このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

違いが説明できたあなたは料理上手!!天ぷら、唐揚げ、竜田揚げ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2018年10月 9日

お酒とも相性が良い揚げ物好きな人が多いのでは? 今回お届けするのは、天ぷら、唐揚げ、竜田揚げ。みなさんはそれぞれの違いをご存知だろうか? 違いが明確にわかるよう、それぞれの特徴をお届けしていこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 天ぷらとは

魚介類や野菜などに、小麦粉と卵と冷水を混ぜ合わせた衣を纏わせ、油で揚げたもののこと。サクサクした食感が持ち味で、現在では比較的、高級料理として扱われることが多い。

江戸三味

元々は南蛮料理として日本に伝わった天ぷら。庶民に広まったのは、江戸時代で、その頃には寿司、蕎麦とならび、江戸三味と呼ばれていた。当時は、より庶民的な食べ物として親しまれており、屋台でふるまわれることも多かったようだ。

関東風と関西風

天ぷらも実は、関東風と関西風が存在する。江戸の天ぷらはそもそも東京湾で獲れた魚を揚げたのが始まりといわれており、臭みなどを緩和するため、色が濃く、風味の強いごま油が使われるようになった。一方、関西では魚介類の入手が困難だったこともあり、天ぷらの具材は野菜が定番だった。野菜は淡白で癖があまりないので、白くあっさりした菜種油が使われるようになったようだ。

2. 唐揚げとは

食材に小麦粉や片栗粉などを薄くまぶして油で揚げたもの。具材の代表格といえるのが、鶏肉。ただ、魚や野菜の唐揚げも存在するので、本来は唐揚げだけでは、鶏の唐揚げとは限らない。

外食メニューに登場

いわゆる現在のような鶏の唐揚げが外食のメニューとして誕生したのは、昭和初期だといわれている。銀座の鶏料理専門店で経営不振を打開するための策として、誕生したのが始まりのようだ。ただ、それまでにも鶏の唐揚げのようなものは、各地で食べられてきたと考えられている。家庭で広く食べられるようになったのは、戦後になってから。

唐揚げの聖地

日本唐揚協会に認定されている唐揚げの聖地は、唐揚げ専門店発祥の地、大分県中津市。なんと市内には、60店舗以上の唐揚げ専門店が並ぶという。そのほかにも各地に唐揚げが名産になっている地域は多い。また、北海道では唐揚げのことを「ザンギ」と呼ぶなど、呼び名もさまざまだ。

3. 竜田揚げとは

竜田揚げは、食材にしょうゆベースの下味をつけて、片栗粉をまぶして揚げたもののことを指す。こちらも唐揚げ同様、鶏肉でつくるものと思われがちだが、そんなことはない。野菜や魚介類で作ることもできる。

百人一首と竜田揚げ

竜田と聞いて、百人一首を思い出す方もいるかもしれない。「ちはやぶる神代もきかず竜田川からくれないに水くくるとも」は、平安時代の歌人、在原業平の歌だ。この竜田川とは、奈良にある川で、この歌はその川に紅葉が落ちる様を歌ったものだ。実は竜田揚げも紅葉の浮かぶ竜田川が語源になっているという説があるのだ。

4. 共通点と相違点を整理すると

人気の揚げ物

共通点は、どれも揚げ物であるということ。油で揚げるという調理法は、食材の旨味を閉じ込める効果や臭みなどを和らげる効果がある。家庭では、どれもサラダ油や菜種油、太白ごま油など、癖のない油で揚げることができるが、お店では油にこだわりがあるケースも多い。

衣の違い

大きな違いは、衣とその付け方にあると言えそうだ。天ぷらは、小麦粉に卵と冷水を入れた衣に食材をくぐらせるという感覚。対して唐揚げと竜田揚げは、基本的に小麦粉や片栗粉などの粉を素材にはたくという感覚。この違いは、食感にも関わってくる。天ぷらは衣の厚みがあるのでサクサクとしている。唐揚げや竜田揚げもサクッとした食感に仕上げることはできるが、衣には厚みはない。

唐揚げと竜田揚げ

唐揚げは、味付けも粉も自由。竜田揚げはしょうゆベースの下味と片栗粉がマスト。一見異なるように見えるが、唐揚げのなかには、竜田揚げと呼べるものも含まれているので、一概に違うとも同じともいえない。

結論

人気の揚げ物3種。天ぷらと唐揚げ&竜田揚げは、まるで違うもの。唐揚げと竜田揚げは似た者同士であることがわかった。面倒だと思われがちな揚げ物も自宅ですると作りたてが食べられる。ぜひ、トライしてみてほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ