このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
知らないと損!出汁の種類と使い分けをマスターしよう

知らないと損!出汁の種類と使い分けをマスターしよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2018年11月18日

出汁は和食になくてはならない存在。鰹、昆布、煮干しなどがあるが、皆さんは使い分けをしているだろうか?今回は、出汁の種類とそれぞれの特徴、使い分けをレクチャーしていく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 出汁の種類

出汁とは

出汁とは、魚類や野菜を水につけたり、煮出したりして、旨味成分を抽出した液体のこと。出汁の旨味は、甘味、塩味、酸味、苦味と並んで5大味覚の1つと言われている。その主な成分は、植物性の素材に多いグルタミン酸、動物性の素材に多いイノシン酸、主に椎茸に含まれるグアニル酸などがある。

出汁と日本

無形文化遺産に登録された和食の基本とも呼べる出汁。日々の食生活に欠かすことのできない存在だ。西洋にも日本の出汁に通ずる、ブイヨンやフォン、タンなどがあるが、そのほとんどは野鳥獣肉から取れるものである。対して日本で使われてきた出汁は、鰹やさば、昆布、椎茸、干しエビ、貝類など、魚介類と野菜がほとんどである。

出汁と乾物

日本で使われる出汁の特徴の1つが、乾物であるという点。乾物は文字通り、素材を乾燥させたものである。素材の水分を抜くことで保存性を高めるだけでなく、旨味を凝縮させる効果もある。人々の知恵から生まれたこの技術が日本の出汁文化を発展させてきた。

2. 四大出汁の特徴

鰹出汁

鰹出汁の原料となる鰹節は、水揚げした鰹の身を茹でて、骨抜きしたものを燻し、乾燥させて作られる。表面に付着させたカビが内部の水分を吸収し、発酵を後押しする。この工程を何度も繰り返すことで、より美味しい鰹節になる。豊かな風味と独特の香りが特徴で、出汁にはイノシン酸が多く含まれている。

昆布出汁

昆布出汁の原料となる昆布は、その90%が北海道産とされている。産地によって特徴が異なり、例えば厚みがあり幅の広い真昆布、濃厚な出汁が取れる羅臼昆布、上品な出汁が特徴の利尻昆布、やわらかい口当たりの日高昆布などだ。全体的に控えめな旨味が特徴で、グルタミン酸が多く含まれている。

煮干し出汁

鰹出汁と同じく、イノシン酸が多く含まれている煮干し。かたくちいわしやアゴなどを一度茹でてから天日に干して乾燥させたものだ。焼いてから乾燥させたものもある。鰹出汁に比べて酸味が弱く、香りの強い濃厚な風味が特徴。関西地方ではいりこと呼ばれることもある。

椎茸出汁

椎茸出汁の原料は、干し椎茸。椎茸を干して作られる。低温でゆっくりと戻すことでより味わい深い出汁が取れる。とにかく独特な風味が強く、出汁はもちろん、戻した椎茸も食べることができる。グアニル酸と呼ばれる旨味成分が豊富である。

3. 出汁の使い分け

鰹出汁なら

煮浸しやすまし汁、茶碗蒸し、おひたしなど、出汁そのものの美味しさを楽しみたい場合は、鰹出汁がおすすめ。動物性の出汁なので野菜と相性が良く、繊細な野菜の味をぐっと引き立ててくれる。

昆布出汁なら

植物性の出汁を代表する昆布出汁は、動物性の出汁、イノシン酸と組み合わせると相乗効果でより美味しくなるとされ、一番出汁のように組み合わせて使うのもおすすめだ。シンプルで素材の味を邪魔しないので、汁物から煮物、鍋物など多くの素材と相性が良い。魚を使った煮物や汁物などには、鰹出汁ではなく昆布出汁を使うと良い。

煮干し出汁なら

煮干し出汁も動物性の出汁なので、野菜料理との相性が良い。特に味噌汁との相性は抜群。うどんやそばのつゆにも向いている。

椎茸出汁

椎茸出汁は独特な風味なので、そのまま食べるようなレシピに投入するのが吉。筑前煮や炊き込みご飯などによく合う。中華風の煮物などにもぴったりだ。苦味が出ることがあるので、必ず水から戻すこともお忘れなく。

結論

代表的な出汁とその使い分けについてお届けしてきた。出汁の美味しさがあれば、あとは手間をかけなくても料理は美味しく仕上がる。それぞれ、一度きちんと煮出してみて、その味を楽しんでみるのも良いかもしれない。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >