このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

鶏胸肉の下処理方法を徹底解説!マル秘テクニックも伝授

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年1月12日

食材を美味しく調理するうえで下処理は大切な工程だ。低カロリーで人気の鶏胸肉はこの下処理次第で、大きく味が変化するといっても過言ではない。「パサパサになってしまう」「美味しく調理することができない」と悩んでいる方も多いのではないだろうか。今回はその悩みを一掃できる「下処理の方法」と「さらに美味しくなるひと手間」について紹介しよう。

1. 鶏胸肉の下処理前にするおすすめのひと手間

鶏胸肉の下処理をするにあたり、ひと手間加えることで料理の味が大きく変化する。そのひと手間を順を追って紹介していく。
  • 余分な箇所を取り除く
    鶏胸肉はまず、不要な皮・脂を取り除こう。黄色の脂は、臭みの原因になるので、どのような料理に使用する際にも、事前に取り除いておくことをおすすめする。
  • フォークで穴を開ける
    この工程をするのとしないとでは、大きく異なる。簡単に実践できるので、ぜひ取り入れてほしい。皮の付いている面をフォークで何ヶ所か刺し、小さな穴を開けておく。フォークがない場合は、包丁の背の部分で叩いてもよい。この作業をすることで、味がしみ込みやすくなり、焼いたときに縮むことも防げるのだ。
  • 厚さを揃える
    鶏胸肉は、購入した時点で厚さにばらつきがある。そのまま火を通すと焼きムラができてしまう。それを防ぐために、中心に切り目を入れ、左右に切り開いて(これを観音開きという)、厚さを均一にしておくことが大切だ。

2. 鶏胸肉の3つの下処理方法

パサつきやすい鶏胸肉もきちんと下処理を行うことで、変貌を遂げるだろう。ここでは3つの下処理について紹介する。
  • レンジで下処理
    耐熱の容器に鶏胸肉を入れ、酒をふり入れる。酒は鶏胸肉200gあたり大さじ1杯が目安だ。ラップをし、600Wで3分~4分加熱する。その後ラップをかけたまま10分間放置し、余熱で火を通す。
  • 鍋で茹でて下処理
    鍋に鶏胸肉を入れ、鶏胸肉200gに対して大さじ2杯の酒をふり入れる。鶏胸肉が浸るほどの量の水を鍋に投入する。弱火で加熱し、煮立ってきたらアクを取りながら5分間加熱。火を止めフタを閉めたら、20分放置し、中まで火を通す。
  • 切って下処理
    切るだけの下処理の場合は、鶏胸肉の繊維に沿って包丁を入れ、切り分ける。

3. 切りにくい鶏胸肉は半解凍・半冷凍で簡単に!

そぎ切りは鶏胸肉など、厚みのある肉を切りわける際に使用する切り方である。切り口の表面積が大きくなるため、味がしみ込みやすく、火が通りやすくなるのが特徴だ。

鶏肉に包丁を入れる際、「脂で切りにくい」「脂で滑る」などと感じている方も多いのではないだろうか。包丁が滑ると、手を切ってしまう可能性もあるので、とても危険だ。これを防ぐためにも、そぎ切り・薄切りを行うときは、一度冷凍庫に入れ、半冷凍状態で行うことをおすすめする。脂の影響を受けにくく、スムーズに切りわけることが可能になる。

そぎ切りを行うときは、指先で肉の端を押さえ、包丁を寝かせるように入れ、押さえている指の下の肉をそぐように包丁を手前にスライドさせる。そぎ切りは、しいたけ、白菜など、鶏胸肉以外の食材でも使用するので習得しておくと便利だ。

結論

鶏胸肉の下処理を適切に行うことで、肉がパサパサになるのを防いだり、均一に味が広がるというのを理解していただけたと思う。鶏胸肉以外の肉でも応用できる知識なので、知っておいて損はない。そして、鶏胸肉は傷むのが早いので、下処理の工程も迅速に行うようにしよう。
紹介した方法はどの工程も食材の旨みを引き出すことに直結する。ぜひ実践してほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ