コショウ属の蔓性植物の実を乾燥させたものだ。にもかかわらず色や辛味、香りに違いがあるのは、収穫する時期と、収穫後の処理が異なるから。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 黒胡椒は未熟果の皮付き、白胡椒は完熟果の皮無し

黒胡椒は、熟す直前の緑の実を摘み、皮ごと天日や火力で乾燥させたもの。一方、白胡椒は、実が完熟して赤くなるのを待って摘み、水に浸して皮を軟らかくしてから取り除き、その後に乾燥させたものだ。胡椒の辛味の素は主に「ピペリン」というアルカロイドで、香りの元は主に「胡椒油」という揮発性の精油。こうした成分の多くは皮の部分に含まれるため、黒胡椒の方が辛味も香りもシャープで、皮を取り除いてある白胡椒はその分だけ刺激が穏やかになる。

2. 黒胡椒と白胡椒、どう使い分ける?

食材や料理で胡椒を使い分ける場合、肉には黒胡椒、魚には白胡椒というのが基本的なセオリー。黒胡椒は主張が強いので、ビーフステーキやカルボナーラなど、料理の仕上げにスパイシーで華やかな香りを付けたい時に力を発揮する。
一方、辛味や香りが上品な白胡椒は、素材の繊細な風味を消さずに旨味を引き立ててくれる。白身魚やエビ、イカ、鶏肉、豚肉などに下味を付ける時、またスープやクリームシチューにちょっとしたアクセントが欲しい時にも最適だ。

結論

1950年代から家庭で広く使われている「テーブルコショー」や、単に「コショウ」とある商品は、黒胡椒と白胡椒の粉末を程よくブレンドしてある、日本独特のもの。1970年代になると黒胡椒、白胡椒の違いが認知され始め、近年はさらに、爽やかな辛味が特徴のグリーンペッパー(緑胡椒・青胡椒)や、ピンクペッパー(赤胡椒)も登場している。前述の通り胡椒の香りは揮発性なので、より芳醇な香りを楽しむならホール(粒状)の胡椒を常備し、使うたびにミルで挽くのがおすすめだ。

この記事もCheck!

  • 公開日:

    2018年10月18日

  • 更新日:

    2020年2月27日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ