このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
フードペアリングとは?コーヒーのおすすめペアリングを紹介

フードペアリングとは?コーヒーのおすすめペアリングを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

鉛筆アイコン 2021年8月11日

コーヒーにはさまざまな楽しみ方がある。日本人にはまだなじみの薄いコーヒーと食べ物もフードペアリング、アレンジして味わうコーヒーの楽しみ方について説明する。

  

1. フードペアリングの基本

ワインと同じようにコーヒーにも合う食べ物とそうではない食べ物がある。コーヒーを飲むだけでなく、上手にフードペアリングすることで相乗効果が生まれ、より深みのあるコーヒーの世界が楽しめる。

●共通点を探す
コーヒーと食べ物の共通点を探すとフードペアリングしやすい。たとえば、クラッカーやトースト、フルーツケーキやゼリーなどのように食感や口当たりの軽い食べ物はアメリカンコーヒーやストレートコーヒーとの相性がいい。

一方、デニッシュ系のペストリーやクロワッサンなどバターが効いているパンやチーズケーキ、マドレーヌなどしっとりしたものはブレンドコーヒーやカフェオ・レ、これが惣菜パンやマフィン、スイートポテトやクリーム系のスイーツになるとカフェラテやカプチーノといった具合に食品とコーヒーの濃さが比例して変わっていくのである。菓子パンやあんパン、意外なところでは羊羹など濃厚な食品は、エスプレッソやカフェモカとの相性が良い。

2. フードペアリング応用

食べ物の重さに応じてコーヒーの個性が強くなると、たとえそれが和菓子であっても、どちらも美味しくいただけることがわかった。さらにフードペアリングを楽しむために覚えておきたいことはなんだろう。

●互いに補完する関係
夫婦や恋人ではないが、互いに持っていないものを凹凸のように組み合わせるのもフードペアリングを成功させる秘訣である。
たとえば、苦味や酸味の強いコーヒーには、逆に甘みを補うことで、満足感を得ることができる。たとえば、しっかり焙煎したモカは甘さの中に苦味が感じられる。それが桜餅の甘みと塩漬けの葉のしょっぱい風味に合うのである。これはコーヒーを熟知していないとなかなか難しいフードペアリングであるが、意外と相性のいい食べ物を探すことで、コーヒーの世界が一層深まりを見せるのである。

●条件反射や錯覚によるもの
塩辛いものを食べたあとに甘みのあるものを食べると、普段感じる甘みより強く感じることがある。こうした人間の条件反射や錯覚を利用してフードペアリングする方法もある。たとえば、中炒りのキリマンジャロとオレンジピールを使ったケーキの場合、オレンジの皮の苦味がコーヒーのかすかな甘味をぐっと引き出すのである。

3. アレンジして楽しむコーヒー

何も手を加えないコーヒーも、コーヒーそのものの味わいや香りを楽しめるが、時にはチョコレートやクリーム、洋酒との組み合わせも楽しんでみたい。ここでもフードペアリングと同じ考え方が基本になるが、いくつかアレンジしたコーヒーを紹介する。

●ウインナーコーヒー
これはフードペアリングの互いに持っていないものを補完する関係と同じである。クリーミーなホイップと苦みばしったコーヒーの相性がいいことは言うまでもない。コーヒーは深炒りしたものを用意しよう。クリームを加える前にチョコレートシロップとカカオリキュールを加えると一層味わいの幅が広がる。

●アフォガード
柑橘系のアイスクリームに熱々のエスプレッソをかけて楽しむアフォガード。エスプレッソはレモンに似た柑橘系の酸味がある。そのためブラッドオレンジなど柑橘系のスイーツとの相性が良いのである。

●アイリッシュコーヒー
厳しい寒さが身に染みる日。アイルランドで人々の生活の知恵から生まれたアイリッシュコーヒーはどうだろう。深く濃い目に淹れたコーヒーにアイリッシュウイスキーを好みでたらし、クリームのまろやかな風味もプラスする。双方の深い香りとコクが溶け合い、ふくよかな味わいを醸し出す。

結論

コーヒーはストレートにブレンドも加えると無限の世界が広がるが、食べ物とのフードペアリングも奥深いものがある。洋菓子はもちろん、和菓子との組み合わせも楽しんでみよう。

この記事もCheck!

  • 公開日:

    2018年12月13日

  • 更新日:

    2021年8月11日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧