このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
食卓に彩りをプラス!ラディッシュのオシャレな切り方&飾り切り

食卓に彩りをプラス!ラディッシュのオシャレな切り方&飾り切り

投稿者:ライター 久保田沙夜香(くぼたさやか)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2018年11月26日

大根の一種で、二十日大根とも呼ばれるラディッシュ。赤くて丸い、なんだかおしゃれなルックスが特徴的で、料理を鮮やかに彩ってくれる野菜だ。ラディッシュはそのまま使ってももちろんよいが、切り方の工夫や飾り切りを取り入れるとさらにその魅力がアップする。そこで今回は、おしゃれなラディッシュの切り方や飾り切りの仕方を伝授しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ラディッシュってどんな野菜?

・ラディッシュの特徴

ラディッシュは一見カブにも似ているが、大根の仲間である。小型の大根といったところだろうか。色は美しい赤色、形は丸い。大きさはビー玉くらいの小さめサイズから、たまごくらいの大きめサイズまでさまざまだが、2cm~3cm程度のものが多いようだ。

・ラディッシュはどんな料理に使えるか?

ラディッシュといえば、サラダを思い浮かべる人が多いかもしれない。生のまま食べることができるので、サラダに添えるだけでグッと華やかで美味しそうに見えてくる。
そのほか、生でいただくならマリネやピクルス、バーニャカウダ、ナムル、和えものなどにしてもよいだろう。肉料理や魚料理の添え物としても重宝する。
あまり火を通すイメージのないラディッシュだが、大根と同じように火を通す料理にも使える。炒め物や煮物、スープなどにしてみるのもおすすめだ。シンプルにバター炒めにしてもなかなか旨い。ただし、ラディッシュのシャキシャキした食感が失われないように火の通し過ぎには注意しよう。
ちなみにこのラディッシュ、葉の部分まで美味しくいただけることをご存知だろうか?栄養も豊富なので、ぜひ捨てずに食べてみてほしい。カットしてそのままサラダに使ってもよいし、おひたしや汁物の具にしてもよいだろう。

2. ラディッシュの切り方いろいろ

ラディッシュは、切り方を変えることによって印象も大きく変わる。

・輪切り

切り口が円になるように薄くスライスする。基本的な切り方だが、ラディッシュ特有の皮の赤×実の白のコントラストが美しい。サラダをフォトジェニックに盛りつけるのにも重宝する。

・四つ切

くし形になるように切る四つ切。まるでミニりんごかのように見えるラディッシュがかわいらしい。葉がついたままの状態で縦に四つ切にしてもおしゃれで見栄えがよい。料理の添え物にもぴったりだ。

・桂剥き

刺身のつまによく使われる桂剥き。野菜を同じ幅で薄く切っていく方法だ。ラディッシュを桂剥きにしたあと斜めに細く切ると、赤×白のきれいなけんが完成する。

ラディッシュの色の美しさを生かした切り方で、料理に美しい彩りを添えてみよう。

3. ラディッシュの飾り切りで料理がもっと華やかに!

ラディッシュに飾り切りを施して、より華やかに仕上げてみるのもおすすめだ。

・花切り

包丁をラディッシュの根の部分に斜めに浅く挿入し、切り込みを入れる。切ったところがV字型に仕上がるように、反対側からも同じように切り込みを入れる。それを放射線状になるようにして3回~4回繰り返し行うと、花のような形をしたラディッシュの完成だ。

・十字型

薄切りにしたラディッシュを2枚用意し、中央部分まで切り込みを入れる。それぞれの切り込みを合わせ、十字型に組み立てる。ラディッシュが薄い方が作業しやすいので、スライサーを使うとよいだろう。

・市松柄

ラディッシュの表面に薄く格子柄を入れていく。交互になるように皮をむいていけば、市松柄のラディッシュができあがる。同じ要領で、ボーダー柄や水玉柄を作ってみてもよいだろう。

・子ども向けの飾り切り

ラディッシュをてんとう虫に見立てたり、きのこに見立てたりしてもおもしろい。ラディッシュの赤と白を利用すれば、意外にもさまざまなモチーフが仕上がるのだ。子どもが好きそうなキャラクターや動物を作ると、大喜びで食べてくれるだろう。

結論

そのままでも十分美しいラディッシュだが、切り方を変えたり、飾り切りを取り入れたりすると、ぐんとフォトジェニックになる。ラディッシュにひと手間加えて、食卓やお弁当をおしゃれに鮮やかに彩ってみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ