このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

とろけるナス!と絶賛の食感。イタリアのロッサビアンコをご紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年1月 6日

コロンとした愛らしいフォルムが何ともコミカルな珍しい野菜、ロッサビアンコはイタリアの伝統あるナスだ。日本ではなかなかお目にかかれないが、美味しさは格別だ。

1. ロッサビアンコの概要

丸い形状と個性的なマーブルカラーのナス、ロッサビアンコは別名ロッサビアンカ、ローザビアンカなどと呼ばれている。原産はイタリアのトリノといわれており、イタリアの在来種だ。

大きさは直径10~12cm前後で、ちょうどソフトボール位の大きさだ。ナスとしては大型の品種で、ずっしりとした重みがある。大型であるが、肉質は非常に緻密でアクは少ない。日本ではスーパーなど一般の店舗への流通はまだ少なく、イタリアンやフレンチの高級レストランなどに出荷されるようだ。

2. 日本で栽培するには

日本の野菜売り場ではなかなか手に入りにくいロッサビアンコだが、苗や種であればインターネットなどで購入ができる。イタリアのナスとはいっても、栽培の難易度は高くない。日本の在来種と同じように栽培が可能だ。初心者は種ではなく、苗から育てる方が確実だ。

地植えはもちろんだが、ベランダでプランター栽培もできる。幅60cmのプランターであれば、3株位が目安。日本のナスと同様に、盛夏期は十分な水を与えるのがポイントだ。水分が不足すると実が大きくならない。

3. 美味しく味わう

ロッサビアンコは日本のナスのように、漬物などの生食には向いていない。皮はやや硬めなので、剝いて調理すると口当たりがいい。

さすがイタリア原産のナスだけあって、オリーブオイルやチーズ、トマトとの相性は抜群だ。オリーブオイルでソテーし、ハーブ塩で味付けしただけのシンプルな料理でも、クリーミーでとろけるような食感と旨味を存分に堪能できる。チーズやトマトソースと共にグラタン風に焼けば、立派なメインディッシュにもなる。

結論

ロッサビアンコの栽培は、さほど難しくない。自分で育てた新鮮なロッサビアンコの味は、更に格別だろう。ぜひ、ロッサビアンコのクリーミーでとろける食感と旨味を味わってほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ