このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【糸こんにゃく】の栄養と糖質。ダイエット&糖質制限の救世主!

【糸こんにゃく】の栄養と糖質。ダイエット&糖質制限の救世主!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年12月19日

糸こんにゃくは、しらたきとも呼ばれるこんにゃくの一種。こんにゃく同様、カロリーが低く食物繊維が豊富と、ダイエットの強い味方とされている。今回は、そんな糸こんにゃくの栄養素を学びながら、上手にダイエット&糖質制限をする方法を伝授しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 糸こんにゃくの栄養

糸こんにゃくは、こんにゃく芋というサトイモ科の植物の球根からできた食品のこと。材料を四角に固めるこんにゃくとは違い、シャワーのような細い管から押し出し作られる。ちなみにこんにゃくや糸こんにゃく特有のぷりっとした食感は、こんにゃく芋に含まれるグルコマンナンという食物繊維がアルカリ性のアクによって、変化し生まれるものである。

低カロリーでヘルシー

糸こんにゃくに含まれる原材料は、こんにゃく芋と凝固剤として使われる水酸化カルシウムが基本。無駄なものが入っていないので、健康面でも安心だ。さらに注目したいのは、低カロリーであること。糸こんにゃくは、その97%が水分であることから、100gあたりのカロリーは、なんと6kcalと超低カロリー。ここまで低い食材は、少ないといえる。

2. 糸こんにゃくとダイエット&糖質制限

食物繊維がキーワード

糸こんにゃくがダイエットや糖質制限に効果があるといわれるゆえんは、低カロリーであるというだけではない。その理由は糖質が少ない点とグルコマンナンと呼ばれる食物繊維が豊富に含まれている点にある。食物繊維の量は、およそ2.9g。これが健康効果を発揮するカギとなるのだ。

効果絶大!

食物繊維は、食前や食事で摂取すると血糖値の上昇を抑える働きがある。こんにゃくは水分もたっぷりと含まれているので、食物繊維とのダブル効果で便秘解消に効果が期待できる。水分でお腹が膨らむことから、食べ過ぎ防止にも効果的といいことずくめだ。

糖質制限と糸こんにゃく

近頃、話題の糖質制限。糖質とは、炭水化物を構成する要素のひとつ。おもに脳や身体活動のエネルギー源になるものである。糖質制限とは、糖質の摂りすぎを防ぐことである。糖質、いわゆるご飯やパン、麺、パスタなどの炭水化物を控え、タンパク質をしっかりと摂取することを推奨するものである。同時に食物繊維を多く含んだ食材をチョイスすると満腹感が得られ、便秘解消にもなり、相乗効果が期待できる。これに糸こんにゃくがピッタリなのだ。

3. 糸こんにゃく活用術

糸こんにゃくde麺

糸こんにゃくは、その形状が麺類に似ている。下処理をすれば、つるつるとした麺のように味わえるので、主食の代わりに活用することができるのだ。糸こんにゃくは、ふだん主食にしているラーメンやパスタに比べると格段に糖質が少ない。そのうえとてもヘルシーだ。体型や体重が気になる人は、パスタやうどん、中華麺などの代用品として糸こんにゃくを使用するといい。近頃では、代替え専用の糸こんにゃくも販売されているほどだ。

ご飯のかさ増しにも

細かく刻んだ糸こんにゃくを米に加えて炊く方法もおすすめだ。かさ増しできるので、いつもと同じ量を食べてもぐっと低カロリー。さらに食物繊維が豊富に含まれているので満腹感もアップする。刻んで使うこともできるが、米の形状をした専用こんにゃくも販売されているのでチェックしてみるといいだろう。

結論

糸こんにゃくは、低カロリーで食物繊維が豊富なダイエットの味方。糖質も少ないので、話題の糖質制限にも効果を発揮してくれそうだ。3食ともに置き換えるとリバウンドの心配もあるので、まずは1食ずつ置き換えるのがおすすめ。ゆっくりとトライしてみてほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >