このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

残ったカキフライはどうすればいい!?正しい保存方法を知ろう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年1月14日

栄養たっぷりのカキを油で揚げたカキフライ。カキは、疲れをとり肌の調子を整える効果が期待できるビタミンB群をはじめ、二日酔いを予防するといわれるアミノ酸など、栄養成分が豊富な完全栄養食として注目されている。今回は、ふっくらジューシーでサクッとした食感が楽しめるカキフライの保存方法について紹介したい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カキをサクッと揚げたカキフライ

濃厚でクリーミーな甘さが特徴の三陸産のカキや、逆にあっさりとした美味しさの広島産のカキを油で揚げたカキフライ。タルタルソースをかけたりレモンを搾ったりすれば、白ごはんにもアルコールにもピッタリの栄養満点おかずだ。

9月から3月にかけての時期が旬ともいわれるが、実際は12月以降に獲れるカキが美味しいという。栄養成分は各種ミネラルをはじめ、エネルギーにかわりやすいグリコーゲン、コレステロールの代謝を助ける効果のあるタウリンも豊富だ。栄養価の高さから、海のミルクといわれているのはご存知であろう。

ではカキフライを作りすぎて残ってしまったら、どう保存すればいいのだろうか。保存は冷蔵保存、冷凍保存が可能である。では次から、保存についてみていこう。

2. 完全に冷まして冷蔵保存

濃厚でクリーミーな味わいのカキをフライにしたカキフライ。冷蔵保存するなら完全に冷ましてから行うようにしよう。冷めたらひとつずつラップで包み、ジッパー付きの袋に入れる。次に空気を抜き閉めてから冷蔵庫に入れておこう。食べるときは電子レンジで加熱しラップをはずしてから、トースターやオーブンで表面がカラッとするくらい加熱する。

ちなみにノロウイルスを蓄積する可能性のあるカキや2枚貝などを生や加熱不足で食べると、食中毒になる危険性があるという。ただし
85~90度で90秒間以上加熱するとウイルスが失活するとされている。カキフライを揚げるときは、必ず油の温度が低下しないよう高温をキープすることが大切だ。

3. 冷凍保存は揚げる前の衣がついた状態で

カキフライを冷凍保存する場合は、揚げる前の衣がついた状態のものをひとつずつラップで包み、ジッパーつきの袋に入れ空気を抜いてから保存しよう。食べるときはラップをはずし、凍ったままの状態で揚げ、しっかりと火を通そう。霜がついていれば払い落として揚げると油ハネを防ぎやすい。

ちなみに冷蔵保存の目安は2~3日くらい、冷凍保存なら1ヶ月くらいの期間で食べきることだ。確実に数日中に食べる予定があれば冷蔵でも構わないが、いつ食べるかわからないなら冷凍保存をおすすめしたい。とくに揚げたものを冷蔵保存する場合は、油が少しずつ劣化しやすく風味が悪くなり、再度揚げてもカラっとしないケースがある。

結論

カキフライの保存方法について紹介したが、冷蔵・冷凍で、それぞれ違いがある。タルタルソースやレモンの搾り汁が合うカキフライ。洋食店の味を気軽に自宅で再現できるのが魅力といえよう。また衣をつける前に生ハムや大葉を巻いたり、衣にカレー粉をまぶしたり、パン粉にチーズを混ぜたりしても絶品だ。これまで家で作ったことがなかった人も、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

ちなみにカキの産地だが、北は北海道から南は九州まで全国で収穫されている。産地で大きさや味が違い、大きいものではステーキにできるくらいのサイズもあるという。プリプリでジューシーな全国各地のカキをフライにして食べ比べてみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ